FC2ブログ

ドラマ・映画の記事 (1/22)

長良川の対決

大河ドラマ麒麟が来る。
本日、前半戦のMVPともいえる斎藤道三が討死。
本木雅弘演じる斎藤道三は凄みがあって、格好のいい武将として描かれていました。 
第2話では茶をたてて暗殺。
伊右衛門のCMをしているのに、お茶を殺しの道具にするなんてとネットでは騒ついていましたね。
その後サントリーが出したコメントも秀逸でした。

戦国の世と言っても親殺しは殆どなく。
斎藤義龍は父道三を惨殺したと言われていて、とても珍しい事例でした。

道三に味方した明智光秀は、越前へと落ちのびて行きます。 
来週からは浪人生活。 
地味〜な展開となるのかな。

登場人物でキャラが際立っているもう1人はボンバーマン松永久秀(笑)
彼の登場回はもう少し先となりそうですけど。

麒麟が来るも来月には一旦放送休止となるようで。
薬物騒動でスタートも遅くなったのですが、無事に本能寺の変まではやって欲しいものです。
スポンサーサイト



行列の女神

飯テロドラマはテレ東のオハコ。
月曜22時からTVHで放映のドラマ「行列の女神」を毎週欠かさず見ています。
原作は「らーめん才遊記」という漫画。
主人公の勤める会社の社長を男性から女性に変更しているようです。 
汐見ゆとりを黒島結菜。
社長の芹沢達美を鈴木京香が演じています。
主演は鈴木京香。
これも原作との変更点でしょうかね。
今週は第3話です。

黒島結菜はスカーレットに出ていた時にも感じましたが、とってもイラつく(笑)
その点は配役ぴったりかも、汐見は常識に欠けるキャラらしいので。
それでもお話はとっても面白いから見てしまうんですよ。

第1話で泉谷しげる演じるダメ店主のお店を立ち直させるのですが、汐見が提案した新メニューを採用しません。
それは、手の込んだメニューだとこの店主では作り続けることが出来ないのが予想されるから。
長く繁盛させるにはそれではダメ。
従来あるメニュー「もやし麺」をリニューアルすることで対処したのです。
このもやし麺、食べたくなりましたよ。

毎回見ているとラーメン食べたくなってしまい困ります。
Instagramにラーメン店で食べたラーメンの画像を載せるぐらいラーメンが好きなので、普通なら翌日ランチをラーメンにしてしまうのですが、このご時世行きにくいですね。
ラーメン店は小規模なお店が多く三密になってしまうので。
一蘭なら大丈夫だろうけど。
会話しないよう、巣箱方式だから(笑)

スーパーで購入した名店の味シリーズの生ラーメンを残りGW期間中に作って我慢することにするか。

早いとこ混雑を気にせず飲食できるような状態に戻れますように!
豊平川河川敷でBBQに興じてた面々。
もう少しの間、自粛しましょう!
BBQは自宅車庫や庭でもできるでしょ🎶

恋ダンス

穏やかな晴天の1日でしたが、近所の散歩で済ませました。当然マスクは必須アイテム。
昨日、自宅勤務で家の外に出たのは集合ポストに新聞を取りに行っただけでしたので、今日は少しの運動を。

午後からは「逃げるは恥だが役に立つ」のイッキ見で過ごしましたよ。
ガッキー主演のこのドラマはリアルタイムで観ていたのですけど、何度見てもやはり面白い。
ガッキー演じるみくりのような方なら、家事代行をお願いしたいくらいですよ。

このドラマのエンディングで、星野源の「恋」に合わせてダンスを踊るのが当時流行ってました。
YouTubeに沢山アップされてましたね。
日頃の運動不足を解消するために、独り踊ってみたわけですよ(笑)
全11話分。
いい運動にはなりました。
全然踊れていなかったと思いますが(笑)

毎年恒例のGW旅行も取りやめしましたので、繁忙期のストレス解消方法が1つ減り気分が滅入っていたのですけれど、体を動かして少しストレス発散。
どの様に気分転換を図っていくか。
この1年はストレスで皆んな攻撃的になるでしょうから負けないようにメンタル強くしなきゃいけませんよね。
私も気持ちに余裕がなくなると攻撃的になるタイプなので、パワハラ認定されてしまう恐れがあるわけです。
気をつけようっと。

SUITS2

月9ドラマ。
アメリカのドラマのリメイクで、2018年に放映された続編です。
織田裕二と鈴木保奈美という東京ラブストーリーコンビ(古っ)
フジの力の入れようといったら。
番宣に鈴木保奈美を投入です。
幸村・上杉法律事務所という大手法律事務所が物語の舞台。
この事務所の稼ぎ頭の敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)とそのアソシエイト弁護士・鈴木大貴(中島裕翔)のコンビのお話。
第1話から甲斐と鈴木は大活躍します。
法廷ではなく、交渉の場で対決でした。
途中苦境に立たされてしまうが、最後は逆転で交渉に勝ちます。
所長兼代表の幸村チカ(鈴木保奈美)に追放されていた上杉一志(吉田鋼太郎)が復帰することで波乱含みの展開が予想されます。

原作観ている人にとっては配役のイメージが違うと不満に思っているかもしれませんが、観てない私は関係なく楽しい。

甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)がいいです。
私にもこんな優秀な秘書がいてくれたら。
優秀な人にしかつくことないので、到底無理なわけですけれど(笑)

すずらんは1つの顧問先に対し、1人が担当して業務を行うシステム。
先日見た「花咲舞が黙ってない」や今作の様にコンビで仕事をするのに憧れています。
なので、新人でもないスタッフMの監査に同行しようと圧かけてます。
内心ウザがられているようですが(笑)

月曜日は帰宅してから忙しい。
ちゃっちゃっと食事して、愛読書のジャンプも読み終わって、21時にはテレビの前にいなくてはいけませんから。
夜の外食自粛要請されているので、日中集中して仕事していれば難なくできるミッションですけど。
生憎集中力を実家に置いてきてしまっているので、これが一番難しいです(笑)

トリック2

この日曜も外出自粛。
繁忙期なので万一のリスク回避策です。

例年ならプロ野球が開幕していて、休みの日で外出しない時はテレビでの野球観戦なのですけど。
まだ開幕できていないプロ野球ですから、過去のドラマのイッキ見で過ごします。
チョイスしたのはトリック2。
ポテチを買い込んで準備万端。

2002年の放映だそうで、主演の仲間由紀恵さんがお若く美しい!
バーターの(笑)生瀬勝久も若かった〜
コメディ推理ドラマの本作。
監督が堤幸彦なので、チョイチョイ小ネタを挟んできます。
ヅラをいじられる矢部警部(生瀬勝久)や、貧乏をいじられる自称天才マジシャン山田奈緒子(仲間由紀恵)、ヘタレの物理学教授の上田次郎(阿部寛)の掛け合いが面白く。
半日楽しくテレビの前で過ごせましたよ。
ドラマのイッキ見放送は、続きをすぐに見られるのがいいところ。
難点はポテチを食べながら見てしまうので、太ってしまうところかな。
ポテチ辞めて、じゃがりこに変えてみようか。
原料一緒だから結果は同じだろうけど(笑)

来週は何のドラマのイッキ見放送があるのかな。