FC2ブログ

2015年09月の記事 (1/1)

平成の三冠王の決断

今日の午後、ネットで「ホークス・松中引退」の記事が。
発信元は時事通信社。
球団公式ツイッターは否定。

そんな中、松中選手の記者会見が行われ現役続行希望のため球団に頼み自由契約にしてもらったとのこと。
功労者なので、進退を球団からは一任されてましたから。

ファンとしては、ホークスで選手生活を全うして欲しかったのですが、活躍の場を求めて退団を決意したのですから、来シーズンも頑張ってください。
くれぐれもホークス相手の恩返しは程々に(^^;;

松坂からの3連続ホームランや大一番での大ブレーキ(笑)など、松中選手の思い出は数多くあるのですが、中でも一番印象に残っているのは2011年のCS2st第2戦。
地元ヤフードームで西武ライオンズとの対戦。
有休使ってドームまで観に行ってました。
8回裏の満塁のチャンスに代打で登場し、西武の牧田投手から満塁ホームランを放った打席。
CSの呪縛から解き放つこの一打を目の当たりにして、鳥肌が立つほど感動したのを覚えています。

松中選手のように自分で進退を決められる選手は幸せな方なんでしょうね。
非情にも「戦力外」宣告で引退を余儀なくされる選手も多数いる訳ですからね。

現役続行を選んだからには、残りの試合は引退セレモニーではないので、チームの勝利に貢献してくれ。
頼むぞ、信彦!
ホークスで数多くの感動を与えてくれてありがとう!
スポンサーサイト



石田食堂 #7 コーン鍋

3月と9月の年2回、カゴメより株主優待が届きます。
今回の株主優待の中にあったコーン鍋のスープ。
材料揃えて切って、このスープと一緒に鍋に入れるだけなので作ってみました。

コーン鍋の作り方に書いてあった材料
鶏もも肉
ソーセージ
キャベツ
しめじ
ブロッコリー
トマト
じゃがいも

トマトがあるのは、カゴメだからでしょうか(笑)

美味しさが伝わらなければ、それはカメラの腕のせいです(T_T)
味は仄かにコーンスープで、濃すぎなかったのが良し。
クリーム系は味が濃すぎると後半飽きてしまいますから(^^;;

締めはリゾット。


これがサイコーでした(^O^)
鍋の締めでなくとも、最初からリゾットにしても良いです。
このコーン鍋のスープは。

これから鍋のシーズンに入りますので、何度もお世話になること間違いなし。

恒例!福岡遠征 2015後編

今日は福岡での食事について記載します。

と言っても、19日は球場でのジャンクフード、21日は朝のバイキング料理のみ。
なので、20日のランチ&ディナーの紹介。

ランチは西新のウエスト。
ごぼ天+丸天うどん。


博多はラーメンの印象が強いが、博多っ子はうどんも負けじと好む。
タモさんが、いいともで言っていました(笑)
特徴は、讃岐うどんと真逆のこしの無さ。
これが美味いんです。
まだ博多のうどんを食べた事のない方は、一度ご賞味あれ。

夕食は、ふぐの大将いし松。
このお店は、博多華丸の本「食べずに終われんばい!」で紹介されていました。
ホークス優勝祝賀会ということで豪華な食事です。
注文したのはふぐコース。
このお店では、通年ふぐ料理を楽しむ事ができます。
扱うのは天然のとらふぐだそうで。

画像のてっさは肉厚で美味しかった〜
コースはこの他に、白子蒸し、てっちり、雑炊です。
華丸推奨の白子焼きは、入荷無しとのことで断念。
ホークス戦が消化試合となったので、このふぐ料理がこの旅のメインイベントとなりましたよ。

2泊3日の福岡遠征。
天候に恵まれ、仕事のストレス解消です。
連休明けからも頑張れそうです(^o^)

恒例!福岡遠征 2015前編

シルバーウィーク。
折角ある連休なので、19日から2泊3日福岡旅行を敢行。
これは、2000年から続いている恒例行事なのです。

ホークスファンクラブ特典チケットを利用しての野球観戦。
この旅行唯一の観光です。
マジック点灯した時は、この19日の試合が優勝決定試合となるか!とドキドキしていましたが、順調すぎて優勝後の消化試合(T_T)
それでも福岡ヤフオク! ドームは満員御礼となっていました。

