FC2ブログ

ドラマ・映画の記事 (1/20)

孤独のグルメ season8

主人公井之頭五郎を演じる松重豊の食が細くなったので、このドラマの続編は作られないとの噂があったのですが。
この10月から無事新seasonがスタート。
金曜深夜の放送なんですけど、先週、先々週と飲み会でしっかり食べて呑んだ後に見たので、飯テロドラマの罠に嵌らず、何も口にすることなく就寝するのことが出来たわけですが。

昨日はフツーの金曜。
誘惑との戦い。
不安があったのですが辛勝。
相変わらず、井之頭五郎の食べ方は食欲をかきたてます。
オーダーしたのがロールキャベツ定食だったので、引きずられずに済みました。
ラーメンだったら、常備しているカップ麺に手が伸びてしまったことでしょう(笑)

女店主が室井滋だったのですけど、料理出るまでの小芝居が長すぎでした。
あんま、いらないんですけどね。

銀座の路地裏にある四馬路(すまろ)が舞台。
一見すると入りづらい店ですけど。
東京なら比較的訪れる機会があるので、聖地巡礼することができるでしょう!
スポンサーサイト



これは経費で落ちません

NHK金曜夜10時(ドラマ10)放映のドラマ。
主演は多部未華子。
先週の金曜日は全10話の7話目。
職業柄タイトルが気になって身始めていました。

石鹸メーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子(多部未華子)は、貸借対照表のごとく、「何事にもイーブンに生きる」をモットーに、回ってくる領収書や請求書をチェックする。

今回領収書を調べられる対象者は石鹸作りのレジェンド留田(でんでん)で仙台工場に勤務。

会社の功労者を表彰するマイスター授賞式にレジェンド留田は同行者に妻ではなく、同僚・藤見アイ(森田望智)を申請して仙台工場から出席。
その留田が責任者として作っている新発売の石鹸について質が落ちているとの口コミが入り、時期的にもアイが留田の口利きで、パートから正社員になった頃。
若い女性にのぼせて仕事が疎かになったからではとの疑惑を向けられるのですが。
実は老化が原因で思うような石鹸づくりができなくなっていた。慌てて後継者づくりに力を入れるも、自分の感覚を理解できる者がいない。
そこに現れたのがアイ。
それから留田は後継者にすべく、一生懸命アイに自分の持っている知識を伝授しているところ。
疑惑を受けた領収書は得意先との会食だったのですけど、大人数で行われたもの。
人付き合いが苦手な留田がこんな大人数を集められないので、アイの友達を呼んだのだろうと。
だけど、未来の石鹸マイスターになる器のアイを自分の得意先に合わせたい一心で開催された会食だったというわけ。
当然、経費で落ちます。

留田が石鹸を作れなくなる恐怖を感じて過ごしていたのに、後継者育成に喜びを見出す心境は理解できます。

私は留田と違ってレジェンドの域には達していませんし引退には早いのですが、自分の知識を若手に伝授する喜びを味わっているところは一緒。
素直で前途洋々たる若手スタッフが3名も私のところに配属されているので。
彼らの成長に少しでも役立てればなと思い、監査同行やお客様の来所時に同席したり、頼まれてもいないのにスケジュール管理したり、試算表を見せて「どんな助言する?」と抜き打ちテストしたり(笑)
留田と違い尊敬されるどころか、ウザがられているのは薄々感じていますけどね(笑)

8月の金曜日は飲み会が多く見逃していたのですけれど、今日放映の第8話は必ず観ますよ。
残業しないようにお仕事頑張ります!

