FC2ブログ

2016年04月の記事 (1/1)

熱しやすく…

最近、色々な研修を受ける機会がございまして。
知りたくもない自分自身の欠点・短所などを思い知らされています(T . T)
自覚症状があるのは根気のなさ。

過去を振り返ってみると。
短期決戦といえる学生時代の学期テストは、不得手では無かったな。
せいぜい1・2ヶ月の間に授業でやった事からの出題ですから。
しか〜し、1年くらいかけて取り組まなければならないものは苦手(資格試験etc)
上手くいったのは、大学受験くらいでしょうか。
それでも一浪してますがf^_^;)
長丁場の研修なんかも途中で飽きちゃいますしね。

趣味でも一緒。
部屋を整理したところその証左が。

観光地などで販売されている「ご当地チョッパーマン
一時期一生懸命集めてました。
時には友人の協力も得て。その数34個!
現在は、収集熱が冷めたので増えません(笑)

そんな熱しやすく冷めやすい私が、このブログを1年超も続けています。
ホント驚き。
これもひとえに拙文を読んでくださる皆様のお陰デス。
特にリアクションくださるI島さん、Y崎さん、友純さん、Y村さん、D岐さん。
ありがとうございますm(_ _)m

根気のない子ですが、これからもユル〜い感じで続けますので、お時間がある時に当ブログにお立ち寄りくださいませ。

オマケ。

これは34個の中で、お気に入りベスト3。
左から、秋田・竿灯祭り、鹿児島・黒豚、加藤清正
スポンサーサイト



財務諸表 ~安全性④

これまで、自己資本比率、流動比率・当座比率、手元流動性について説明してきました。

今回は幾つか補足を。
一つ目は有利子負債。
これは利息を付けて返済しなければならない負債。
流動負債の中の短期借入金、固定負債の長期借入金・社債・リース債務です。
厳密に区分すると、固定負債の長期借入金等の内、一年以内に返済期日が来るもの「一年内返済予定の○○」へ振替計上して流動負債に持ってくるのですが、中小企業の実務では行っていないところが殆どです。
この合計金額が自己資本と比べてどのくらいの割合かというのが、D/Eレシオ(デット・エクイティ・レシオ)といいます。
一般的に1.0倍を下回ると問題ないと言われています。

二つ目は資金負担。
これは(受取手形+売掛金)-(支払手形+買掛金)で計算できます。
何故これで資金負担が見えるかというと、最初の受取手形と売掛金はまだ回収していないもので、後の支払手形と買掛金は支払いを猶予してもらっているもの。
キャッシュフローの観点から言うとどちらも現金が動いていない状態だからです。
なので、プラスが大きければ大きいほど資金負担が重くなり、マイナスが大きければ大きいほど資金負担が軽くなります。

三つ目は棚卸資産(在庫)
棚卸資産とは、仕入れたけれどまだ売れていないものの金額を言います。
この棚卸資産は売上高に対しての比率でチェックする必要があります。
売上高が減少しているのに、在庫が減っていない、もしくは増えている。
こんな時には、不良在庫や架空在庫(粉飾決算)がある可能性が高まります。

安全性について4回に分けて説明しました。
お役に立てれば幸いです。
自社の分析は勿論、新規取引先・M&Aするときに、どうぞご活用ください!

HUNTER×HUNTER

先週のことですが、我が愛読書「ジャンプ」誌上にHUNTER×HUNTERが戻ってきました!
なんと1年8ヶ月ぶり。
腰痛を理由に休載して1年8ヶ月。
随分長い間腰痛を患っていたな〜(笑)
待ちくたびれたよ。

再開後の先週号・今週号で、まだ主人公のゴンが登場していません。
焦らします。

先週号の展開ではクラピカ中心となるのかと思いきや、今週号ではヒソカとクロロの死闘。
ヒソカに勝って欲しいが。

それにしても、再開後は伏線回収に走っているように見えます。
ということは今編終了で最終回か?

