fc2ブログ

石田食堂 #121 とろろ蕎麦

昨日も蒸し暑かった札幌。
残業せずに定時で退社できましたが、暑いので調理に時間をかけたくない。
食べて汗だくになるのも嫌!ということで、作ったのはとろろ蕎麦。

材料
蕎麦(乾麺・山形)
ネバリスター
卵黄
ねぎ
蕎麦つゆ

鍋にたっぷり入れた水を沸かし、蕎麦を投入していい感じになるまで茹でます。
茹でている間、ネバリスターをすりおろします。
すりおろしたネバリスターを小丼に入れ、卵黄と刻んだネギをその上に載せます。
茹で上がった蕎麦を皿の上に乗せ、蕎麦つゆを用意して出来上がり!

20220704212716d68.jpeg

肝心のネバリスターが、卵黄とネギに隠れて見えません(T-T)
味はお店に引けを取らないと言っても過言ではない!
手前のお猪口は日本酒。
お酒の銘柄はというと。
202207042130118cc.jpeg

かの有名なshugow peak(笑)
決してアウトドア用品メーカーではありませんよ。
中身は八海山デス。

酒の飲めない蕎麦屋は蕎麦屋に非ず。
かの有名な池波翁の名言。
お店ではなく自宅の食事でしたが、翁の名言に従ったのです。
偉人の言動を真似するのは成長への近道といいます。
真似する箇所がこれが正解なのかは、また別の話(笑)
スポンサーサイト



クジラアタマの王様

真夏日の札幌。
外出せず家で過ごしました。
クーラーないんですけど(^^;
午前中はゼルダの伝説で遊んで午後は読書。

クジラアタマの王様で伊坂幸太郎の著書。
新潮社文庫。
昨日紀伊國屋書店で購入。
あらすじ。
記憶の片隅に残る、しかし、覚えていない「夢」。自分は何かと戦っている?
製菓会社の広報部署で働く岸は、商品への異物混入問い合わせを先輩から引き継いだことを皮切りに様々なトラブルに見舞われる。悪意、非難、罵倒。
感情をぶつけられ、疲れ果てる岸だったが、とある議員の登場で状況が変わる。そして、そこには思いもよらぬ「繋がり」があり・・・・。

作者曰く、始めに思いついた設定が「昼間は普通の会社員。夜になるとロールプレイング内の勇者になるもの」
小説が苦手としているのが、アクションシーンと述べている作者。
ここをコミックパートとして、川口澄子さんが担当(漫画風の挿絵)
もう一つの世界をこの挿絵で表現。

ネットでは予言の書と表現された第4章。
コロナ前に発表された作品なのですが。
どんなところが予言なのか。
ご自身の目で確認してくださいませ(笑)

印象に残ったところ。
仕事ができる人に仕事は集まるのが自然の摂理。ただ報酬がそれに見合っているかは甚だ疑問。
プライド高い上司は、ミスを認めたくないから厄介な存在(肝に銘じよう)
少数派が権力を持つと厄介。

クジラ頭の王様とは、鳥類のハシビロコウのラテン語での意味です。
テンポよく読める作品ですし、どのあたりが予言の書かの確認も兼ねて、是非ご一読ください。

昨日暑い中、紀伊國屋書店まで歩きました。
途中北大のカフェにピットイン。
喉を潤したのがこちら。
20220703182047c7d.jpeg

パッションフルーツのフロート。
生き返りました!
サングリアとブルーハワイがあるので、あと2回利用して制覇します。

2022年夏の一杯 〜吉山商店

札幌らーめん共和国の夏の企画。
共和国内の8店舗が、期間限定で出す限定メニュー。
7月1日から8月31日まで開催。
期間限定に目が無い私は、休日の今日喜び勇んでらーめん共和国があるエスタまで足を運びました。
最初に選んだのは吉山商店です!

