FC2ブログ

2018年12月の記事 (1/1)

どんぎつねさんの贈り物

そだねーが流行語大賞を受賞した平成30年も残り数時間となりました。
いわゆる平成最後の大晦日。
今年も色々ありました。
極私的ベスト3はというと。
第3位 ブラックアウト
僅か2日間なのに停電での生活は不便でした。
第2位 ホークス下克上で日本一!
ホークスがやられっ放しだった下克上を成し遂げたのが嬉しかった。
第1位 白内障手術
高齢者の罹る病気と思っていたのに、まさか自分自身が罹るとは。手術は簡単で、病院食の効果で痩せたのには驚きました。

小腹空いていたので、どん兵衛食べながらこんな事を考えていたわけです(笑)
昼間お蕎麦屋さんで、美味しい蕎麦を食したにも関わらず(汗)
201812301607130ff.jpeg


どん兵衛を2つ買うとクリアファイルが付いてくるというキャンペーン中に買っておいた残り1つ。
熱湯5分で出来上がり。
麺はどん兵衛天ぷらそばより太め。
天ぷら無い分愛想のない仕上がりです(笑)
吉岡里帆さんのアイデアレシピらしいですが、天ぷらそばの方が私の好み(^^;

今年も1年大変お世話になりましたm(_ _)m
また拙い当ブログにもお付き合いいただき、重ねて御礼申し上げます。

20181230161625935.jpeg

これがどん兵衛2個買って貰ったクリアファイル。
どんぎつねさんです!

それでは皆様良いお年をお迎えください!
スポンサーサイト



パワフル肉盛り×ぜいたく魚介 〜あじさい

自分で言うのも何ですが、今年も1年仕事を頑張りました。
明日から年末年始休暇に入ります。
年内の燃えるゴミの日が昨日で終わりなので、外食することにしました。
飽きもせず、らーめん共和国を選んだ訳なんですけど(笑)
今回は肉盛りチームのあじさい。

あじさいは「ガリバタチキンらーめん」でお値段が1,200円也。
201812221749376a4.jpeg

お店からの一言。
「野菜たっぷりスープと鶏モモ肉で洋風に仕立てました!」
照り焼き風の鶏モモ肉1枚を使用。
ボリューム感満載。
鶏モモ肉は、生ビールのアテに最適でした!
スープは、豆乳、バター、チーズ、アサリ、ガーリックオイルを使った濃厚クリーミースープ。
この濃厚スープに合わせるためでしょう。
麺がちゃんぽん麺のような太麺。
食べ進めているとカルボナーラを食べているように感じましたね。
餃子のあるラーメン屋では、ラーメン・餃子・生ビールの組み合わせにするのですけど、餃子を自重しましたが正解でした。
ラーメンと生ビールだけでお腹いっぱい。
それだけボリューミーだったのですよ。

これで肉盛り2、魚介2の合計4。
年内は食べ納めですけど、年明けから土曜出社(フレックス)になるので、残り4軒制覇できそうです!

今日食べたメニューがレギュラーメニューに昇格されてくれれば、あじさいチョイス率が高まるのにな。

ボヘミアン・ラプソディ

やっと観ることができました!
何かっていうと映画「ボヘミアン・ラプソディ」です。
先月の岩手旅行で、Y崎くんから勧められた映画(彼の勧める映画・ドラマにハズレなし)
またこの映画を観たうちのスタッフSにも職場の忘年会で勧められました。
観に行きたいと思いつつも研修やら忙しい日々が続いていたので、今日まで延びてしまいました。
学生時代は洋楽を殆ど聴いていませんのでクイーンを知りませんでしたが、フレディの死後ドラマの主題曲やCMに使われて聴くようになり、今ではiPhoneにダウンロードして、地方出張の際に聴いております。

