fc2ブログ

旅行の記事 (1/18)

駅弁食べると旅気分 ③ジンギスカンあったか弁当

今年も残すところ2日。
コロナ5類移行後、初めての年末年始。
帰省・旅行をする人が多いと報道されていました。
冬の旭川へ帰省する気はゼロなので、札幌で過ごしております。

大丸に出かけましたが、人混み酷くて疲れました。
こういうところにも、歳を感じてしまいます。
食事の支度をするのもめんどいので、お弁当でも買おうかと思案していたところ。
札幌駅で駅弁買って帰ろう!
駅弁食べたら、旅行気分を味わえるし(笑)

滅多にお目にかかれないこの駅弁を見つけたので、即決購入。
2023123016193092e.jpeg

ジンギスカンあったか弁当です!
紐を引っ張って温める方式。
8分ほど待つと食べ頃。
202312301620467c2.jpeg

見た目は映えないけど(笑)
温かく、ジンギスカンも柔らかいお肉で、満足して食べましたよ。

年賀はがきも出したし、大掃除も終了。
明日は近所の東家で年越し蕎麦を食べる予定。

今年の当ブログも今日でお終い。
1年間駄文にお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。
また来年もお付き合いくださいませ。

皆様良いお年を!
スポンサーサイト



駅弁食べると旅気分 ②ぎんねこ焼鳥弁当

所用があったため、日帰りで旭川へ。
休日なんで一泊する選択もあったのですが、色々と面倒なので日帰りです(笑)

帰ってから食事の用意をするのもシンドイので、旭川駅改札横の売店で物色。
旭川名店のぎんねこ監修焼鳥弁当が!
20231216174038a20.jpeg


軽くレンチン。
20231216174116001.jpeg

焼鳥なのに真ん中は豚(笑)
北海道では当然ですね。
色ほど味付けは濃くないので、塩分控えめの身にとっては、美味しくいただけました。
以前も当ブログで記載しましたが、駅弁食べると旅行でもないのに、旅気分を味わえます(笑)

ぎんねこは、フラリートにある名店なのですけど、予約は受け付けていなく。
行列必至の人気店なので、どんだけ待たなきゃいけないか読めないため、一度も行けてません(T-T)
新子焼きが絶品だとか。
早めのランチをして旭川に乗り込めば、開店直後の17時の夕飯も可能だから並ばずに入れる可能性あるな。

何てことを思いながら、焼鳥弁当を食しました!
美味しゅうございました。

ご当地カレー

旅行に行くとお土産を買うのですけど。
甘いものに食指は動かされないため。
ラーメンかレトルトカレーを選びがち。
今回はレトルトカレーを。
20231116210153fa8.jpeg

沖縄旅行で買ったちゅら海の防人カレー。
20231116210300681.jpeg

カツオだしが効いていて美味しかった。
ソーキはレトルトの域を出ていませんが、骨まで食べられる柔らかさ。

次は北陸旅行でのお土産。
山代温泉の旅館にて購入した一品。
2023111621044182f.jpeg

おいしい若狭牛カレー。
具がゴロゴロとパッケージに書かれていたので、期待が高まります。
20231116210909232.jpeg

野菜は文句通りも、肝心の肉は存在感無し💦
少々残念。

次も北陸旅行。
金沢カレーです。
2023111621104068c.jpeg

金沢カレーの名店・チャンピオンカレーのカレー。
以前、イオンで買って食べたことあるので、初めましてではないです。
202311162112089bc.jpeg

金沢カレーなので、ロースカツとキャベツの千切りは必須。
ロースカツは井泉。
大丸のポイントでゲットです。
イオンで買って食べた時の方が美味しかったような。
味覚が変わったかな(笑)

ラストも北陸旅行の金沢カレー。
202311162114173e8.jpeg

ご存知ゴーゴーカレー!
家の近所にもあるんですけど。
20231116211504444.jpeg

こちらもロースカツ&キャベツの千切り。
一番好きな味でした!
そうは言っても、健康診断の前夜に食べるものではない(笑)

年内の旅行はもう無いと思われますので、来年旅行した際には、旅先のご当地カレーを買って参ります。

北陸原点回帰の旅 PART3 オーバーツーリズム金沢編

楽しい旅行も最終日。
最終日の11月5日は北陸地方最大都市の金沢へ。
福井では、外国人観光客の姿がほぼ見られませんでしたが、金沢ではそうも行かず。
これぞオーバーツーリズム!といった感じでした。
タクシー移動した際の、運転手さんがぼやいていました。
目的地をスマホ(しかもローマ字表記)で示されるので、年配ドライバーには酷。
アジア系より、欧米観光客が多いようです。

山代温泉から金沢へ向かう途中に寄り道。
コマツの城下町小松市へ。
立ち寄ったのは、こまつの杜。
小松駅に隣接しています。
日曜日のためお休みでしたが、世界最大級のダンプ「930E」の展示を観ることができ、その大きさに圧倒されました。

