FC2ブログ

2018年01月の記事 (1/1)

まさかのロシアンルーレット

NHK大河ドラマ。
今年は西郷どん。
ネットで「薩摩弁が難解すぎる」「字幕が必要」との報道があり、興味を覚えたので第3話から見始めました。
一昨日の第4話。
薩摩藩第10代藩主・島津斉興が、新年の挨拶で江戸城に登城した際、時の将軍徳川家慶より茶器が下されます。
これは「隠居して茶をたしなむと良い」との意味での隠居勧告。
戦国時代には恩賞として与えられた茶器も、太平の世では隠居勧告の品になるとは。

ドラマのシーンでは分かりやすくするため、老中阿部正弘が、斉興に隠居して嫡子・斉彬に藩主の座を譲るように言ってました。
その後の江戸の薩摩藩邸にて、斉興・斉彬父子が対面するのですが。
将軍の勧告通りに隠居を迫る斉彬と、お家取り潰しも覚悟の上でこれを拒絶する斉興。
渡辺謙と鹿賀丈史による迫真の演技。
緊迫感が高まった直後ーー。
斉彬が清との密貿易で手に入れた拳銃に1つ弾を込め、ロシアンルーレットで決めようと言い、こめかみに銃口を向けます(勿論ロシアンルーレットなる言葉は使っていませんよ)
斉彬は引鉄を引きましたが、次の斉興は出来ず。
これにて目出度く第11代薩摩藩主・島津斉彬の誕生と相成りました(笑)

ここでロシアンルーレットを使うとは流石の脚本家・中園ミホ。
これからも楽しめそうです。
大河ドラマはあくまでもドラマであって、史実を教える教育教材ではありませんから、目くじら立てず楽しんだ方が良いのです。
風間杜夫、松坂慶子、平田満の鎌田行進曲トリオが西郷家・大久保家で出ているのに感慨深くなりました。
スポンサーサイト



祈りの幕が下りる時

仕事帰りに映画「祈りの幕が下りる時」を観てきました。
東野圭吾原作。
加賀恭一郎シリーズのこの小説を既に読んでいますが、好きな作品なので迷わず観に行きました。
公開間もないため、詳しいことはかけませんが。

公式HPに書いてあるあらすじを紹介。
東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は滋賀県在住の押谷道子。殺害現場のアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。やがて捜査線上に浮かびあがる美しき舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。しかし彼女には確かなアリバイがあり、捜査は進展しない。松宮脩平(溝端淳平)は捜査を進めるうちに、現場の遺留品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは失踪した加賀の母に繋がっていたーー。

押谷道子の絞殺死体の発見と同じ時期に発見された焼死体。
この焼死体は絞殺された後に、焼かれたものでした。
で、加賀が犯人に絞殺の理由を尋ねるのですが、原作と違ってます。
原作では異聞・曽根崎心中を観た加賀が謎を解き明かします。
コチラの方が舞台の伏線が活かせたように思う。
また、ラスト加賀の母親の恋人だった綿谷俊一からの手紙を犯人から加賀が直接貰うのですが、原作では松宮が看護師の金森に加賀に渡す事を託して終わるのです。
これも原作の方が私の好み。
とはいえ、結末知っていても楽しめたので、良い作品に仕上がっていたと思います(エラそーですが)

映画見終わったあと公式HPで捜査に参加。
10問全て正解!
感謝状です。


親子の愛が伝わって、涙腺緩くなった中年オヤジの眼にも涙が。
感動できた作品でございました。
鑑賞後、両親に優しく接しようと誓いましたが、月が変わっても維持出来るかは自信ありません(笑)

日本の城  其の36 岩国城

長州藩が高杉晋作を斬首することを検討していたとのニュースが、先日報道されていました。
彼がいなければ、長州藩内を倒幕に変えることは難しかったと思われます。
その資料が見つかったのが岩国。
今回取り上げる城は、岩国城でございます。