ここの限定メニューは、冷製まぜそば・海老みそベジタブル(汁なし)です。
限定メニューだけだと、あじさいが好みだったのですが、限定メニューを頼まない相方には不評。
そのため、二人とも満足できる吉山商店にした次第。
休日ランチに汁なし麺を頼むので、ビールでもと考えましたが、ジョッキではなく瓶ビールだったので見送りました。
同じ生ビールでも、注ぐのが面倒な瓶ビールは選ばない
物臭者です(笑)
20220702152909f2b.jpeg

よく混ぜてから食べるようにとの店員さんからの指示に従って、しっかり混ぜてから食します。
キャッチコピーは、クールかつ濃厚 新・海老みそ体験。

言葉通りの濃厚な海老みそ味!でしたよ。
かなり海老が強いので、好き嫌いがハッキリ出てしまいそうな味。
私はOKも一口あげた相方は苦手とのこと。
彼女は辛味噌ラーメンを美味しそうに食べていました。

今日の吉山商店は比較的空いていたので、待っている間に体が冷えることがなく。
なので冷たい麺でも、最後まで美味しく食べることができました。
残り7店舗。
全制覇は無理でしょうが、あと3店舗くらいは食してみたいですね。
次は汗ダラダラになりながら、梅光軒のWチーズ坦々麺を食べるかな。
みそのの肉盛りつけ麺も捨てがたいが、共和国だとみその率が高くなっているので、相方の賛同は得られそうにないな(笑)

思案中

昨日有休取って眼科検診。
手術した右眼の状態確認というよりも、白内障に罹っている左眼の状態の確認。
視力検査では、自分的には右眼より断然見えなくなっている左眼。
白内障の症状の一つである物が三重に。
医師の診察で、きっと早急に手術と言われるのだろうなと思っていたところ。
医師からは、そんなに急がなくてもいいねと言われました。
手術前の右眼の視力は0.3までしか上がらなかったのですが、今回検査した左眼は0.8。前回12月は0.7までだったので悪くはなっていない。
気になるのなら手術しても良いけどと言ったレベル。

どうしようか正直悩んでいます。
来年春に免許更新。
その前には眼鏡を作るのですよ。
視力検査を通れるようね。
だか、免許更新後に手術すると度数が変わるので眼鏡を作り直す必要あるし。
手術後視力が安定するのに3ヶ月くらいかかるから、免許更新前の手術なら、秋にはしなきゃだけど。

この夏熟慮します。
目の酷使も、症状進行の要因となるのだろう。
昨日は有休取ったにも関わらず、部下Mの仕事のチェックを懇願されたので、眼科から戻ってお仕事をやらざるを得ず。
そして今日も。
これから彼の作成した申告書のチェックをするのです。
でも、いつ出来上がるかは現時点で未定。
これもある意味パワハラだよね(笑)

トップガン マーヴェリック

今日の札幌も暑い。
昨日の夜は冷房効いたホテルの部屋で就寝したので、朝まで熟睡していました。
といっても、寝たのが12時ころだったので、睡眠時間は6時間余り。
なぜ遅い就寝だったかというとレイトショーを観たためです。

作品はトム・クルーズ主演のトップガン マーヴェリック。
何も考えずスッキリする映画だろうと考え(笑)、この作品をチョイスした次第。

あらすじ。
アメリカのエリート・パイロットチーム"トップガン"。
かつてない世界の危機を回避する、絶対不可能な極秘ミッションに直面していた。
ミッション達成のため、チームに加わったのは、トップガン史上最高のパイロットでありながら、常識破りな性格で組織から追いやられたマーヴェリック(トム・クルーズ)だった。
なぜ彼は、新世代トップガンとともにこのミッションに命を懸けるのか?
タイムリミットは、すぐそこに迫っていたーー。

1986年に放映された前作を観ていなかったので、マーヴェリックの活躍や人間関係はわかりません。
それでも楽しめました。
新世代のトップガン達は、ライバル心剥き出しで訓練に挑みます。
が、いざミッションに挑む際には一致団結。
命がかかっているからなのでしょうね。

感想。
トム・クルーズは決して教官になれない人。永遠の現役なんだろう。
アメリカ論理炸裂!ならず者国家になら、先制攻撃は必須なのだ(笑)
日本語訳にも監修があるとは。
軍事的な映画だから?翻訳したのがナッキーだからか?(笑)

そういえば、ニッチ塾の受講生仲間のS藤先輩が前作も見た方がいいよと言っていたので、DVDをゲオでレンタルしようかな。