FC2ブログ

2014年11月の記事 (1/1)

狸小路事務所

今月末をもって狸小路事務所を閉鎖しまして本店一本化となります。
といっても、明日・明後日は土・日となりますので、実質本日が最終日です。

1995年4月1日に藤原聖税理士事務所に入所いたしました。
今年の8月1日にすずらん会計事務所と合併いたしましたが、勤務先は変わらずこの地でした。
学卒以来19年8ヶ月ここで働きましたので感慨深いものがありましたね。
感極まるほどではなかったですけども、ハハハ。

今思えば、数多くの失敗。
そのことを思い出すと、冷や汗が流れます、滝のように。
こんな私でもここまでこの仕事を続けられましたのは、失敗を許してくれた寛容なお客様のお陰でした。
ありがとうございます。

多くはありませんが、お褒めの言葉をもらったことは、勿論覚えております。
なんせ私は褒められて伸びる子ですから(笑)

暦が12月に変わりましたら、新しい職場での勤務となります。
今後とも一生懸命精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



優勝パレード

福岡市でホークスの優勝パレードが行われました!
観に行きたかったのですが、資金的にチト無理であったので、YouTubeで映像を見て我慢(全国中継なんてありませんから)
日本シリーズの観戦と優勝パレードを観るのが夢です(2006年にはハムの優勝パレードは見たのですが、やはり贔屓チームのを観たいものです)

事前の発表では、1号車に王会長、2号車に秋山前監督でしたが、逆の乗車だったようです。
王会長の性格からすれば当然ですかね。
主催者発表ですが35万人の観衆。
前回の2011年は同33万人だったので今年の方が多かったですね。
日本一になった年で初めて主力選手の放出がなかったのが良かったのかな。

これまでの日本一と選手の放出。
1999年 工藤投手 FAで巨人へ。
2003年 小久保選手 無償譲渡で巨人へ、村松選手 FAでオリックスへ。
2011年 和田投手・川﨑選手 FAでメジャーへ、杉内投手 FAで巨人へ。

今年は平穏な気持ちでオフシーズンを迎えられます。
改めて、チームの皆さんありがとうございました!

日本の城 其の3 松本城

前回は白の城「姫路城」を取り上げましたので、今回は黒の城「松本城」を取り上げます。

この松本城も国宝4城のうちの一つです。
お堀と天守閣のコントラストが美しいお城です。

松本城は、もともと小笠原氏の居城でしたが、豊臣秀吉による小田原征討の後に石川数正が入封しました。
現在の天守閣を築城したのが、数正で完成させたのは子の康長です。
石川数正は徳川家の重臣だったのですが、出奔して豊臣家に入った武将。
関ヶ原の戦いでは東軍についたのですが、後に改易されます。
家康さんはしつこい性格ですからね。

私が行ったのは1回です。
①1996年10月

その時は、当時大町市に住んでいたM井くんの家に泊めて貰いました。
その上、松本城のある松本市まで、大町市から車で迎えに来てもらったっけ(感謝)
あっ、思い出したが、宿賃&ガソリン代も出していない!
厚顔無恥とはこのことだな(^_^;)
時効ということで、勘弁を。

また機会があれば、もう一度行ってみたいお城の一つなのであります。
その時には、M井くんに食事でも奢らないとな。

酎楽園

東京ドームホテル札幌で本日行われたイベントです。
今年で14回目の開催だそうで。
残業しないように日中一生懸命仕事しましたよ(笑)

110種類(泡盛含む)の焼酎と日本酒4種、梅酒4種にリキュール4種が飲み放題!
席に着く前に好きなお酒を手にするルール?のようで、最初は「紫の赤兎馬」(紫芋の焼酎)です。
鮭とばと漬物をアテに呑みながら宴のスタートを待ちます。

司会の松尾亜希子さん(AIR-Gのパーソナリティ)の乾杯で宴がスタート!
乾杯後に提供される焼酎や、料理の提供も始まり会場内はあちこちで行列です。

今日飲んだお酒は次の通り。
1.紫の赤兎馬
2.魔王(幻の焼酎!)
3.村尾(こちらも幻の焼酎!)
4.杜氏潤平(松尾さんのお勧め)
5.伊佐美(喉ごしやわらかで焼酎初心者にもお勧め)
6.千本桜(35年ぶりに復活の焼酎)
7.ほうらいせん自家製焼酎で漬けた梅酒

1~6は全て芋焼酎です。
魔王・村尾を除いて(小市民なので幻の~は先入観まみれだからです)口に一番合ったのは、「杜氏潤平」でした♪
普段は水割りオンリーですが、チェイサー片手にロックでいただきましたよ。

19時スタートの21時終了の宴。
2時間で7杯も飲んだのか。
うーん、飲み過ぎ(笑)

贈与の事実とは?

