FC2ブログ

イベントの記事 (1/23)

冬の麺2020 〜吉山商店

繁忙期は土曜も出社日のすずらん。
残業充当4hと半休の合わせ技で休みました。
この合わせ技で休む事ができるのは今年から。
スタッフ誰もまだ使っていないので、率先垂範で使った次第。
それでも、スマホにお客様から連絡入りますので、午前中はその対応などで自宅でお仕事。
頼りにされるということはありがたいことです。

お昼にサツエキまで出かけました。
買い物を済ませて、ランチをしに札幌ラーメン共和国へ。
選んだのは吉山商店。
外国人観光客で激混みでした(^^;;
吉山商店の冬の麺は「とろ旨角煮の焙煎魚介辛みそラーメン」1,200円也。

トロトロの自家製角煮をピリ辛の魚介味噌スープで味わう!と銘打っています。
202001181453489d0.jpeg

いつも吉山商店では、焙煎味噌か共和国限定の油そばを頼みます。
この冬の麺のスープは焙煎魚介でしたので、かつおの味が強く感じられましたね。
ピリ辛感はあまりなかったかな(^^;;
旭川出身の私には魚介スープは馴染みの味なので、全く問題ないですけど、苦手に感じる人も多いかもしれません。
角煮は宣伝文句通りの「とろ旨」でした!
とっても美味しくいただきました🎶

いつもの通り生ビールと餃子も頼みましたけど、餃子が最後に来たのだけが残念。
餃子は井之頭五郎の食べ方を真似て酢と胡椒で。

20200118164058a2a.jpeg


ビールはクラシック🎶
2020011816423330c.jpeg


次はどこに行こうかな。
スポンサーサイト



冬の麺2020 〜幸村

札幌ラーメン共和国の企画。
冬の麺の季節がやってきました。
血圧問題無視して、美容院の帰りに共和国へ。 
スタートはいつも初代にしていますが、相方の意見を尊重し幸村をチョイス。
幸村の冬の麺は「花山椒香る旨辛特製味噌ラーメン」です。
自家製ラー油と花山椒のシビレと辛みがうまみを引き立てる!と銘打っています。
20200113133311003.jpeg

美味しかったのですけど、誰でも食べやすいようにしたのでしようか。
シビレと辛みはそれほど感じませんでしたね。
思わず餃子用のラー油をちょい足し。
ビールと餃子も。
20200113133548cb4.jpeg

ここの餃子はラーメン共和国の全店の中で一番美味しく感じました。
20200113133640223.jpeg

ここもラーメンより餃子が先に来たので良かった。

2月11日まで開催しています。
何軒行けるかな。
土曜はフレックスの出勤日なので、何回か行けそうです。

ゆく肉くる肉

年末年始。
1万歩を記録したのは昨日だけ。
年明けからは、新年だから〜などと口実つけて、少しばかり贅沢な食事にしていたので、年末70㎏切った体重が今朝70㎏突破。
なので、連休最後の食事はカップ麺(笑)

20200105130529071.jpeg

年明けなのでうどん。
ファミマで年末買ったときに、オマケで付いていたのが「ゆく肉くる肉」です。
唐揚げ、鴨風つくね、炙りコロチャーのいずれかが入っているようで。
鬼かけ揚げ天ぷらうどんにちょい足しです。

20200105130934d14.jpeg


かき揚げは出来上がってからのあと乗せ。
ちょい足ししたお肉は唐揚げ🎶
血圧高めなので、もちろんスープは残しましたよ。

明日から仕事始め。
1日で体重が戻るとは思っていませんが、少しでも早く70㎏を切れるように食事コントロールをいたしますよ。

4度目の年男

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

2020年の干支はねずみ。
私の干支もねずみ。
今年は4度目の年男でございます。
昨年は12月に入ってから、ちっさな不運も続きましたが(半分以上自業自得なんですけど)、その不運も断ち切り、今年は良い年になれますように。

1年の計は元旦にあり!なる言葉もございますね。
今年の目標は「自分に集中」です。 
周りの事に気をまわす事なく、初心に帰り自分自身の事に集中して取り組もうかと。
当然、相談受ければ乗りますが。

なんて事を御節料理を食べながら考えました。
今回の御節は、私の担当先・丸金佐藤水産さんが作った昔風。
STVの情熱市場で販売していたもの。
まず一の重。
20200101170954097.jpeg


そして二の重はコチラ。
20200101171134f59.jpeg


美味しかったですよ〜
実家の老親にも贈りましたので、喜んでくれている事だろう。

年末ジャンボ宝くじ。
連番10枚買っていましたが、6等1本と7等1本の計3,300円の当選金。
このちっちゃな幸運は昨年の出来事にカウントするのか、今朝の朝刊で確認したので今年の出来事にカウントするのか。
運不運は、所詮気の持ちようなので、今年のスタートから良い事が起きたとするため、今年の出来事にカウントしよう(笑)

年越し蕎麦

年越し蕎麦は江戸時代に定着した習慣。
当時は月末を「みそか」と呼び、晦日そばを食べる習慣があったそうです。
商家では毎月末は集金・棚卸しで忙しく蕎麦の出前をとって使用人の労をねぎらったのが由来とか。
そういえば子供の頃、父が働いていた会社の仕事納めの日は、会社で出前寿司を食べて1年の労をねぎらっていたのですが、家族持ちには家族にも出前のお寿司が届いてました。
小さかったので、「お父さんのお陰でお寿司を食べられる!お父さんありがとう」なんて思ってました(笑)

閑話休題。
さてそんな風習も大晦日に蕎麦を食べる習慣だけが残り、年越し蕎麦として一年の締めくくりに縁起を担ぐ食べ物になったようです。
苦労や厄災を落として新年を迎えるという意味から年をまたがず大晦日のうちに食べるもので、残さずに食べ切るのが流儀。
縁起ものなので流儀に従い、労いと新たな年の無事息災を願いながら食べることが大切。

必ずしも夜に食べずとも良いので、今年もランチは年越し蕎麦。
東家寿楽で天ざるを食べましたよ、流儀に従って。
画像を撮るのが憚られたので美味しそうなお蕎麦をお見せできず申し訳ございません。

孤独のグルメSPを見ていると無性にお腹がすいてきまして。
お誂え向きにカップ麺があったので、お湯を注いだ次第。
年越し蕎麦は、食べる時間帯が特に決められていないのと同様、食べる回数も特に定められていませんので、本日2回目の年越し蕎麦を食した次第(笑)

201912311123440c1.jpeg

どん兵衛の天ぷら蕎麦。
どんぎつねさんのエクボと似たようなエッグポットがあり、月見にしても卵が真ん中に止まります。

201912311124033f6.jpeg

もちろん、あと乗せサクサクの天ぷらも乗せましたよ🎶

せっかく体重70㎏切って新年を迎えるのに、これだと元日早々70㎏オーバーとなりそうだ(^^;;

当ブログにお付き合いいただいている皆様。
今年も1年大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願いします!

ちなみに夕食は豪勢にすき焼きでした🎶
201912311128297bb.jpeg


201912311132501a0.jpeg

決してカップ麺が夕食では無いのですよ〜

皆様、良いお年をお迎えください!