別名横山城。
関ヶ原の戦いで西軍敗戦の後、米子から転封され岩国に吉川広家が築城したのが1601年。
錦川を見下ろす横山の頂上を本丸とし、4層6階の天守、5つの櫓、3つの城門を建てました。
ちなみに錦川には、日本三大奇橋の一つ錦帯橋がかけられています。
横山は200mほどの高さの山なので、山麓に土居と呼ばれる居館を築き、政庁を置きました。
確かに横山は高いです。
2015年10月14日の当ブログに画像がございますので、気になる方はご確認を。

1608年に完成した岩国城ですが、1615年幕府の一国一城令により、建物を破却してしまいました。
吉川家は毛利一族なのですが、関ヶ原の戦い時に、西軍総大将となった毛利輝元の意向を聞かず、東軍に味方する密約を交わします(宰相殿のから弁当へと繋がります)
毛利本家を守るための行動だった訳ですが、戦後、毛利は大幅減封のうえ、萩へ転封されてしまいました。
そのため、吉川家は毛利家の支藩として認められず、陪臣扱いされていたようです。
明治維新の1868年に正式に独立の藩と認められたのですが、1871年の廃藩置県で岩国藩は無くなります。
城と同様、短命だったのです。
宿命なんでしょうネ。
現在の天守は復興天守ですが、麓からの見栄え重視で本来の場所より南側に建てられたそうです。

私が訪れたのは1回。
①2015年10月。
錦帯橋を渡り、ロープウェイで山頂まで登りました。
絵葉書などに使われている、夜間ライトアップの写真は綺麗で期待していたのですが、日中はフツーのお城でした(笑)
天守からの眺望は、良かったですけど(^^;;
錦帯橋鵜飼もあるそうなので、次の機会があれば、鵜飼とのセットで夜間に訪れることにしますよ!

会員継続

昨年ホークスファンクラブの更新手続きをしました。
入会特典グッズを2つ選択できます。
選んだのは、80周年記念ユニフォームとビジターチケット引換券。
本日、ビジターチケット引換券と会報などが送られてきました。
ユニフォームには、ネームを入れて貰うため、時間がかかり来月送られてきます。

ファンへのメッセージも同封。

ご存知新選手会会長ギータのメッセージです。
このメッセージ。
ファンクラブ加入年数によって、メッセージを寄せる選手が異なるのです!
ファンクラブ歴数年の友人は、今宮選手でした(勿論、文面も異なります)
こんな些細なことですけど、ファンを大切にする球団だなと感じますね。
今シーズンも全力で応援しますよ!

ビジターチケット。
札幌ドームの対象試合は、4月22日、23日の2試合のみ。
22日にでも行くことにしよう。
ビジター応援デーでもあるので。


此方は、日本一の記念のコースター。
2年前の箸といい実用的だ。

らーめん冬の陣 〜吉山商店

土曜日はフレックス勤務のすずらん。
今日は夜に予定があるので、遅めの出社を選択。
ブランチでらーめん共和国に。
11時オープンと同時に入ったため、並ばずに入店できました。

今回は、吉山商店をチョイス。
私の担当先社長の配偶者が、吉山商店の経営者。
お会いしたことありませんが、勝手に身近に感じているのです(笑)

この吉山商店は、冬の陣で赤。
自分自身には激甘なのですが(笑)、食べ物は辛いもの好きなので、冬の陣メニュー「焙煎辛みそパルメザンチーズonパクチー入れる?」を注文。
辛さとパクチー有無の選択が出来るので、中辛パクチー有りにしました。

想像よりパクチー少なめだったのは残念でしたが、美味しかったです!
パルメザンチーズも邪魔にならず。
これが辛さを中和させているのかも。
大変満足いたしました!

今後土曜日は、①早め出社ランチ休憩なし → 帰りに共和国、②ブランチ共和国 → 遅めの出社、の二択だな。

さあ、これからお仕事がんばります!