本業の話。
贈与が行われたら、贈与金額により贈与税の申告納付が必要となります。
平成27年1月1日以後、相続税の基礎控除引下げ等が行われるため、生前贈与のセミナーなどが大盛況の様です。

相続税の税務調査では、私も立ち会ったことがあるので分かりますが、子や孫の名義になっている預貯金・不動産が被相続人の生前に贈与された財産であるかが問題となります。
生前に贈与されたものではないと認定されれば、名義が子や孫でも被相続人の財産とみなされます。
この場合、相続財産の申告漏れとなるので、追徴課税です(このような対策する方は、大抵財産が多いので、追徴分の相続税も多額ですね)

では贈与とは?
「当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受託をすることによって、その効力を生ずる」(民法549条)
平たく言うと親が子に自分の財産の●●をあげるよと言って、子がそれを貰うよと返答すれば、贈与が成立します。
口頭でもよいのですが、前述の通り問題となるのは、親が亡くなった後の相続時点なので、書面がないと証明が難しいですね(双方の意思の確認が取れない)
ですから贈与契約書を作成することをお勧めいたします。

では契約書が揃えばよいか?
そうとも限りません。契約書は前提条件と考えてください。
①預貯金の場合  子の名義の預貯金口座へ振り込む。
この通帳・印鑑を親が管理しては×。貰った側が自由に使えないため、実質親の財産と認定されます。
②不動産の場合  必ず所有権移転登記をすること。
収益物件なら、預貯金同様に子の口座へ家賃等を入金させて、確定申告をすることが必要です。
③同族会社の株式の場合 当該法人へ株の異動届を提出するのが前提。配当を実施すれば、預貯金同様に子の口座へ振り込むこと。

上記のほかに、贈与税非課税枠内(暦年だと年110万円)での贈与とはせずに、少額の贈与税を発生させる贈与で申告納付をしておけば、より強固となるでしょう。

要は、自分が貰った財産であることを、第三者に時間がたってからでも証明できる体制が必要です。
面倒かもしれませんが、相続税の負担を軽くするためには必要な行為なのです。

相続税の基礎控除が下がっても、私には関係ありません。
どの道、相続税発生しませんから、残念!

ファンクラブ会員

ホークスのファンクラブ会員継続更新手続きを完了しました。
日本一になったので継続を決めました。

入会グッズは、キャリーバッグを選択。
毎年なのですが、ここの入会グッズはお得なのですよ。
去年はパーカー、一昨年はリュックでした。

来年は工藤新監督なので選手起用と投手の育成に期待です。
何試合ホームゲームを観られるだろうか。
できれば、鷹の祭典がいいのだが。

FAには参戦しないでほしいな。切実な願いです。
オリックスの金子投手、宣言残留でチームの優勝目指そうよ!

補強するなら、ホークスへ出戻りの川﨑選手で(日本に戻るのなら和田投手も)

耐用年数

久しぶりに真面目な話を。

全国各地でゆるキャラが出現しています。
あの着ぐるみ(?)なんですが、結構なお値段がするようで。

企業のキャラクターでこの着ぐるみを作ると金額的に固定資産になってしまいます。
固定資産になると減価償却費で費用計上しなければなりませんが、耐用年数が何年かわからないと償却費の計算ができません。

税務署のお偉いさんとお話できる機会がありましたので、この質問をぶつけてみました。
耐用年数は次のうちどれでしょう?

A.2年
B.3年
C.5年






正解は、Aの2年です。
「器具備品」のスポーツ・娯楽の「演劇の衣装」と同様に考えられるそうです。
定率法だと耐用年数2年の償却率は100%だから期首に購入すれば、一度に全額損金処理できる!

今日の話は、なんか会計事務所の職員のようだな(笑)

コンサドーレ!

札幌ドームで行われたJ2のコンサドーレ札幌VSカマタマーレ讃岐の試合を見に行きました。
所長がチケット(しかもSS席)をくれたのです。
私が優秀 残念な職員だからでしょう。
部下のモチベーションを上げるために上役は大変ですね(笑)
所長、どうもありがとうございます!

今朝の「マハトマパンチ」のコーナーで大森さんが残り3試合全勝しなければプレーオフ進出は無いと断言。
勝つために皆さんの応援が必要と言っていましたので、にわかコンサファンになり応援しましたよ(2日連続のにわか)
相手が讃岐でカマタマなので、ステラプレイスのうどん四国にて釜玉うどんを験担ぎに食べてから観戦。

札幌ドームでJリーグを観戦するのは初めてです。野球観戦の時と違う風景でした(当然か)
試合は、前半16分に相手チームにゴールを決められ1点を先制される苦しい展開。
このまま攻め手を欠き前半を終了。
観衆12,954人の殆どが当然ながらコンサのファン。その声援を受けて後半開始から攻勢に転じます。
実を結んだのが後半5分。
FW都倉選手のゴールで同点!
球場のボルテージも上がります。その後も惜しい攻撃があったものの、結局この1点どまりで試合終了。
1-1のドローで勝点1の上積みにとどまりました。残念。

