FC2ブログ

ドラマ・映画の記事 (1/19)

巡査 今泉慎太郎

古畑任三郎のイッキ見放送。
真夏のメガヒット10ドラマイッキ見スペシャルと銘打った企画です。
本日は古畑任三郎の2時間スペシャル集。
その間にスピンオフの「巡査 今泉慎太郎」も。
これは古畑任三郎第2シリーズの放映日(1996年)の深夜に放映されていた10分枠のミニドラマ。
今泉慎太郎(西村雅彦)が事件解決後(解決したのは古畑任三郎)に科研室を訪れ、桑原技官(伊藤俊人)に超マイペースな上司への鬱憤を事件の顛末を振り返りつつぶちまけるストーリー。

古畑任三郎に振り回された今泉の視点で、その日の放送された「古畑任三郎」のアフター・ストーリーなのですが、この「巡査 今泉慎太郎」だけを観ても面白さが半減ですね。
理由は、古畑任三郎第2シーズンの内容を忘れてしまっているから(笑)
第2シーズンイッキ見の時に、各話の後に続けた方が良かっただろうに。

上司への愚痴はサラリーマンにとって最高の酒の肴の一つ(笑)
彼らは飲んでないのですけど。
確かに面と向かって言えませんからね。
SNSで発信するのは証拠が残るのでやめた方がいいですけど(笑)

散々古畑への愚痴・文句を言っていた今泉ですが、最終話で「今泉君を讃える歌」を古畑が作っていたことを知って感激するのです。
これは古畑の呼びかけで、今泉の誕生日に皆でコーラスすることになっていたもの。
歌詞
ダッダ ダダ ダッダ ダダ
ダッダ ダダ ダッダ ダダ
オレの心迷わす 光るデコの輝き
愉快な奴さ 今泉は
ダッダ ダダ ダッダ ダダ
今泉の慎太郎 
美しきはそのデコ
今泉は優しい 今泉はかわいい
ダダ ダダ ダダ
今泉は 今泉が
ダッダ ダッ ダダダ

曲はドラマのオープニング曲です。

20190818180535fa1.png


なんか無駄な時間を過ごしてしまった〜
スポンサーサイト



Heaven?

昨日からスタートしたHBCのドラマ。
原作が佐々木倫子の漫画。
彼女のほかの作品は、動物のお医者さん、おたんこナース、チャンネルはそのまま。
このドラマの主演は石原さとみ。

フレンチレストランが舞台のコメディドラマ。
美人だけど他の追随を許さない利己的でワンマンオーナーにスタッフは振り回されます。
その時に浮かび上がるのが「諦観」
諦観とは、本質をしっかり見極めること、また、諦め悟って超然とすること。

第1話を見ただけですが、原作の世界観を守っているなと感じました。
主演の石原さとみはもちろんですが、他のキャストも良い。
ソムリエ役の岸部一徳がいいカンジ🎶
段田安則なんて久々に見たし(笑)

これから火曜の夜は寝るのが遅くなるな。
でも見逃してもTVerで観られるから眠気と闘う必要は無し(笑)

MIB インターナショナル

帰省しても特にやることがなく。
そんな時には映画でも観ることに。
選んだのは「MIB インターナショナル」です。

シリーズ4作目ですが、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスは出ていません。
ロンドン支局を舞台にしたスピンオフ作品。

あらすじ。
エリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)は、エージェントO(エマ・トンプソン)に命じられロンドンへ。
ロンドン支部での初ミッションはMIB内部に潜伏するスパイを摘発することだ。
上官のハイT(リーアム・ニーソン)の指令に従い、イケメンチャラ男だが、敏腕のエージェントH(クリス・ヘムズワース)とチームを組み捜査を開始。
何にでも擬態しエージェントの姿にも化けることができるエイリアンを探すため、イギリス、フランス、モロッコと世界各国で捜査を進める二人に危機が迫る。
既にスパイ側が先手をうち、二人を抹殺する裏工作を始めていたのだ。
逆にMIBに追われる身となり、全てのエージェントが信用できない状況の下、追い詰められていく二人だがーーー

感想。
イケメンチャラ男のHは無駄に脱ぎます(笑)
チェスのボーンの姿をした自称騎士のエイリアン「ポーニィ」が可愛らしい。
宇宙一の最強武器は凄い!砂漠の半分が吹き飛ぶ。
記憶を消す武器「ニューラライザー」が欲しいな。
税務調査対策で(笑)