金沢に入ってからは、王道・兼六園。
日本三園の一つ。
私は4度目の訪問ですが、今回が一番天気に恵まれました。
20231105212407084.jpeg

立派な松。
日本の庭園では、最古の噴水がコチラ。
2023110521252453b.jpeg


兼六園を堪能した後は、隣接している金沢城公園へ。
加賀百万石のお殿様前田家の居城でございます。
20231105212630c6e.jpeg

重要文化財の石川門の内部も公開されていましたよ。
20231105212713f48.jpeg

その石川門の鉄砲狭間から除いた景色。
202311052128368b0.jpeg

門を突破しても銃撃されます。
しかも三方から。
今回の旅行は、毎日お城を観ることができて、城好きな私は大満足。

ランチは近江町市場にある市の蔵にて。
20231105213107456.jpeg

蟹味噌甲羅焼き。
松葉蟹の解禁日が11月6日からのため、芦原温泉で食べることができませんでした。
松葉蟹ではなく、ズワイガニだから近江町市場のお店で食べることができたのでしょう(笑)
Y崎くんが選んでくれた日本酒に合いました。
時間たっぷりあったので、酒量を重ねた後に〆のどんぶり。
20231105213512482.jpeg

7種のタネが盛られています。
北海道の海鮮丼と異なり、ウニ・いくらのお姿は見られませんが、充分美味しい。
安いしね!

全ての行程を終え、北陸新幹線はくたかにて帰路へ。
今回も3人のお陰で楽しい旅行でした。
特にI島くんには、いつもながら旅行の手配、ドライバーをしてくれてとっても感謝です! 
どうもありがとう🙇‍♀️
来年の銀婚式旅行は、素晴らしい行事になることを祈念いたします。

次にこのメンバーで会うのは、2025年になるだろうか。
その時は、飲んでいる薬の量でマウント取り合いましょう(笑)

これにて北陸原点回帰の旅の旅行記は終了でございます。

北陸原点回帰の旅 PART2 福井新たな魅力編

2日目。
3日間で一番ハードなスケジュールでございました。
懸念されていた朝食も、豪華な和食膳。
しっかり食べてから、2日目の行程スタート!

最初は一乗谷朝倉氏遺跡。
5代目の朝倉義景が、織田信長に滅ぼされるも、京の都を想わせるかのような繁栄だった越前。
朝倉氏の本拠地が一乗谷でございました。
20231105202645f18.jpeg

自然に囲まれていて、かなり広い敷地です。
前日の11月3日には熊が目撃されたとか。
武家屋敷も復元されてきていて、唐突に始まるショーも堪能できます。
近場にある一乗谷朝倉氏遺跡博物館にも立ち寄りました。
昨年10月にオープンしたので、新しくそして素晴らしい博物館です。
この二つはセットで訪れることをお勧めいたします。

越前大野市まで移動してのランチ。
灰屋の朝食を給仕してくれた越前大野市出身の仲居さんが勧めてくれた梅林さん。
福井は、名店ヨーロッパ軒に代表されるソースカツ丼が名物。
しかーし。
ここ越前大野市の名物は醤油カツ丼!
2023110520322526e.jpeg

別皿の醤油を適量回しかけます。
20231105203315b9e.jpeg

前日の生醤油蕎麦と同じく甘めの味。
カツもヒレカツだから、より相性がいいのでしょう。
美味しくいただきました。

お腹を満たしてから城攻め(笑)
本日攻め落とすのは、越前大野城。
20231105203519680.jpeg

天空の城。
早朝だと雲海も見られるとか。
山城なので、天守閣に到達するための山登りでHPが削られました。

城を後にしてテーマパークへ。
恐竜博物館です!
ここは小さな子供たちはもちろん、恐竜好き、化石好きにはたまらない博物館。
動く恐竜も展示されています。
展示物の幾つかを。
20231105203901ab9.jpeg

動くT-REX。

20231105204024b88.jpeg

トリケラトプスの化石。

202311052041520fc.jpeg

これも動きます。
福井観光で一番の人混みでございました。

この恐竜博物館とシャトルバスで結んでいる清大寺へ。
越前大仏なるものが鎮座しているという。
20231105210302d1f.jpeg

この清大寺は、昭和62年に開山したお寺。
地元出身の実業家・多田清氏の私財で建てられたもの。
大仏の大きさは、奈良と鎌倉を越える大きさ。

2日目の観光はこれにて終了。
宿に入る前に、あやとり橋なる箇所に立ち寄りましたが、高所恐怖症の私の記憶から強制削除されたので割愛(笑)

お宿は山代温泉の瑠璃光。
灰屋さんと違って、規模で勝負の感じがするホテル。
温泉も24時間入ることができますし。
お料理も良かった。
202311052111120d6.jpeg

この刺し盛りは、醤油のほか、昆布のオリーブオイル、お塩で食べられます。
私の好みはお塩。
20231105211246b25.jpeg

厳選能登豚茄子素麺鍋の〆の茄子素麺。
2023110521132964b.jpeg

鍋の中で軽く茹でて食しました。
苦手な茄子であっても、作り手が上手だと美味しくいただけますね。

初日と二日目の宿は、対照的でございました。
小規模の特性を活かし、細やかな気遣いの灰屋さん。
スケール勝負といってもいい、豪華な瑠璃光さん。
中小企業の経営者に寄り添うのが身についている私は、前者が好みです(笑)

なんてことを考えながら、瑠璃光さんでは一向一揆太鼓なるショーを堪能して就寝。