グローバル化

1月16日。
すずらんに仲間が1人加わりました。
關淑儀さん。
難しい漢字から、推察できると思いますが、香港出身です。
後日、彼女のブログコーナーもできますので、お楽しみに。

彼女が操る言語は、広東語、北京語、英語、日本語。
来日2年目なのに、日本語での意思疎通に問題なし。
私の班に配属されたので、日本語で意思疎通図れるのは大変助かります。

それにしても。
零細企業に勤めているのに、まさか外国出身の方と机を並べることになるとは。
わからんもんです(笑)

もし過去に戻り、中学生の石田少年に助言出来るのなら。
「日本で働いていても、英語は必要になるから、ちゃんと勉強しとけ!」ですね(笑)

いい機会でもあるから、広東語を教わろう!
明日があるさの様に。

らーめん冬の陣 〜初代

大食い戦士・アンジェラ佐藤のフェイスブックで知ったイベント。
札幌らーめん共和国にある8店舗が、4店舗ずつ赤・白のテーマに分かれて、季節限定メニューを出している。
「赤」台湾風味噌や辛味噌に揚げごぼうやパクチーをトッピング。
店舗は、らーめんそら、初代、札幌みその、吉山商店。
「白」 海鮮あんかけや、牛骨白味噌など普段は味わえない特別なラーメン。
店舗は、白樺山荘、梅光軒、らーめん炙亭ぼたん、あじさい。
限定もの好きな私の為にある様なイベント(笑)
ですが、休みの昼時に行くと長蛇の列なもので。
気にはなっていたけれど、足を運ぶには至ってませんでした。

繁忙期に入ったすずらん会計。
今月から第1土曜日を除く、土曜日は出勤日となります(フレックスですが)
昨日ランチも取らず、一生懸命仕事を終わらせて退社。
狸小路〜ポールタウン〜チカホと歩いて札幌駅へ。
時間は午後4時。
この時間なら空いているかも?との期待を込めて、らーめん共和国を訪れると。
期待通り空いていました!

どこも魅力的でしたが、初代を選択。
理由は、汁なしの混ぜ麺だから。
ワタクシ、汁なし担々麺や混ぜ麺にハマっているのです。
辛醬麺800円也。
おすすめトッピングの温泉卵も合わせて発注。

糸唐辛子の下に、肉味噌団子が隠れています。
それを崩し、もやし・麺を底にあるスープとしっかり混ぜて食します。
辛醬麺というだけあって、とても辛い!
そしてウマイ‼︎
思わずビールも注文してしまいました(^^;;
「台湾まぜそば」なら追い飯があるのですけど。
まあビール飲んでしまったので、追い飯は不要でしたけどね。

冬のこの時季に食べても美味しいですが、夏の暑いときに汗流しながら食べるのもウマイだろうな。
季節限定ではなく、レギュラーメニューに昇格しないかしら。

このイベント。
2月12日まで開催されています。
雪まつりシーズンは、激混みとなるでしょうが、時間を外せばストレスフリーでお店に入ることができますよ。

「世界征服」は可能か?

先日、テレビを見ていると久々に目にしたフレーズの世界征服。
そういや、そんなタイトルの本が本棚にあったな?と思い、探してみると。
ありました。
タイトルは、「世界征服」は可能か?
2007年に、ちくまプリマー新書からの出版された新書。
著者は岡田斗司夫。

日帰り出張の移動時間に読むことに。
世界征服の目的から始まり、タイプ別支配者、
世界征服の手順と続き、最後は世界征服は可能か?で締めています。

全体的には、おバカな内容なのですが、最終章は結構真面目。
支配とは?階級社会、階層社会、そして現代の悪についてなどなど。

全て紹介すると長くなり過ぎますので、今日はタイプ別支配者について。
第2章 あなたはどんな支配者か?