気楽に観戦できたので、精神的には良かったかな(^^;;


サファテが9回をしっかり抑え完封リレーで勝利!
ロッテ戦の勝ち越しを決め、パリーグ全球団に勝ち越しとなりました(≧∇≦)

お約束の勝利の花火。
アットホームの協賛です。

実際はこの画像より数段綺麗。
ちなみに花火は打ち上げではなく打ち下ろしです。
試合中、花火職人が上で待機しているのですから、負ける訳には行きません。

今日の戦利品。

ヘルメットは、フライドポテトの容器。
優勝特別仕様!なので持ち帰りました。

明日は福岡食事編を掲載します。

日本の城 其の15 高知城

今回取り上げるのは土佐の名城・高知城。
築城者は、司馬遼太郎の小説「功名が辻」で有名な山内一豊です。

秀吉に取り上げられ、長浜城主から掛川城主と出世した一豊は、関ヶ原の戦いで家康の東軍につきます。

三成挙兵の知らせを聞いた家康は、小山で会津攻めに従軍していた武将の前で「豊臣恩顧の武将は戻って三成側についても良い」と言います。
三成憎しの秀吉子飼い武将・福島正則が真っ先に家康側につくことを表明すると、次いで一豊は自分の居城・掛川城をつかって欲しいと申し出ます。
道中の休息場&兵糧を手に入れることができた功績で、関ヶ原の戦い後、家康から一国を拝領することとなりました。

土佐には元々長宗我部氏の居城・岡豊城がありました。
長宗我部氏の主従関係は絆が強かったため、新領主として乗り込んだ一豊にとっては不穏な城。
そのため新城築城に迫られます。
築城する候補地は水害多発地帯。
築城と共に治水工事も取り掛かる大規模なものとなりました。
苦難の末、五層の天守閣の高知城は、2代藩主の時に目出度く完成となりました。

城内には、板垣退助の像と一豊の妻・千代の像はありますが一豊の像はありません。
これが一豊の仁徳(笑)
山内家の家臣を上士・長宗我部の旧臣を郷士と身分を分けて差別政策をしたせいでしょうね(他藩より厳しい身分差別だったようです)

私が訪れたのは2回。
①2002年6月
②2006年9月

2回目の時は台風の最中。
城を訪れた日は台風一過でしたが、帰りの飛行機が遅延したため、空港内の飲食店で酒盛りした記憶があります(笑)

機会があれば再訪したいですね~

史上最速V

優勝マジック1の我がホークスは本日ヤフオク! ドームで埼玉西武ライオンズと対戦。
NHKBSで中継しているのでテレビ観戦です。

初回、主将内川のタイムリーで1点先制\(^o^)/
4回には松田・長谷川の連続ホームランで2点追加。
6回には敵失と犠飛で2点追加。
西武打線を先発武田以下、森・五十嵐・サファテで3点に抑えて勝利しましたヽ(≧∀≦)ノ
1965年の南海、1995年のオリックスの9月19日を上回るパ・リーグ最速Vです。

ゲームセットと同時に流した内川の涙。
彼は今年4番&主将と重責を担っていたので、ようやく重圧から解き放たれたのでしょう。
頑張った男の涙は美しいです。

就任1年目の工藤監督。
9回宙を舞いました。
この胴上げシーンをみながらビールで祝杯です♪

85勝38敗4分で2位に14.5ゲーム差をつける独走での優勝。
今年はCS辞めて欲しいです。
何故なら不安感の方が大きいのですよ。
ホークスファンにとってのCSは。トラウマなのです(T_T)
でも、今日は先のことを考えず優勝を喜びます。
選手の皆さん感動をありがとう。

さあ、ニュース番組のハシゴだ!

