FC2ブログ

読書の記事 (1/7)

カツオが磯野家を片付ける日

後悔しない「親の家」片付け入門と謳っている渡部亜矢著書。
SB新書です。

サザエさんの家族を登場人物に、カツオが実際に片付けに遭遇する場面をシミュレーション。
設定。
波平
縁側で立ち上がろうとしたところ庭へ転げ落ち、盆栽に頭をぶつけて死亡。享年84歳。
フネ
80歳。波平の葬儀で疲れ床にふせっている。
サザエ
54歳。数年前からコンビニでパート勤務。店長代理に抜擢され忙しい。
マス夫
58歳。念願のマイホームを建てるも、勤務先が実質減給の年俸実施。ボーナス払い分をサザエのパート収入で補填。大阪で暮らす母親が認知症で施設暮らしているので度々帰省。
カツオ
41歳。電機メーカーの営業職。地方転勤だったので正月のみ帰省。漸く本社係長に昇進。郊外の独身寮に越してきたばかり。
ワカメ
39歳。海外出張もバリバリこなす外資系企業のキャリアウーマン。3歳と5歳の娘の母親。子育ては保育園とベビーシッターさんの「併せ技」で乗り切っている。夫は半年前から中国に単身赴任。義父母の介護も対応する所謂ダブルケア状態。
タラオ
アメリカの大学院へ進学。
早川さん
実家片付けアドバイザー。

PART1 ゴミ屋敷と向き合うカツオの苦悩
PART2 カツオが向き合う「物」と「親」
PART3 カツオを悩ます波平の遺産と相続
PART4 カツオを苦しめる「空き家問題」
PART5 フネも安心!自分で備える「生前整理」

ためになったこと。
整理上手な親ほどため上手になってしまう。
捨てるか迷ったら一時保管を利用する。
片付けたあとのリバウンドを防ぐためにPDCAサイクルを回すのが必要。
実家を迷惑資産にしないために、「住む」「貸す」「売る」の選択肢から最適なチョイスを。

相続に関するものは専門家でもありますので、自分に降りかかっても問題ないですが、やはり空き家問題は他人事とはいえないです。
親の物を整理する前に、実家にある子供達の物を処分するのが先決。
なので、今回の帰省はここから始めましたよ。
一遍にはできないので、数年計画で実施します。
それまで元気でいてくれれば。
201908121521027f0.jpeg


私にとってはタイムリーな一冊でした。
同世代には勧めたい一冊でもあります。
スポンサーサイト



舟を編む

今月は税務署に出向く必要があり、税理士の吉田と一緒に出かけました。
その道中で「舟を編む」が面白かったと勧められたので買い求め、本日読みました。

舟を編むの作者は三浦しをん。
本屋大賞を受賞した作品です。

出版社の営業部員・馬締(まじめ)光也は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。
新しい辞書『大渡海』の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作!

これが裏表紙に書かれていたあらすじ。

語句を説明するのは難しいです。
今作で挙げられていた例として。
方向を表す「右」とは。
北を向いた時に東にあたるほう。
決して、箸を持つ手ではありません。
左利きの人もいますから。
左の逆でもダメです(笑)

三浦しをんは登場人物を上手に描いています。
私自身と登場人物を比較すると。
馬締くんのように一途にのめり込むものを見出せたことがない。
西岡のように気遣いはできていないし。
佐々木さんのように課員の進捗管理を把握し、課内の業務をコントロールするの能力もナシ。
異動したての入社3年目女子社員岸辺さんのように役に立っている実感が無いという。
こちとら24年選手にもかかわらず(^^;;
この表現も死語か(笑)
岸辺さんも成長して、馬締に自分の意見をしっかり言えるようになります。
馬締も岸辺さんの意見が自分の意見と違うものでも、的を射ていれば受け入れてます。
見習わねば。

三浦しをんの作品を初めて読みましたが、とっても面白かった。
流石、本屋大賞受賞作品。

20190720223618490.jpeg


完成までに時間のかかる辞書。
後半スカスカになりがちだそうです。
辞書全体の半分あたりのページに来る単語が「す」か「せ」で始まるものだと、その辞書は後半が手薄にならず、バランス良く言葉を網羅しているそうですよ。

歌人・西行に不死身という意味があることに驚きました。
何故そうなのか、興味ある人は本書を読んでみてください🎶

始皇帝 中華統一の思想

渡邉義浩著書。
集英社新書です。
副題が『キングダム』で解く中国大陸の謎。
ホリエモンも推薦している書籍。

現代中国の力の源泉は、十四億という膨大な人口にある。では、なぜこれほどの人が暮らす広大なエリアを、中国の歴代帝国は何度も統一し支配することができたのか?そのような場所は、人類史上、中国大陸以外に存在しない。
答えは初の統一帝国・秦にある。秦が採用ひた「法家」の思想と統治のノウハウが二千年にわたって引き継がれたために、中国は繰り返し統一されたのだ。では、法家とはどのような思想なのか。
漫画『キングダム』では法家改革後の秦が見事に描かれている。本書では、『キングダム』に流れる地下水脈を、二十五点もの名場面を引用しながら縦横に解説する。
このように表紙裏にあらすじが書かれていました。