タイトルのボヘミアン・ラプソディ。
クイーン4枚目のアルバム「オペラ座の夜」の収録曲でシングルカットされたものですが、演奏時間が6分と長すぎるので、レコード会社の重役と徹底的に対立。
それでもフレディ自らラジオ番組に出演し独占放送。
結果はマスコミに酷評されるも大ヒット!
マスコミや批評家は、新しいものを理解することができませんから。
因みにフレディの死後1992年に再びヒットします。
名曲なので。
崩壊寸前だったバンドが挑む20世紀最大の音楽イベント「ライヴ・エイド」の圧巻のパフォーマンス。
このシーンで涙腺が緩んだ人は多かったのではないでしょうか。
上映時間が2時間25分と最近の映画では長い作品ですが、全く飽きることなく楽しめました。

フレディがバンドメンバーに言った言葉。
「金で雇ったメンバーは言うことを聞く。文句も反発もない。それではダメなんだ。みんなが必要なんだ」
意見を述べ決して妥協しない。
良いものを作るという目的をメンバー全員が共有していて、真剣に取り組んでいるからなのでしょう。
これぞプロの集まり!

高校の先輩のS社長のように応援上映で観ていたら、このラストは劇場内大合唱だったことでしょう。
ということは、もう一度観に行けば良いのか。
年末年始の休暇もあることだし、チャンスでもあるな。

パワフル肉盛り×ぜいたく魚介 〜吉山商店

訪問先から事務所へ戻るバスの終点が札幌駅。
しかも着いたのが丁度お昼時。
よって、またもやらーめん共和国です(笑)
今回は肉盛りチームの吉山商店。

吉山商店は「焙煎辛みそ牛っ〜とちーずカルビ」お値段は1,150円也。
20181221194013070.jpeg


お店から一言。
「コクのある辛みそと牛カルビの相性はバツグンです!」
チーズの下にある牛カルビの味付けは濃いめ。
プルコギのような甘さを感じました。
なのでビールが欲しかった(笑)
就業中のため泣く泣く諦めました。
チーズはモッツアレラチーズ。
このチーズのお陰でまろやかになりました。
基本が辛みそ味だったので、とっても美味しくいただきました!
スープを飲み干すという暴挙は自重いたしました。
健康診断で血圧高めと言われましたから(泣)

これで肉盛り1、魚介2の合計3つ。
このペースだと今回はコンプリートできそうだ。
塩分過多にだけ気をつけよう(笑)

クロネコ男子

12月といえばお歳暮のシーズン。
宅配便のドライバーにとって忙しい時期です。
ただでさえ人手不足なのに、キャパ超える荷物の量ですもん。

そんなある日。
我が家にもお歳暮が。
残念なことに平日だったため、受け取れず不在票が郵便受けに入っていました。

さて、再配達の手続きをしようとクロネコヤマトの再配達自動受付へTEL。
しかし、受付できないので、改めて手続きし直せと非情のメッセージが。
仕方ないので、別の手段インターネット手続きにトライしスマホ操作。
ですがここでも、この荷物はネットで手続きできないとのメッセージ。
コールセンターへTELしろ!と。
メッセージの通りコールセンターにかけるも、大変混雑しているので、掛け直すかネットで手続きしてくださいとの音声ガイドが。

詰んでしまった(^^;;

しかし救いの手が。
定時に退社できた日に別の宅配便が届きまして。
それもクロネコ男子。
荷物を受け取った後、ダメ元で窮状を訴え、どうすればいいのか尋ねてみました。
まだ配達もたくさん残っているだろうに、面倒臭がらずに応対してくれました。
ドライバーにTELするのが一番だったようで、翌日掛け直すことで落ち着いたのですが。
再び戻ってきたクロネコ男子。
不在票を預かって再配達の希望日時を聞き、「自分が責任を持って再配達受付をしておきます!」との返事。

いや〜、爽やかなクロネコ男子でしたよ。
人は忙しく余裕を失っている時に、本性が出てしまうもの。
舌打ちしたり、ため息ついたり、ブチブチ文句言いながら仕事したり。
そして応対も雑になったりしがち。

自分自身の仕事の態度を今一度改めてみるいい機会かもしれません。
これから繁忙期にはいりますが、今日応対してくれた爽やかクロネコ男子のような態度でお仕事頑張ります!