試合以外の感想。
①野球観戦と違いビールなどの売り子さんがいない。
 ウロウロされると観戦の邪魔だからなんでしょうね。フィールドを縦横無尽に動き回るスポーツですからね。
②サポーターの声援(歌声?)が90分間途切れない。試合終了後は喉ガラガラでしょうね。

小野伸二選手はいつから出場できるのかな?
選手の皆さん、諦めずに残り2試合全勝してください。ゴール裏で90分間声援を送り続けているサポーターのためにも。

にわか鉄ちゃん

クラブツーリズムの日帰りツアーに参加しました。
「今年ラストラン! SLクラブツーリズム号」です。
クラブツーリズムで貸し切ったSL(ニセコ号)列車に乗車して、札幌から小樽へ約50分の列車旅。

朝9時15分に発車なのですが、参加者は皆さんギリギリまで車体を撮影していましたね。
私は、にわかなので申し訳程度に1枚撮影しました。。。

道中、まずお鮨が振る舞われます。福鮨さんの握り8貫。
朝食から鮨とはなんて贅沢!
残念ながら大好きなウニはありませんでしたが、旬のシャコや、ズワイガニ・イクラ・ソイなど。美味しかったです\(^o^)/
そうそう、昨日所内会議の後に懇親会で「和風回転すし扇」さんで美味しいお鮨を頂きましたので、2食連続のお鮨なのですよ。
今週は残業続きだったのでプチ御褒美なのです。

お鮨を頂いた後は、おたるワインの振る舞いです。赤・白1杯ずつ。白ワインは甘口でしたが美味しく飲めましたよ。
お代わりもいただいたので合計3杯。朝から飲むには多いか(汗)

途中の海岸沿いを走った時の車窓からの眺めで沢山のサーファーを発見。寒くないのでしょうかね?

約50分の乗車も終わり小樽駅に到着後はホームにて団体記念撮影。
真ん中で旗もって座りました。なのに購入を見送り、ハハハ。
登録有形文化財「小樽駅舎」の旧駅長室を見学。普段は見ることができないところを見られましたので満足!
小樽老舗スイーツめぐりクーポンを渡されて、ここで解散。

スイーツは、「新倉屋」さんで花園だんご2本(あんこ、しょうゆ)、「桑田屋」さんでぱんじゅう2個(チョコ、クリーム)、「あまとう」さんでマロンコロン1個(カカオ)を引き換え。
それぞれの店舗に行っての引き換えなので、晴天の小樽市内を歩きました。気持ち運動不足の解消。
ぱんじゅうをその場で食べて、後はテイクアウト。
初めて食べたぱんじゅうはウマし。出来たてだと温かくてもっと美味しいんだろうな。

晴天とは言え、11月の小樽なので風も冷たく、体が冷え切ってしまいました。
ランチを「藪半」で蕎麦。
板わさをアテにランチ日本酒(呑み過ぎじゃ)
蕎麦は冬季限定のカキ蕎麦。体が温まりました。

ん、SLの話より飲食の話の方が多くなってしまった。
まあ、「にわか」だから仕方ないか(笑)

秋の叙勲

叙勲受章者が発表されました。
その中で気になった人を。

まずは黄綬褒章受章の小野次郎さん。
「すきやばし次郎」の店主です。
オバマ大統領が来日した時の会食の場になった鮨店でしたね。
購読している読売新聞の「時代の証言者」で手記を書いていたときから一度行ってみたいと思っていたのですが。
まず予約が取れない。次にお値段が。で現在に至ると(笑)
御存命の間に行きたいのですが、難しいだろうな。
うちのスタッフの誰かさんみたいに万馬券が当たれば行けるのだが(笑)

次は、旭日小授賞授賞の水島新司さん。
言わずと知れた「ドカベン」の作者です。
最初に買ってもらった漫画コミックがこのドカベンでした。
留守番の御褒美などで買い増ししてもらえましたね。
自分が読んでいた漫画を認めて貰えたようで嬉しいです。ん、ちょっと違うか(笑)

最後は、紫綬褒章受章の桑田圭祐さん。
御存知サザンオールスターズのボーカルです。
受章の言葉で御自身の歌を「下劣な~」と表現していましたが、その下劣な歌の信者の一人でございます(笑)
あのC調な曲調がいいんですよね。
こちらも、自分が好きな歌手を認めて貰えた感がして嬉しいです!

自分自身受章する事は100%ないでしょうけれど、この方たちの仕事に対する姿勢を見習って、少しでも周りの役に立てるよう精進する事を誓いまする。