あなたはどの支配者か?
四つのタイプから選びます。
A 「正しい」価値観ですべてを支配したいタイプ
B 責任感が強く、働き者・仕切り屋タイプ
C 自分が大好きで、贅沢が大好きなタイプ
D 人目に触れず、悪の魅力に溺れたいタイプ

皆さんは、どのタイプですか?
自分はどちらかというと正義の味方だ!と考える人はAタイプ。
テキパキと仕事をこなす人、命令したり仕切るのが好きな人はBタイプ。
怠け者で、支配者になったら贅沢したいとかハーレム作りたいとか考える人はCタイプ。
お飾りの王を据えて、自分は王を操りたいと考える人はDタイプ。

私はCタイプです(笑)

Aタイプは魔王型。
別名「人類絶滅型」
正義感が強過ぎて、自分の価値観と違うものを憎みます。行き過ぎると皆殺しにしてしまえ!となってしまうから。
サンプルに挙げられていたのは、レインボーマンに出てくる「死ね死ね団」
Bタイプは、責任感が強く働き者なら独裁者。別名「人類の管理人さん」
率先して働き、部下もしっかり働かせますが、義務感もあり部下に対する評価も適切なので、信頼されます。
欠点は人に任せることが出来ないところ。
独裁者なので(笑)
サンプルは、バブル2世に出てくるヨミ様。
ヨミ様は、三回過労死するそうです(笑)
Cタイプは、王様タイプ。
別名「バカ殿様型」
このタイプは、単純で面倒なことをしたくないので、バカ殿様。
最後は部下に寝首をかかれるのがお決まりのパターン。
ラスボスというよりは、中ボス程度に多いタイプ。
サンプルは、ドラゴンボールに出てくるレッドリボン軍総帥。
Dタイプは、人目につかず世界征服をしたいので黒幕タイプ。
別名「悪の裏方」
人前で目立つのは嫌いだけれど、物事を自分の思い通りに運ぶのは大好き。
部下も武器も自分の道具なので、必要とあれば犠牲に躊躇しない。
サンプルは、007に出てくるスペクター。

以上、四つのタイプの説明を簡単にしましたが、どうでしたか?
世界征服を目指さなくても、組織のリーダーをこの様に分けることも出来そうです。

Cタイプは、救いようなさそうですので、考え方を改めた方が良いでしょうね。

あっ、私か(笑)
でもトップじゃないから、実害はないだろう。
それに所詮、中ボスだしな(笑)

全国ぐるっと!人気の味めぐり 大丸2018

1月5日から15日までの11日間。
大丸7F催事場にて、「全国ぐるっと!人気の味めぐり」が開催されています。
どんな店が来ているかというと。
・レナーズ(横浜) マラサダ 30分待ちの大行列。
・千疋屋(銀座)フルーツサンド 購入には整理券が必要。
・赤福(伊勢) 赤福餅 空輸便のため毎日午後2時より販売、9日まで。
・岩崎本舗(長崎)角煮まんじゅう 9日まで。
・からあげ太閤(大分)骨なしももからあげ 2017年からあげグランプリ。
そんな中、ハセストが!
函館のコンビニなのに(笑)
代表商品・函館名物やきとり弁当を引っさげての登場です。
ハイ勿論購入しましたよ。
本日のランチにいただきました\(^^)/

たれ、塩、塩だれ、うま辛の4種ありましたが、一番人気のたれをチョイス。
蓋を取ると。

やきとりなのに、豚の精肉(笑)
北海道では当たり前かな。
スーパーでも、やきとり(豚)で販売してますしね。
美味しかったですよ〜
函館ワインを隠し味に使っていたとは知らなかった。

購入したのは、これだけではありません。
BLUE WATER SHRIMP(横浜)のガーリックシュリンプ!
北海道初上陸なのです。
晩飯要員となりました(笑)

スパイシー味をチョイスしたので、辛かったですが旨し!
海老の殻がなかったので、食べやすかったです。
通風持ちに、海老なんかは大敵食材なんですが(^^;;