スタッフAの晴れ舞台

本日は、我がすずらん会計事務所のホープ・知る人ぞ知るスタッフAこと荒井さんの結婚披露宴。
生憎の雨でしたが、部下の晴れ舞台なので喜んで出席しましたよ。

過去に大雨の披露宴に出席したことがありすが、そのご夫婦は1男1女に恵まれ家庭円満ですから吉兆のしるしだよ🎶

お相手はカシオに勤務している11歳年下の可愛らしいかたです。
才色兼備妻で羨ましい限りですな~

にも関わらず彼は、自身の6月のブログで「結婚して運気が下がったような…」などとふざけたことを宣わっていました。
正確な言葉を使うと「結婚するために運を使い果たした」だよ、荒井クン。

最初は和装。

凛々しいぞ、荒井!

プロポーズの様子をアナ雪仕立てで。

見づらいかな。

ラストはケーキ入刀。


画像はないですが、最後新郎の挨拶も良かった。

結婚おめでとう!
末永くお幸せに!!

オータムフェスト 〜2015

職場の近くにある大通公園。
春夏秋冬、色々なイベントが行われています。
夏の「大通ビアガーデン」、冬の「雪まつり」は有名ですが、秋には「オータムフェスト」が開催されます。
その開催日が本日。
終業後、一目散に会場目指しましたよ、遊びだと動きが俊敏です(笑)



まずは、ワールドフードパークの11丁目会場。

チキンのテリーヌ&赤ワイン チリ産カベルネ・ソーヴィニョン。
大変美味しゅうございました(≧∇≦)

お腹を満たすため、トルコ料理ケバブのメニュー「チキンケバブ丼」を赤ワイン・スペイン産と。

もう少し熱ければ、より美味しく感じたのですが。残念。

河岸かえて10丁目。
東北・北関東グルメブースの煮込みほうとうをビールで食しました。
が、食欲が勝り画像撮り忘れ(T_T)
味はgood!
気温が下がれば有り難みが増しますね。

酔いが回ってきたので、本日はここまで。
10月4日まであるので、期間中数回訪れそうです!

明暗

ここ最近、来年のリオデジャネイロ五輪の予選となる大会が開催されていますね。
2つの大会で明暗分かれました。

まず、「暗」は女子バレーボール。
W杯で2位以内に入ればオリンピック出場権が獲得できます。
しかも開催場所は日本国内。
TVもフジテレビ系で地上波中継されるなど注目度が高かったのですが。
まず前半戦の山場と銘打ったロシア戦に敗戦。中盤戦ではセルビアに苦杯。
そして、昨日アメリカに敗北し3敗となったため、上位2位以内に入れず最終日前にして出場権を逃がしてしまいました。
出場権獲得は来年5月に開催される世界最終予選までお預けです。
東京で開催されるようですから大丈夫かな。
中国がこのW杯で出場権獲得すればアジア枠の関係でより万全となりそうです。

一方、「明」の方は女子バスケットボール。
アジア大会が五輪予選を兼ねていて優勝すれば出場権獲得となります。
バスケットボールは、御承知の方も多いと思いますが、協会のゴタゴタで8月まで国際大会への出場停止処分となっていました。
当然、例年に比べ日本代表チームとしての準備は不足していたでしょう。
しかも、アジア大会の開催場所は中国で、決勝の対戦相手は中国。
厳しい条件てんこ盛りのなか、攻守に圧倒して中国を倒しアジア大会を連覇&五輪出場権獲得となりました*\(^o^)/*

バレーボールはロンドン五輪で銅メダルを獲得していましたので、今回のW杯参加国では実力的に上位だと思われます。
対してバスケットボールは、前回のアジア大会優勝国ですが、世界ランクで中国・韓国より下位。
それでも結果は前述のとおりです。
やはりメンタルなんでしょうかね、最後にものを言うのは。