エージェントの趣味と特技が、一般人の記憶を消去すること(笑)
個人的には、前作までのキャストが良かったな。
それでも、愉しんで観ることができました。

劇場が札幌シネマフロンティアではないため、料金は割引なし。

20190706202725561.jpeg

1,800円は高いな。
若い子たちが劇場で映画を観なくなってきている理由がわかりますね。
公開から3週間経ったとはいえ、私が観た時間の観客はたった3人でしたから(^^;;

シネコンなので、座席数を超えて販売しないのだから、値段下げてでも満席に近づけた方が良いと感じるのですがね。
1人でも満席でもコストは一緒ですしね。

消費税増税を機に値上げをするという報道もありましたが、ますます劇場離れが起きなければいいんですけど。

映画 コンフィデンスマンJP ロマンス編

久々に劇場で映画鑑賞。
チョイスしたのは、コンフィデンスマンJP
長澤まさみ主演で月9ドラマの劇場版。
東出昌大、小日向文世、小手伸也、江口洋介の連ドラ出演者のほか、ゲストで竹内結子、三浦春馬といった豪華出演陣。
所謂フジテレビの十八番(笑)

公式HPよりストーリーをご紹介。
華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)、ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐。
次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝で、その冷酷さから〈氷姫〉という異名を持つラン・リウ。
彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。
ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦する。
そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じランを狙っていることがわかる。
そして、以前ダー子たちに騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。
騙し騙され三つ巴の戦いを制するのは誰なのか⁉︎

ネタバレしない程度での感想。
長澤まさみの弾けっぷりは最高!
ボクちゃん、今回は全容を知らされていて良かったね〜
イケメン三浦春馬の情けなさも良い。イケメンはどんなんでも絵になる(笑)
ゴースト ニューヨークの幻 のパロディにニヤついてしまった。

連ドラでの敵役がワンシーンで出演しているのは、劇場版ならでは。
コメディ映画なので、只々楽しんで観た2時間5分でございました。

コンフィデンスマンJPの公式HPにあるおサカナ度診断。
試してみました。
おサカナ度60%
誰かと一緒が好きだけど自分の縄張りは譲らない「カクレクマノミ」タイプ。
ハニートラップのターゲットにピッタリ❤️
だそうです。

ハニートラップに遭わないよう気をつけます(笑)
連ドラを観ていない方でも、充分楽しめる映画ですので、まだ観ていない方は劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

KINGDOM

今年初めて劇場で観る映画。
忙しい日々が続いていたため、休みの日に休養優先としていたためです。
観たのはKINGDOM。
今年は邦画からスタート。
何故なら、ジャンプの試写会に当たったから。
やはりジャンプはお得(笑)

貰ったパンフに書いてあったストーリーを紹介しますと。
紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年の信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高島政宏)によって召し上がられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる…。
王宮では王弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負いながらも、信のいる納屋にたどり着く。「今すぐそこに行け」血まみれの手で握りしめていた地図を信に託し、漂は息絶える。信は漂が携えていた剣とその地図とともに走り出した。
地図が示す小屋にたどり着いた信の目に飛び込んできたのは、静かにたたずむ漂の姿だった⁉︎死んだはずの漂がなぜ---

その正体は大王・嬴政(エイセイ)で、彼に瓜二つの姿だった漂は身代わりとして召し上げられたのでした。

感想。
山の民の王役の長澤まさみは格好良かった。
そして山の民は不死身!
信は脳みそ筋肉系(笑)

大王・嬴政は、力尽きそうになった部下を言葉で奮い立たせました!
これぞ王の器。
経営者の皆さんは、社員さんを言葉で奮い立たせることができてますか?
札束や、権力振りかざしてはダメですよ(笑)

このKINGDOMは、ヤングジャンプで連載中の漫画が原作。
まだ連載中なので、今日の映画も序章といったところでしょうか。
嬴政は中華統一を目指します。
なので、興行成績が良ければ続編もあることでしょう(笑)

繁忙期も来月まで。
それさえ過ぎれば、映画を沢山観ることができるでしょう。
これが試写会の当選ハガキ。
20190411220846d47.jpeg


4月19日より全国ロードショー。
興味が湧いた方は是非とも劇場に足を運んでみてください。