転職

私の事ではありません。
NHK朝ドラ・なつぞらのお話。
朝ドラ100作目の今作は今までの作品のヒロインが数多く出演している作品。

主人公・奥原なつ(広瀬すず)は、長年勤めた東洋動画を退職して、先輩アニメーター・麻子(貫地谷しほり)が経営するマコプロダクションへ入社しないかと誘われています。
ここには、なつの夫も勤めています。
このマコプロダクションでは、なつの東洋動画での先輩が数多く働いています。
なつは東洋動画への入社を後押ししてくれた先輩・仲さん(井浦新)へ恩義を感じていて決断出来ずにいたのでした。
遅い夏休みをとって娘と北海道に帰省したときに、マコプロダクションで「大草原の小さな家」を原作にしたアニメを製作したいと強く思ったのです。
東洋動画を退職を決断したなつは、一番に仲さんに伝えます。
「長い間良くしてもらったのに、裏切ることになって申し訳ない」と。
それに対して仲さんは、「なっちゃんのその選択は裏切りではないよ。アニメーターは会社に縛られるべきではない」と答えます。
なつは仲さんの弟子で、今後もその想いは変わらないと伝えます。
仲さんは、最初から最後までなつの良き理解者でしたね。
なつにチャンスを与え、仕事で悩んだ時には相談に乗り、自分とウマの合わない後輩(なつの夫)に対しても、きちんと実力を認め陰でフォローする。
私もこんな上司の下で働きたい(笑)
その前に、私もこんな上司になれるように精進しなければいけないんですけどね(^^;;

残り3週間。
最後まで楽しんで観ることにいたします。

巡査 今泉慎太郎

古畑任三郎のイッキ見放送。
真夏のメガヒット10ドラマイッキ見スペシャルと銘打った企画です。
本日は古畑任三郎の2時間スペシャル集。
その間にスピンオフの「巡査 今泉慎太郎」も。
これは古畑任三郎第2シリーズの放映日(1996年)の深夜に放映されていた10分枠のミニドラマ。
今泉慎太郎(西村雅彦)が事件解決後(解決したのは古畑任三郎)に科研室を訪れ、桑原技官(伊藤俊人)に超マイペースな上司への鬱憤を事件の顛末を振り返りつつぶちまけるストーリー。

古畑任三郎に振り回された今泉の視点で、その日の放送された「古畑任三郎」のアフター・ストーリーなのですが、この「巡査 今泉慎太郎」だけを観ても面白さが半減ですね。
理由は、古畑任三郎第2シーズンの内容を忘れてしまっているから(笑)
第2シーズンイッキ見の時に、各話の後に続けた方が良かっただろうに。

上司への愚痴はサラリーマンにとって最高の酒の肴の一つ(笑)
彼らは飲んでないのですけど。
確かに面と向かって言えませんからね。
SNSで発信するのは証拠が残るのでやめた方がいいですけど(笑)

散々古畑への愚痴・文句を言っていた今泉ですが、最終話で「今泉君を讃える歌」を古畑が作っていたことを知って感激するのです。
これは古畑の呼びかけで、今泉の誕生日に皆でコーラスすることになっていたもの。
歌詞
ダッダ ダダ ダッダ ダダ
ダッダ ダダ ダッダ ダダ
オレの心迷わす 光るデコの輝き
愉快な奴さ 今泉は
ダッダ ダダ ダッダ ダダ
今泉の慎太郎 
美しきはそのデコ
今泉は優しい 今泉はかわいい
ダダ ダダ ダダ
今泉は 今泉が
ダッダ ダッ ダダダ

曲はドラマのオープニング曲です。

20190818180535fa1.png


なんか無駄な時間を過ごしてしまった〜

Heaven?

昨日からスタートしたHBCのドラマ。
原作が佐々木倫子の漫画。
彼女のほかの作品は、動物のお医者さん、おたんこナース、チャンネルはそのまま。
このドラマの主演は石原さとみ。

フレンチレストランが舞台のコメディドラマ。
美人だけど他の追随を許さない利己的でワンマンオーナーにスタッフは振り回されます。
その時に浮かび上がるのが「諦観」
諦観とは、本質をしっかり見極めること、また、諦め悟って超然とすること。

第1話を見ただけですが、原作の世界観を守っているなと感じました。
主演の石原さとみはもちろんですが、他のキャストも良い。
ソムリエ役の岸部一徳がいいカンジ🎶
段田安則なんて久々に見たし(笑)

これから火曜の夜は寝るのが遅くなるな。
でも見逃してもTVerで観られるから眠気と闘う必要は無し(笑)