fc2ブログ

漫画・アニメの記事 (1/14)

新春ロボコ占い

ジャンプ6・7合併号。
今号が新年最初のジャンプ。
連載漫画の「僕とロボコ」の冒頭に新春ロボコ占いが。
星座占いの星座を月ごとに分解したもの。

私の3月生まれの牡羊座。
去年から開発していた必殺技が完成しそう。
去年手に入れた武器を再確認してみよう。後半はそれをさらにレベルアップさせる友達やイベントに出会えそう。いろんな人と話したりコミュニケーションしたりすることで朝野太陽のように自分の才能を覚醒させられるかも!!
ラッキー漫画は、HUNTER×HUNTER。

占い芸人ますかた一真さんの完全監修らしく。
ラッキー漫画は、一番好きな漫画なのですけど、連載再開されるのはどこまで先のことになるのやら。
今年見ることは無理そうだが(笑)

必殺技など漫画用の占いのように見えますが、他の星座はフツーのことが書かれているという。
ちなみに朝野太陽は、連載作品である「夜桜さんちの大作戦」の主人公。

去年必殺技を開発していなかったので、今年は何もなさそうです(笑)
皆さんも自分の占いを知りたければ、ジャンプ6・7合併号をご購入くださいませ。
三連休は古畑任三郎とジャンプで過ごしリラックスできました。
明日からのお仕事頑張ります。
スポンサーサイト



キン肉マン〜悪魔将軍

週刊少年ジャンプを読み始めてから40年!
読み始めは小学6年生。
毎週購入できる様になったのは、高校生になり小遣いが月5,000円もらえる様になってから。
当時の連載漫画で一番好きだったのがキン肉マンです。

最初は地球を守るのが超人の役目で、キン肉マンはダメ超人として描かれていました。
当初はギャグ漫画だったかな。
超人オリンピック編で、プロレスブームと相まって人気が出てきました。
以後悪魔超人編、黄金のマスク編、タッグトーナメント編などなど。

今回は黄金のマスク編で初登場の悪魔将軍を紹介。
悪魔将軍は、ゴールドマンの戦闘能力とサタンの分身の悪魔六騎士のパワーが合わさって形成。
ボディ硬度は、超人硬度10のダイヤモンドから超人硬度0のスネークボディまで自在に操る。

キン肉マンとの対戦は一度(1987年までの連載)
キン肉ドライバーをくらい破れましたが、キン肉マンが悪魔将軍の身体の一部を見ただけで、怯えて逃げ出すほどのトラウマを植え付けました。

ビジュアルも格好良かった印象。
2023121921110529a.jpeg

コンビニで売っていたキン肉マングミについていたキン消しチャーム。
これを手に入れたから、このブログを書こうと思いついたという(笑)
このグミはキン肉マンに登場する超人の形をしています。
いい感じのグミになっていれば、その画像と共に当ブログにて紹介します。

アイシールド21

ジャンプで2009年まで連載されていた漫画。
私がアメフト好きになったきっかけの漫画でもあります。

主人公・小早川瀬那は、私立泥門高校に通う高校生。
パシリとして活動していたのですが、蛭魔妖一に走りのセンスを見込まれアメフト部に入部。
当初は主務としての入部でしたが、蛭魔の策略で選手にもなります。
選手時には緑色のアイシールドで素顔を隠し、謎のデビルフットボーラー「アイシールド21」と名乗り、高速のRBとしてその名を轟かせる。

チームメイトは、前述のQB蛭魔のほか、巨漢センター兼ディフェンスタックルの栗田良寛、ワイドレシーバー兼コーナーバックの雷門太郎、キッカー兼ラインバッカー武蔵厳ら個性あふれる面々。

蛭魔や栗田と因縁ある金剛阿含の神龍寺ナーガとの対戦が一番好きでした。
阿含は100年に一人の天才と称され、練習せずとも才能だけで一流プレーを見せます。
彼は一休以外のメンバーはいらないと宣います。
これに蛭魔は反発。
全員同じだと全く面白味がない。違う者同士の力を掛け合わせるのがアメフトの醍醐味と。

泥門デビルバッツには、オールラウンドプレイヤーがいないので。
他のチームだと、全く出番がないであろう雪光をも蛭魔は活用し、彼にタッチダウンを取らせましたから。

会社でも一緒かも。
業務の属人化を防ぐには、組織で業務にあたる。
その際には、個々の特徴を活かして、役割分担した方が効果的ですからね。

やっぱり漫画から学べることは多いなり。
50過ぎにもなって、ジャンプを購読している自己正当化でございます(笑)

五条悟逝く

ジャンプに連載されている呪術廻戦の話。
主人公・虎杖悠仁の高専の担任・五条悟が両面宿儺との闘いで死んでしまいました。
嫌な予感はしていたのですよ。
先々週号(先週号は休載)のラストで、この勝負五条の勝ちだ!とギャラリーが言って終わっていたので。
両面宿儺を五条悟が倒し、羂索を悠二が倒すのだと思っていたんですけどね。
一番好きなキャラだったので、五条ロスです(笑)

鬼滅の刃もそうでしたが、主要キャラでも惜しげもなく退場させます。
釘崎野薔薇、七海建人、九十九由基etc

最強の切り札を失った呪術師チーム。
一人ずつ宿儺に挑むしかないのか。
虎杖悠仁の覚醒待ちの様な気がします。

北斗の拳40周年

北斗の拳がジャンプに連載されたのは1983年のこと。
今年で40周年。
1988年まで連載されていました。
当時のジャンプ黄金期を支えた漫画の一つです。
北斗の拳のキャラクターで1番人気は、主人公ケンシロウでは無くその義兄のラオウ!
この人気は連載終了後爆上がりの様な。
なんせ2007年には、ラオウの昇魂式が開催されましたからね。
谷村新司が葬儀委員長を務めたそうです。
5年前の35周年記念で、好きなキャラクターの投票を行ったところ、ラオウは堂々の1位。
ケンシロウは6位です。

北斗の拳は、このラオウとケンシロウの闘いで終わらせておけば、最高の漫画となったのですけど。

中学生の時、秘孔をつく遊びが流行っていましたね。
少しイジメの香りも漂っていたかな。
20230925204528c1e.jpeg

大丸の黄金展の入り口に飾られていたラオウ。
金箔2,000枚貼られているらしい。
テレビCMで流されていたので、映画見た帰りに立ち寄りました。
入場料無料ですが、中に入ると店員さんのセール攻撃に遭いそうなので。
入り口にお目当てのラオウがいたので助かりましたよ。

我が生涯に一片の悔い無し。
亡くなる前には、この様な心境になりたいものです。
欲まみれだから無理だな(笑)