私の望みは、休載せずに今編を書き上げてくれることです。

ゴンが父親のジンと会うことができたところで最終回と出来たのに、連載を続けたのだから、全うして欲しいですし。

ジャンプに楽しみな漫画が、また一つ増えましたよ。
なので、ヒソカとクロロの死闘に決着つかずに、再び休載!なんてことだけはよしてちょ。
という訳で、ジャンプを卒業するのは当分先のことになりそうです(笑)

財務諸表 ~安全性③

前回は、流動比率と当座比率について書きました。

流動比率や当座比率よりも短期的なスパンで資金繰りが続けられるかを見ることができる指標を今回は記載します。
それは「手元流動性」という指標。

(算式)
手元流動性=(現預金+流動資産の有価証券)÷月商

これはすぐに使えるお金がどれだけあるかを示す指標です。
結局のところ会社が潰れるのは流動負債が払えなくなった時なので、すぐに使えるお金を示す手元流動性が重要となります。
手元流動性の安全基準は、中小企業の場合だと1.7ヶ月分くらいと言われています。
中小企業は、少ない資金でも金融機関からの調達に1・2週間必要となるケースが多いので、大企業よりも多く必要となるのです。

会社がすぐに使えるお金が一番少なくなる日はいつでしょう?
多くの会社では、給料日もしくは給料日から月末にかけてです。
なので、この時期に手元流動性が1.7ヶ月、最低でも必要。
場合によっては、借金してでも手元流動性を高めておく必要が出てきます。

さて、安全性はどの順序で見ていけばよろしいでしょうか?
①手元流動性
②流動比率または当座比率
③自己資本比率
の順番です。

何故なら、どんなに自己資本比率が高くても短期的な資金繰りができなければ会社が潰れるからです。
いわゆる黒字倒産。
それを避けるためには、現預金をどれだけ確保できているか。
不況期には最も重要になりますから、金利負担が重荷とならない範囲で借金して現預金を多く保有する事も必要な手段なわけです。

5年ぶり!

ホークス和田投手。
敵地の千葉ロッテ戦で5年ぶりの完封勝利。
残業していたんで、中継を観られたのは8回から(T . T)
この8・9回は危なげなし!でしたね。
試合後のハイライトを見たところ、どうやら3回に満塁のピンチがあったようで。
それでも好打者・角中選手を三振に。
メンタル強いし、若手捕手を育てながら完封を飾るなんて、素晴らしいの一言デス。
見習いたいものです。

ワッチ、メジャーから戻ってきてくれてホントありがとう!

これでチームは8連勝で単独首位!
注目された柳田は四球が無かったので、連続四球が18試合の日本タイ記録でストップ。
日本新記録ならずでしたが、最後の打席に四球を狙わず、初球を打ってヒットにしたギータの姿勢がとても大好きです(笑)

サッポロビール博物館 特別貸切見学

クラブツーリズムの日帰りバスツアーに参加しました。
担当している2月決算法人の決算業務も順調に終わったプチご褒美です。

サッポロビール創業140周年を記念したツアーで、4月21日にリニューアルオープンするサッポロビール博物館のプレミアムツアーを一足先に特別貸切見学できるもの。

行程
札幌駅→札幌場外市場→白い恋人パーク→サッポロビール博物館→札幌駅

札幌場外市場と白い恋人パークでは買い物目的。
ですが買い物に興味ない私は、所在なげにブラブラしていただけ。

8時出発から11時になって漸くお目当のサッポロビール博物館。

プレミアムツアーは、現地ガイドさんの案内でまわります。
最初は3Fのプレミアムシアターにてワイド6K映像を見ます。
ビール醸造職人・中川清兵衛の物語。
ビール作りは明治政府による国策。
先駆者ならではの苦悩がわかりました。
6K映像とフツーの映像の違いはわかりませんでしたが(^^;;
次に2Fのサッポロギャラリーで開拓史からのサッポロビールの歴史を教わります。
学んだ後は、1Fでお待ちかねの飲み比べ。
中川清兵衛が苦労して作ったビールの製法を再現した「復刻札幌麦酒」と「黒ラベル」の飲み比べ。