日本が売られる

堤未果の著作。
幻冬舎新書です。
第1章から3章までに分かれています。
第1章日本の資産が売られる
第2章日本人の未来が売られる
第3章売られたものは取り返せ

第1章では売られているものを10項目載せています。
その中でも、水が売られる、タネが売られる、ミツバチの命が売られるの3つが印象に残りました。
まず水。
先日国会で水道事業を官から民へ移行する「水道民営化法案」が可決されましたから。
本書では水道は民営化されても市民生活にプラスとはならないと書いています。
理由は電気と違い、水道は使う水道管が一つで1社独占となるから。
民営化の利点は複数社が参入することで、価格競争が働き、サービスが良質となり価格も下がっていくこと。
独占だとサービスの質向上しないのに価格が上がるだけ。
採算度外視でも国民に安全な水を供給することを目的とするのが公営水道。
これと真逆の方向に動くのですよ。民営化は。

次にタネ。
こちらも昨年種子法が閣議決定で廃止されました。
そして今年種子法廃止が施行され種苗法が改正されました。
買ってきた種苗の自家増殖を、これまでの「一部を除き原則OK」から「一部を除き原則禁止」に変えたわけです。
本書では、今後企業の特許付種子を、農薬と作付マニュアル付きで買う契約をさせられることになるだろうと予想しています。

そしてミツバチの命。
ミツバチが花粉を運び植物に受粉をしている訳で、それがいなくなるということは食糧生産が終わることを意味します。
何が原因かというと農薬。
なんでも、日本は世界3位の農薬使用国だそうで。
ヨーロッパ諸国が養蜂家の要請で使用禁止としている農薬(アメリカ製)を、日本は残留基準値を大幅に緩和して使用継続させている。
故にミツバチの命が売られるという訳。

世界は自国の水と食糧を保護するための政策に走っているのに、わが日本では逆行政策を次々に実施している訳で。
マスコミも、大臣の失言・言い間違いやスキャンダルばかり報じるのではなく、大事な法改正等を伝えてほしいものです。

第3章で失っているものを取り戻す動きをしている国々を紹介しています。
詳しくは、実際に読んでみてください。

食の危機は某国産だけではなかったことに驚きを感じました。
自分たちに跳ね返ってくるものだからこそ、この本をご一読してみてはいかがでしょうか。

パワフル肉盛り×ぜいたく魚介 〜梅光軒

激混みの札駅界隈で用事を済ませた後、遅めのランチをらーめん共和国で。
冬の麺をコンプリートすべく訪れた訳です。
今回選んだのは、旭川の名店「梅光軒」です!
メニューは、あっさり極!!鮭節醤油ラーメン。
生ビールとともに(笑)
お店からの一言。
「旨み溢れる鮭節はスッキリとした甘み!ホッケのすり身も深い味わい!」
お値段900円也。
201812161606133f7.jpeg

旭川ラーメンなので魚介系スープですが、魚粉を追加することで、より魚介の味を感じます。
ホッケのすり身がとても美味しい!
柚子とキクラゲで香りと食感が良し。
生ビールのツマミにもなります(笑)
梅光軒のメンマが好きなので、トッピングで追加すれば良かったといつも悔やむんですよね。
勿論チャーシューもありますので、魚と肉が同居している贅沢さ。
人混みのなか歩いた疲れが吹っ飛びましたよ。
ぜいたく魚介を2回続けたので、次回は肉盛りを選ぼうかな。

年内メンテ終了

12月は健康診断も含め病院通い。
最初は、かかりつけ医のねむの木クリニックにて、尿酸値の検査。
尿酸値を下げる薬を休んでから1ヶ月超経ったので数値検査。
見事8.2まで上昇していました(ToT)
これから繁忙期に入りますし、生活習慣も乱れる可能性が高いので、お薬のチカラを借りることにしました。

お次は健康診断。
血液検査、尿検査の結果は後日事務所に送られてきますが、それ以外で血圧が高い(特に下)、体重増加を指摘されましたね。

そして大塚眼科で白内障手術後の定期検診。
特別問題ないので、次回の検診は6ヶ月後。丁度術後から1年経過となるので、そこで終わりになるのかな?

