FC2ブログ

シリーズの記事 (1/23)

日本の城 其の44 首里城

私が訪れたことのある日本のお城を紹介するシリーズ。
前回は昨年の3月に紹介しましてから10ヶ月ぶり。
取り上げるのは沖縄県の城・首里城です。
昨年10月31日に火災で正殿などが焼失してしまいました。
消失は5度目だそうです。
首里城復興基金も立ち上げられています。

首里城の創建年代は明らかではないようですが、一説によると1350年ごろ中山王察度によって築城されたともいわれていますね。
小高い丘の上に立地し、曲線を描く城壁で取り囲まれ、その中に多くの施設が建てられています。
いくつもの広場を持ち、信仰上の聖地も存在。
これらの特徴は、グスクと呼ばれる沖縄の城に共通しているもの。
内郭と外郭に分けられる首里城ですが、内郭は15世紀初めに、外郭は16世紀中期に完成しています。
正殿等城内の各施設は西を正面としていて、これは中国と長い交流を持っていた琉球王国の王宮だからといえます。
ただ1609年に薩摩藩が3000名の軍勢をもって琉球に侵攻し首里城を占拠。
以後270年間にわたり、表向き中国の支配下にありながら、内実は薩摩と徳川幕府の従属国という微妙な国際関係の中で存続していました。

琉球処分以後は、日本軍の駐屯地や各種学校に使われました。
戦前は正殿が特別保護建造物に指定されましたが、太平洋戦争の沖縄戦で焼失しています。

私が訪れたのは1回。
①1996年6月
藤原事務所での事務所旅行で訪れました。
沖縄観光もこの1回だけしかしたことがなく。
西日があたった朱色のお城は鮮やかだったのを覚えています。
沖縄は人気があり、お値段も少々高めで、距離が遠いため足が遠のいていますが、いつか再訪したいですね。
スポンサーサイト



石田食堂 #66 かき揚げカレーうどん

繁忙期にはまだちと早いのですが。
有難いことにお仕事いっぱいです。
新人スタッフCに仕事をお願いしているんですが、流石に私からのお仕事で彼女が残業しているのを横目に退社することはできず。
仕事は売るほど(笑)あるので、結局残業の日々を送っております。

外食ばかりだとお財布と体に良くないので、自炊するわけですが、遅く帰ると面倒になるもので。
なので、レンチン駆使するわけです(笑)

今晩の献立は、かき揚げカレーうどん。
材料。
冷凍うどん
カレーうどんの素
かき揚げ(冷食)
ねぎ

まず冷凍うどんを茹でます。
その間にカレーうどんの素をレンチン。
続けてかき揚げもレンチン(笑)
茹であがったうどんの湯切りをしてから器へ。
うどんの上に温まったカレーうどんの素をかけ、かき揚げを載せます。
最後は刻んだねぎを散らして出来上がり!
201912172250152f5.jpeg


ねぎ切ったのとうどんを茹でたくらいなので、味は当然美味しいです。
これなら帰宅が遅くなっても大丈夫!

今回使ったカレーうどんの素は三越で買ったもの。
20191217225559646.jpeg

神戸の老舗名店だそうです。
洋食の店らしいので、今度神戸を訪れた際にはお店の味を堪能してみます。

石田食堂 #65 ロースー麺

昨夜は税理士Yと一緒に担当先のH間常務との飲み会でした。
楽しい宴だったので、ついつい酒杯を重ねてしまいましたね。
ということは、本日は二日酔いに悩まされているわけで。
全く成長なし(T-T)

ブランチに青椒肉絲を作ったのですが、白飯を食べるコンディションではなく。
ラーメンなら食べられるので、この青椒肉絲をのっけてロースー麺にしちゃいました。
ロースー麺の存在を知ったのは、先月スタッフSの同行で小樽出張した時。
地元民の彼女のお勧めの中華のお店にいった時に、彼女が頼んでいたメニュー。

材料
ピーマン
牛肉
玉ねぎ
Cook Do 青椒肉絲の素
サッポロ一番みそラーメン

ラーメンはインスタント。
味は味噌が正解なのかわかりませんが、買い置きしているのが好きな味噌味しかないため(笑)

まず青椒肉絲を作ります。
出来上がりましたら、ラーメンを作ります。
ラーメンが出来上がりましたら器に移し、最初に作った青椒肉絲をのせて完成!

2019113010503700a.jpeg


美味しかったのものの、麺を茹ですぎたのか柔らかめに仕上がったのが少々不満。
今度はちゃんとお店で食べてから、家で作るようにいたします。

石田食堂 #64 火鍋

寒い日が続いている札幌。
今日は比較的気温が高めだったのですけど、本日の夕餉は鍋料理を選択。
アークスで見かけた四川「火鍋」の素。
どうやら中国からの輸入のようで、本格中華と言えそうです。

材料。
羊肉(牛肉でもOK)
えのき
春菊
長ねぎ
豆腐
〆のラーメン
火鍋の素

流石中国クォリティーでしょうか。
火鍋の素には、鍋スープとつけダレが入っているのですが、どっちがどっちであるという表示なし。
量が多いのが鍋スープなんですけど(笑)
作り方の表示も不親切でしたね〜

2019112320105375d.jpeg


四川だけあって中々の辛さ。
最初にお店で火鍋とやらを食べておけば良かった。

鍋料理にはアルコールがつきものですが、本日選択したのはコカコーラの出した酎ハイ「檸檬堂」
20191123201415a4e.jpeg

いつも呑むアサヒの「もぎたてレモン」より甘くなく飲みやすいです。
アサヒの株主ですが、これからもコチラを選択してしまいそうです(笑)

ちなみにつけダレはこちら。
2019112320161830a.jpeg

四川の辛さ!ですよ。

味は日本の中華料理ではなく、中国で食べる中華料理の味。
先月、南ですけど中国に行ってますから、違いがわかるのですよ(笑)

これが火鍋の素。
201911232025399fe.jpeg

シビレはそれ程でもなかった。
しめじ買ったのに入れるの忘れた(T-T)
私が作ると結局そんなもんです。

石田食堂 #63 ほうとう鍋

遂に札幌も雪が。
とっても寒かったので、暖かい食べ物を夕食にと先日の旅行で買い求めた「ほうとう」を作りました。

材料
人参
かぼちゃ
油揚げ
キャベツ
まいたけ
長ネギ
ほうとう(みそ味)

まず鍋に1ℓの水と一緒にほうとう麺を入れ、10分間煮込みます。
その後、具材とみそを入れて3分煮込んで出来上がり!
20191114211607a01.jpeg

たっぷりあるので見た目豪快(笑)

お椀に適量とって食べました。
20191114211830bb0.jpeg


急いで食べると口の中が火傷するくらいのアツアツさで、寒かった体が温まりましたよ。

残念なことに買ったのが2人前で、全て今回使ったので在庫ゼロ。
明日の方が寒い予報なんですけど(^^;;
今度どこかで見つけたら迷わず買います。