左が復刻ビール。
違いをキリンで例えると、左がラガーで右が一番搾り。
私は黒ラベルの方が好きかな(;^_^A

最後は、隣接のビール園でランチ。
ジンギスカンで勿論生ビール付き。

生ラムなので、柔らかく美味しいお肉。
そしてビールはというと

クラシックです。

昼間から3杯もビールを呑んだので、ほろ酔い気分。
気分がリフレッシュできた日帰りバスツアーでした。

財務諸表 ~安全性②

前回は自己資本比率について説明いたしました。
自己資本比率が高ければ会社が潰れないかというと、そうとは言い切れません。
会社は、どんな時に潰れるか。
赤字だから?
いえ、負債それも流動負債が支払えなくなると潰れてしまいます。

そのため短期的な安全性を調べる指標をチェックします。
一つ目は、流動比率
(算式)
流動比率=流動資産÷流動負債
流動負債とは一年以内に支払わなければならない負債。
この流動負債に対する流動資産の比率を計算すれば、短期的な安全性を調べられます。
一般的には120%以上あれば安全と考えられています。

二つ目は、当座比率
(算式)
当座比率=当座資産÷流動負債
当座資産とは流動資産の中でも、より現金化しやすい資産のことを言います。
現金預金・受取手形・売掛金・有価証券。この合計金額から、貸倒引当金を控除したものです。
一般的には90%以上あれば、安全だと考えられています。
小売業のように日銭が入ってくる業種では、70%以上でも問題ない場合が多いです。

重要なのは、正規の会計処理をしているかということ。
売掛債権の中に不良債権や粉飾した架空のものがあればダメ。
新しく取引を始める取引先の決算書を手に入れるときは、3期分を手に入れて売掛債権の推移を確認することが大事です。
当然ながら、自社の分析のためには、正しい会計処理をしないと正しい数値となりませんので意味がなくなります。

3度目の正直⁈

今年からホークスに復帰した和田投手。
ホークス復帰後初勝利&チーム勝率5割復帰を賭けての登板。
今シーズン3度目の先発デス。

しか〜し、相手は打線好調の埼玉西武ライオンズ。
しかも場所は、敵地・なんちゃってドーム(笑)の西武ドーム。
その上、相手先発投手は2013年以降ホークスに負けていない、エース岸。

これだけ不利な要素が揃っているにも関わらず、バッテリーを組むのは若手捕手の斐紹。
生え抜き捕手を育てるため。
工藤監督が現役時代に城島捕手を育てたので「夢よ再び!」ということなのでしょうが。

そんな私の不安もなんのその。
6イニングを中村のソロホームランの1失点。
打線も岸から小刻みに得点を重ねます。
7回からは得意の継投。
ブルペン陣は、西武に得点を許さず。
4-1のスコアで見事勝利を飾りました*\(^o^)/*
バッテリーを組んだ斐紹もホッとしたことでしょう。
試合前まで今季スタメンマスク5戦4敗の勝率0割でしたからね(苦笑)

今シーズン初めてカード頭を取れたし、不振だった柳田にもホームランが出たし、これから首位の千葉ロッテを追撃だ!