ラストはラビット歯科で定期検診。
虫歯もなく、歯のお掃除をしていただきました。
可愛らしい歯科衛生士さんに勧められたので、歯間ブラシを購入。
これで3ヶ月後となる次回の検診では、お口の状態を褒められるだろう(笑)

数値が上がったのはストレスが原因。
これは断言出来ます。
仕事を中心にストレスがかかりますが、その分オフを上手に使い解消すれば良いだけ。
食に走ることを自重すれば体重も減るな。
難しいんだけど(笑)

消費税経過措置

2019年10月に消費税が10%に引き上げられる予定です。
景気悪化を理由に再々延期もあるかもしれませんが、予定通り引き上げられるのが濃厚です。
ただ、税率が10%に引き上げられても、現行の8%税率が適用される取引があります。
この取引を「経過措置」と呼びます。
それらを纏めてみました。

①注文住宅の建築や住宅のリフォームなどの工事請負契約となるもの。
 →2019年3月31日までに契約。
この契約であれば、引き渡しが2019年10月1日以降の引き渡しであっても、8%の消費税となります。
*マンションや建売住宅の購入は、売買契約なので、2019年3月31日までに契約をしていても、引き渡し日が10月1日以降であれば、10%の税率適用となります。
ややこしいのですが、このようなマンションや建売住宅でも、内装や外装の模様替え等の工事をした上で引き渡される場合は、工事請負契約と同じとなります。

②結婚式やパック旅行。
 →2019年3月31日までに契約。
この契約であれば、挙式や旅行が10月1日以降であっても8%の税率適用となります。

③雑誌の年間定期購読
 →2019年3月31日まで契約し、9月30日までに代金を支払えば、受取が10月以降でも8%の税率適用です。

④電車の定期券や飛行機のチケット。
 →2019年9月30日までに定期券等の購入。
この場合、10月1日以降の乗車であっても8%の税率適用となります(前売り指定席券や回数券などにも適用され、追加料金を取られない)
ただし、チケットを事前購入していても10月1日以降に座席をアップグレードする場合には、追加料金に消費税10%が課税されます。

⑤映画・スポーツの前売り券、遊園地の入場料金。
 →遊園地の年間パスを2019年9月30日までに購入すれば、10月以降の利用でも8%の税率適用されます。

⑥電気、ガス、水道、電話料金。
 →10月31日までの検針分は8%の税率適用。
*インターネット回線で月々の使用量に関係なく定額料金の場合、サービスの提供が完了された時点で課税されるため、10月中の利 用分は10%の消費税課税されます。

色々とありますね。
⑥はこちらの意図と関係ないですが、③~⑤は経過措置を視野に入れたいです。
①だけは、急がなくても良い場合があります。
きっと、増税後の買い控えを避けるための対策(給付金や減税)が出てきそうですし、大きい買い物なので、借入の金利も視野に入れて考えなければいけないでしょう。

それにしても、本当に軽減税率を実施するのだろうか?

パワフル肉盛り×ぜいたく魚介 〜初代

札幌らーめん共和国の冬の麺。
今年は、パワフル肉盛り仕立て!×ぜいたく魚介仕立て!です。
肉盛りチーム。
吉山商店、らーめんそら、らーめん潤、あじさい。
魚介チーム。
梅光軒、初代、みその、白樺山荘。

今回チョイスしたのは初代。
このイベントのスタートを飾るのは初代と決めていますから。
初代は「浜醤油」お値段900円也。
お店からの一言。
「煮干しとアサリと岩のりで奥深い旨みを表現しました!」
201812081858208a8.jpeg

画像ではスープが少なく見えますが、底が深いので結構な量ありました。
お味はというと。
しっかりと魚介の味してましたね。
連れが普通の醤油ラーメンを頼んだので、一口スープをもらって飲み比べしたところ、違いが顕著でしたよ。
健康上、スープを飲み干してはいけないのに、飲み干してしまいました(^^;
トッピングのアサリもむき身でしたけど、粒も予想より大きく美味しかったです。

このイベントは、来年の2月11日まで開催されていますので、今度こそ全制覇したいです。
最難関は、みそのです。
なぜ最難関かは、食べた時にブログで報告しますので、お楽しみに(笑)