本書は全5章から成っています。
第1章 『キングダム』前夜
第2章 法家と秦の大改革
第3章 中華統一と空前の権力
第4章 始皇帝はなぜ儒家を憎んだのか
第5章 理想のゆくえ

この時期の中国は氏姓制度。
これは血縁関係による身分制。
よりわかりやすく言うと、町長、警察署長、税務署長に誰が就くか全て血筋で決まっている。
仕組みは単純で、役職者が老いたら、その一族の長嫡子がその地位を受け継ぐ。
この制度は、小さな町レベルから国の上層部まで徹底しており、最たるものが君主。
秦は法家を採用。
では法家とは?
法家の特徴は信賞必罰の徹底。
厳格なルールを設け、それに違反した者には罰を下し、功績のある者には褒美を与える。ムチで国民を縛り、アメを与えて忠誠心を君主に向けさせるという単純なものである。
この法家は当時の氏族制社会を真っ向から否定するもの。
法家導入の最大の意義は「平等性」
なので能力のある者が登用されるという至極真っ当な社会。
秦は戸籍も整備されていたので、動員兵力が諸国に比べて格段に上。
そんな秦も始皇帝亡き後は、後継者に能力のない末子がつき、崩壊へと進んでいく。
統一した諸国の中にも依然血縁社会を望むものが多くて、それが不満分子となり、秦打倒勢力の蜂起に繋がった訳です。
秦が目指した理想の国家作りは、秦の後に興った漢によって完成。
漢帝国は、法家に欠けていた正統化の理論を備えていました。
この統治方法が幾千年も受け継がれて行ったのです。

大改革を成し遂げた秦は中国統一を果たしますが、改革が性急だったので、周りが追いてこられず長く続けられなかったのです。

漫画『キングダム』の名場面を織り込みながらの説明でしたので、最後まで面白く読み進めることができました。

Excel最強の教科書

私の業務では資料作りのため、Excelを利用しています。
が、一向にスキルが上がりませんね〜
簡単な表計算しか出来ませんから。
関数を組み合わせることができると、自分のやりたい集計表を作ることができるのですけど。

なので、いつも若手スタッフの手を借りているのですが、彼らも忙しい訳で。
いつまでもレベルの低い中年オヤジのPCお悩み相談で彼らの足を引っ張る訳にいかないので、一念発起学習する決意をいたしました。
といっても、生憎教室に通う根気と時間を持ち合わせておりません(笑)
なので新聞広告で見つけた書籍「Excel最強の教科書」を購入いたしました。
しかし。マニュアルを読まないタイプなので、結構な厚さのある本書を読み終われる自信は無いのですが(^^;;

それでも、この本に書かれているスキルを身につければ、人様に迷惑をかけずに済みますから。
そう考えて時間を作って読み進めることにします!

自分で努力することによって、とあるスタッフのように天才的な発明をしたいものです(笑)

テレレレッレッテッテー
石田はCOUNT IFは使えるようになった!
レベル低っ(笑)

キャッシュレス覇権戦争

岩田昭男著書でNHK出版新書。

誰が300兆円消費市場を制するか?
脱現金社会で私たちは幸せになれるか?

これが帯に書かれていました。
序章、第1章から第5章、終章と分かれています。
序章 ドキュメント「ペイペイ祭り」
第1章 現金の壁を突破せよ!
第2章 キャッシュレス社会はアメリカで始まった
第3章 キャッシュレス先進国に躍り出た中国
第4章 「信用スコア」の衝撃
第5章 GAFAがすべてを支配する
終章 データ監視社会で身を守る

印象に残ったところ。
①消費税増税を機にキャッシュレス化は一気に進むだろうが、現金の出番はなくならない。
昨年の北海道胆振東部地震で証明されています。

②アメリカで生活をするには、クレジットスコアが重要。この点数が低いと引越しすらままならない。
ちなみにクレジットスコアは850点満点で、660点未満がサブプライム層。

③中国でキャッシュレスが進んだのはQRコードのお陰。QRコードはデンソーが開発したそうです。
そして、アメリカのクレジットスコアを進化させたゴマ信用。このゴマ信用のスコアが重要。
ゴマ信用の点数が高いと日常生活で様々なメリットがある。

④データ監視社会では、ネットに監視されている。
→そういえば、オススメの本やらニュースやら送られてくるな。これがネットに監視されているということなんだろう。

ボーッとしていると、情報が勝手に利用されていても気づかない。
チコちゃんに叱られるだけではなく、不利益被る訳なので、きちんと情報を仕入れ、整理しなければいけないです。
世の中のキャッシュレス化は、もう止まらないだろうから。
にも関わらず、きちんとした教育を受けられる訳ではないので、自分で知識を身につけなければならないのですから。

とってもためになった1冊でした!