まだ1週間ありますので、この他にも幾つか購入することとなるでしょうね。

それぞれのお供は、セコマの白ワイン。

コスパが良いのですよ。セコマのワインは。
この買い付けをしたくて、就活し内定を貰ったのですが、それはまた別の話 by王様のレストラン(笑)

白内障

昨年末。
驚異のカツカレー普通盛りを食べながら(どれくらい驚異なのかは、12月31日の当ブログをご覧ください)、眼鏡のプロS専務から言われました。
「石田さんくらいの近視が強いと、網膜剥離のリスクも大きいんだよね」
えっ、そうなの?
不安になり、年に1度定期検診に訪れている大塚眼科へ予定前倒しで行ってまいりました。

まず、視力検査から始めるのですが。
右目の視力が、度数の強いレンズを入れてもあがりません。
視力検査後、検査士の方に聞いてみたのですが、左目は1.5まで矯正できたものの、右目は0.5までが精一杯。
これ以上視力が出ないのかどうかは、お医者さんによる診断を聞かないと分からないとのこと。

診察してくれたのは、院長の樋口先生。
カルテと視力検査結果を比較して、右目の視力が、昨年3月より大きく落ちているのに驚きつつ診てくれました。
「白内障が始まっているね」と一言。
この後、網膜剥離を調べるのに必要な瞳孔開く目薬を投薬するため一旦診察室を出ました。
投薬後30分経って再び診察室へ。
検査結果は、網膜剥離の発症はない。
続いて白内障についての説明。
強度の近視の方は、眼球内のレンズが大きく厚くなる。
表面の厚さは変わらないので、結果、濁りが出やすくなる →これが白内障。
右目の視力が極端に落ちているのは、白内障によるレンズの濁りで、物が見づらくなった結果とのことでした。
左目だけで物を見ているのと同じなので、疲れるでしょう?と言われました(答えは勿論YES)
すぐ失明する訳ではないため、様子見することになりました。

3月に免許更新なので、このままの状態で更新できるか尋ねたところ、右目も0.3はあるし、左目は1.5まで出せるから大丈夫だろう。
万一、更新できなければ手術も視野に入れなければならないので、2月に更新しに行く様に勧められました。
担当先の決算申告業務の進捗次第だが、一番早い2月26日に更新しよう!と決めました。

白内障になっていたとは…
この病気は、お年寄りの罹るものだと思っていたので、正直ショックです。
それでも、網膜剥離や緑内障になっていなかった事と、視力が落ちている原因がわかったので、良しとすることに。
まあ、白内障は治せる病気ですしね。

心配性でもあるので、お仕事の時間的ゆとりの持てる9月頃に手術してもらうことにしようかな。
それまでは、眼を労わる生活を心がけます。
特に、車の運転を減らすことにしますよ。
今も殆ど運転してませんけど(笑)

インフル検査

仕事始めの昨日。
初詣後の所内会議にて2017年度MVPに表彰されました(3年連続3度目!)
喜びも束の間、喉の痛みがひどくなり、寒気もしてきまして。
体調不良で、その後の所内研修では何をしたのか覚えていません(^^;;

明日の朝起きて、熱が出ていれば休んで病院。熱が出ていなくても、午前中の監査業務終了後に半休使って病院。
そう決めて早めの就寝。

で、一夜明けて。
幸いなことに発熱無く。
なので本日午後は半休使って病院に行ってきました。

症状をDr.に説明。
・喉の痛みが酷い(昨年末の30日から痛み始めていた)
・昨日の午後は寒気がしていた(今日は寒気無し)
・腰が重い

熱を測ったところ36.9度。
これから上がるのか微妙とのこと。
何故なら、昨日ちゃんと熱を測っていないから、比較ができない。
喉の状態は、扁桃腺が真っ赤に腫れて酷い状態。