和田投手、今シーズン初勝利おめでとう!
次の登板も頼みましたぞ。

財務諸表  ~安全性①

先日のセミナーを受講して、当ブログでもお役に立つ情報を発信しようと思い立ちました。
根気のない子(笑)なので、いつまで続くか分かりませんが、頑張ってみますね。

財務諸表の見方、まずは「安全性」について。
週1回程度の全4回に分けて載せようと思います。
このブログを見ている経営者の皆さん、お手元に決算書をご用意ください(笑)
安全性は貸借対照表を見ると分かります。
貸借対照表の右側は「資金の調達」で左側が「資金の運用」を表しています。

「安全性」を分析するときのチェックポイントの一つ。自己資本比率についてです。
これは中長期的な安全性を見るための指標と言えます。

(算式)
自己資本比率=純資産÷資産

貸借対照表の右下。
ここが純資産の部となります。
右上は負債の部。
負債の部は、その名の通り返さなければならない資金の調達方法。
対して純資産の部は返さなくて良い資金の調達方法です。

ということは、自己資本比率は、資産に含まれる「返さなくても良い資金の調達方法」の割合です。
なので、継続して事業や会社を続けられるかどうかを示します。

この自己資本比率、製造業では20%以上、商社や卸売業は15%以上あると安全です。
皆さまの会社はどうでしょうか?
永続企業を目指すためには、内部留保を高めて自己資本を厚くしましょうね。

会計事務所経営支援塾

東京の会計事務所である古田土会計事務所主催のセミナー。
昨日から開催の月1回1年間続くもので、所長が申込していました。
長丁場です。
その最初の講義でもあるのに参加するはずの所長は所用があって欠席。
忙しい所長の代役として、スタッフ3名で参加いたしました。
場所は東京都江戸川区西葛西。
隣りの南砂町に浪人・大学と計5年住んでいましたので、懐かしの場所。

さて初回の今回は概論。
会計事務所は、単なる会計(記帳代行)・税務だけから脱却しなければならない。
月次決算書と経営計画書を使って、お客様の経営支援に努めていかなければならない。
経営計画書の作成が不慣れなお客様に対しては、一緒に作っていくことが必要。etc

お客様に伝えてほしいことと言われたのが次のこと。
①戦略を作るのは社長の役目。
 戦略の誤りは戦術ではカバーできない
②販売計画
 計画より実績が大きい場合 ⇒より伸ばす、注力を傾ける。需要があるのだから。
 計画より実績が小さい場合 ⇒テコ入れは1・2回。改善されなければ撤退。
 多くの経営者は逆をやってしまっている。
③粗利益率の高い商品は数を重視。粗利益率の低い商品は価格を重視。

そして、儲かっている会社の共通点。
それは「他にはない」商品・製品・サービス。
真似されづらいので、利益が長期間にわたる。

朝8時の便で東京へ行き、夜8時の便で札幌に戻るという強行軍でしたが、学ぶことが多かったセミナーでした。
しかも得るものが多かったですね。
それをお客様に還元できるように、頑張ってまいります!

びっくりぽんや!

NHK朝ドラ「あさが来た」がとうとう終わってしまいました(T_T)
朝から元気を貰えて、見ていて楽しいドラマでしたよ。
視聴率にも表れていたようで、期間平均視聴率が、今世紀NO.1になったとか。
早朝出勤のため、12月の中旬から2月の中旬まで見ることができず。
いつの間にか五代さんが居なくなっていたので、びっくりぽんや!でしたね。
お陰で、五代ロスとならずに済みましたが(笑)

主人公の白岡あさは、江戸の末期の女性らしからぬ、商いに関心が強い人。
キャリアウーマンの先駆者といったところでしょうか。

そして、あさは現代のキャリアウーマンにとって理想の境遇にあった女性と言えるのでしょうねぇ。
夫の新次郎は、あさの仕事をバックアップすることを厭わない。
温かく見守り、壁にぶつかりそうな時には、自分の人脈をフル活用で手助け。
お金持ちの上にイケメン!(ここが大事)
その上、五代さんの様に優秀なビジネスのブレーンに恵まれている。

こんな境遇であれば、自分も大成できる!と思うキャリアウーマンは数多いことでしょう。

昨日の新次郎さんが亡くなったシーンでは、涙が出てしまいました。
仕事に行かねばならぬのに(苦笑)

来週から始まる朝ドラ。
どうか元気を貰えるような明るい作品でありますように。