積極思考・プラス思考、そして自信を持つことが大一番で成功のカギとなるのかな。

裏付けの無い自信は過信に変わります。
日々の努力が真の自信に結び付くのだと思います。

言葉にするのは簡単なんだよな(^^;;
よしっ、毎日頑張りますか。
確固たる自信を身につけるために。

軽減税率と給付金

2017年4月の消費税10%導入時に増税の負担軽減策として財務省案が明らかになったようで。
今朝の新聞の一面で報じられていました。

与党(特に公明党の強い主張)は、食料品を中心とした生活必需品の税率を据え置きもしくは引下げとする軽減税率の導入を掲げていました。
今回財務省が提案したのは、世帯構成・所得に応じた給付金額を算定して年に一度給付するという案。
財務省の思惑として、軽減税率だと、対象品目が広がれば広がるほど税収が落ち込む。
しかし、給付額を抑える仕組みを作れば、支出を抑え結果的に税収の落ち込みが防げるというものだそうです。
元々軽減税率導入に消極的だった自民党は、この案だと対象品目の線引きに悩まされず、事務作業の煩雑さで軽減税率反対の財界の機嫌も損ねずに済むので賛成の立場。
公明党も支持者である低所得者層への対策が給付金でも取ることが出来るのなら賛成に転じるようで。
一方問題点も書かれていました。
①消費者は購入時に軽減されている実感が無い。
②実際の食料品等の購入額に応じた給付金額でないためバラマキになる可能性あり。
③所得の把握が完全ではないので、給付の公平性が保ちにくい。

このうち、②についてはマイナンバーの活用で、対象品目購入額が把握できるから将来的にバラマキとはならないと財務省は考えているそうです。
嫌ですね。
給付金欲しければ買い物内容まで国に知らせろ!と言っているのと同じです。

そもそも消費税増税するのは、国の借金を減らすことと、膨大に膨れ上がる社会保障費の財源確保のため、広く税負担をお願いする事を目的としていたはず。
軽減税率の対象を広げたり、給付金支給するとなると、この目的達成のため更なる増税や社会保険料負担の増加が考えられます。

8%への増税時に、増税なんかしてほしくは無かったのですが、それでは立ち行かなくなるからと言われていたので仕方がない(安倍首相が自民党総裁選に出馬した時には、消費税増税廃止も視野に入れると言っていたので期待したのですが)なと。
だから私の考えは、負担軽減策が必要なら、できるだけ小さい規模での軽減税率導入かな。

最後に。
新聞の論調では、食料品を前面に出して軽減税率導入を求めています。
一方で、これまで軽減税率対象品目に新聞も入れることを要求していました。
理由は、「民主主義の根幹をなすために新聞・書籍は税率を抑えて守らなければならない」だったかな。
朝刊だけを定期購読していますが、現在の料金は3,355円。
このうち消費税は248円。10%の税率では305円。57円1ヶ月に増えることになります。
57円の価格UPで新聞の売れ行きが落ちるのかな(笑)

更なる増税を防ぐためにも、「軽減税率の対象品目に新聞を!」という要求を取り下げる気概を持ってもらいたいものです。
以前導入された「銀行税」のように特定業種狙い撃ちではないのですからね。

時効取得

先日、弁護士のY先生との話で出てきた言葉。
私は全然知りませんでした。
その時は意味を聞きそびれたので調べてみました。
間違っていたらごめんなさい

(時効取得)
他人の財産を自己の所有として公然とふるまい、10年or20年継続していれば、時効の取得として自分のものとできる。
10年と20年の違いは判りません(^^;)
例えば、他人の土地の上に地代も払わず建物を建てて20年経過すると、裁判で時効取得を主張すれば土地を自分のものにできるのです。
地代を払っていると他人の土地との認識ですから、自己の所有として公然とふるまっていないこととなるので、何年住んでいても自分の土地とはなりません。当然です。

私の旭川の実家。
裏の土地が30年以上更地でした。
しかも当時買い取りたい人がいたのですが、所有者と連絡がつかず買えなかったとか。
この時に建物を建てて住んでしまえば、10年以上前に所有することができたのでしょう。
まあ、その前に所有者が現れて、退去の要求をされれば建物取り壊し費用が掛かりますけど(-_-;)

不動産を時効取得で目出度く自分のものとできた場合、税金関係がどうなるのか。
この時効により取得した年に一時所得として所得税がかかります。

使用していない土地をお持ちの皆さん。
不法に使用されていないか、1年に1度確認に訪れたほうが良いですよ🎶