念のためインフルの検査と、採血で扁桃炎の検査の両方をすることに。
生まれて初めてインフルの検査をしましたが。
Dr.の言葉に偽りの無い痛さ!
「鼻水を貰いますよ〜」と軽い口調で仰った後に細長い棒⁈の様なものを右の鼻の穴に突っ込まれまして。
涙こそ出ませんでしたが、思わず声を発してしまいました(笑)
採血も終えての検査結果。
インフルでは無く、扁桃炎でした。
白血球数が10,000越え。
バイ菌と戦っている証拠です(笑)
まあ、この時期にインフルに罹った挙句、人様に感染すことなんぞしたものなら、大ブーイング間違いなし。
なので、ホッと一安心です。
Dr.の言いつけ通りに、家に帰ってから布団にくるまって身体を温めながら、ブログ更新している次第。

明日から三連休ですので、しっかり身体を静養し、扁桃炎を治して繁忙期のお仕事を頑張っていきます。
因みに明日は眼科へ行かねばなりませぬ(^^;;
病気自慢するには、まだまだ若い筈なのにな(笑)

映画 オリエント急行殺人事件

みぞれ降る中、北海道神宮へ参拝。
初詣は毎年1月2日に、北海道神宮と決めているのです。
今年はいつもより早く家を出たので、参拝客が比較的少なく、ストレスフリーでした!
今年も良い年になりそうだ(笑)

参拝済ませてから、札幌シネマフロンティアに移動。
昨年、見損ねた「オリエント急行殺人事件」を見に行ったのです。

アガサ・クリスティ原作。
ケネス・ブラナー主演の映画。

「そして誰もいなくなった」と同じく超有名なクリスティ作品ですので、ストーリーは皆さんご存知でしょう。

舞台背景も変えていません。
登場人物で、アーバスノットの職業を医者に変更したため、原作で登場したコンスタンチン博士(ドクター)が出て来ません。
なので、ラストの謎解きシーンが、少々異なる描き方をされています。

冒頭から、ポワロの性格を卵料理で表現していました。
ラストで2つの解決案を提示して、第1案を解決案にするのですが、原作はあっさりと第1案にするのに対し、今作ではポワロの苦悩を描きました。
冒頭のポワロ性格を表現していたのが、伏線となっていて、腑に落ちましたよ。
コンスタンチン博士を出さなかったのも、ここで生きました。
昨日見た相棒の右京さんなら、絶対第1案のチョイスはないな。

ラチェット役は、ジョニー・デップではなく、ジョン・ボイドの方が合っていたような。
成功者なんでしょうけど、悪いことしてのし上がって来ましたよね〜感が出ると思うので。

「ナイルに死す」に繋がる様に繋がるエンディングだったので、続編もありそうです。
それにしても名作は、全然色褪せなく楽しめますね!

相棒 元日SP 2018

明けましておめでとうございます!
今年も、すずらん会計事務所並びに石田をどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今年の目標は「忖度しない」です。
歳取ってくると、偉い人の顔色を伺う様になるので。
今年は自分の意見をハッキリと。
決して空気を読まずに(笑)

さて忖度しない人の代表は、相棒の主人公・杉下右京。
昨秋から始まった新シリーズseason16は、仕事の都合で何度か見逃していたのですが。
元日SPは、毎年欠かさず観ています。

今回は捜査の過程で、杉下右京&冠城亘のコンビが停職となります。
しかも亘は、安田なる男に脅迫されます。
だからと言って、大人しくする二人ではありません。
そんなの無視して、捜査を続ける訳です(笑)

安田が高校生ハッカーに言った言葉。
「警察は強い者の味方なんだよ!」
ドラマの中だけなら、いいんですけどね。
現場は大丈夫でしょうけど。
もちろん安田は権力者側。

この権力者に立ち向かう我らの右京なのであります(笑)
勧善懲悪のラストなので、見終わってスッキリいたしました。
黒幕がしっかり逮捕されましたからね。

力を持っている者は、襟を正していかなければなりませんね。
それは、どんな組織でも。

右京さんの様に、貫き通せるかな?
意志の弱い私の課題です(笑)