居酒屋チェーン戦国史

中村芳平の著書。
イースト新書です。
御三家の「養老乃瀧」「村さ来」「つぼ八」が席巻したのは80年代。
中でも村さ来は素晴らしかった。
酎ハイとマージン・ミックスを発明しました。
それまでの、大衆酒場=中高年が酒を飲みに来るところを、若者にターゲット変更。
その当時の若者は団塊の世代。
人数多いので、ここを掴むと強い。
酒だけを飲むという世代ではなく、よく食べコミュニケーションの場として居酒屋を利用する世代。
だから、料理にも力を入れます。
そして安く飲める焼酎をベースとしたカクテル「酎ハイ」が誕生。
原価率も低い酎ハイは、居酒屋にとって高収益商品となり、今も定番です。
ちなみに、酎ハイとサワーは一緒です。
マージン・ミックスというのは、百均や回転すしで使われる考え方で、一つ一つの商品の粗利で見るのではなく、原価率の高いものも低いものもあるが、トータルで見て一定の粗利を確保するもの。
だから、298円均一なんて商法でも、利益を取れるのです。

バブル後は御三家が低迷し、代わって新御三家「ワタミ」「モンテローザ」「コロワイド」が登場しますが、現在この3社も苦戦。
浮き沈みが激しい業界です。
沢山のチェーン店について書かれていますので、楽しめますよ。

一番笑ったところ。
居酒屋業界ではびこる言葉「T・T・P」
「徹底的にパクる」の意味だそうです(笑)
二番手商法が大手を振ってまかり通る業界。
商標くらいしか、法で守ってくれないそうな。
恐ろしい世界です。

この拙い文で興味を湧いた人は、是非ご一読を!
ノミホで酎ハイは、お店にとって笑いが止まらないということがわかりました。

石田食堂 #51 のどぐろラーメン

北陸旅行のお土産をいただきまして。
高級魚のどぐろの一夜干しとかだと高価になってしまうから、お値段がお手軽なラーメンを選択したのでしょう。
まあ、作る側も簡単だからwin-winとも言えます。

麺、スープ以外の材料。
貝割れ大根
煮卵
焼豚
メンマ

出来上がりがこちら。
20181111172014195.jpeg


のどぐろかどうか定かではありませんが(笑)、スープの味は魚介系塩味でした。
あっさりですが、コクのある美味しいラーメンでした。

北陸は中々行く機会がないため、再びのどぐろラーメンを作る日がやって来るかは不明です。
そもそも、これもお土産でいただいた物ですし(笑)
お取り寄せするほどでもないからな〜
物産展に来ないだろか。

こんなパッケージです。
201811111728444e6.jpeg


イラストはグロい(笑)

物足りない

今週号のジャンプ。
私が好きな漫画の2つが姿を消していました。
一つ目はHUNTER×HUNTER。
10話掲載し終わったので、予定通りの休載なのですけどね。
今回はヒソカも出なかったし、幻影旅団も殆ど出なかった。
次の10話分の「ネーム」は出来上がっているそうなので、来春くらいには連載再開されるかな。

二つ目はワールドトリガー。
病気休載中でしたが、再開して5話目の掲載が先週号でした。
そして掲載の場をジャンプSQに移すので、今週号のジャンプから姿を消したのです(ToT)
こちらも、これから面白くなるところだったのに。

そういえば、銀魂も掲載の場を他誌に移して連載続けていますし。
こんな手法を続けられるとコミックを買うか、読む雑誌の数が増えるかしなければならず。
いい大人のする事ではないので、絶対にONE PIECEの連載は週刊少年ジャンプで完結してくださいね!

日本の城 其の41 佐賀城

大河ドラマ「西郷どん」も大詰めに。
士族の反乱が起こっているのが先週の放送。
特に取り上げられたのが江藤新平の起こした佐賀の乱。
三権分立を進めようとしていた江藤新平が、乱後捕らえられ、充分は弁明の機会も与えられず、死刑に処せられたのは酷い仕打ちといえます。
前置きはこれくらいにして、今回取り上げるお城は佐賀城。

佐賀城は1602年に鍋島直茂が築城。
場内が見えないように、土塁にはマツやクスノキが植えられており、城が樹木の中に沈み込んで見えることや、幾重に巡らせられた外堀を攻撃にあった際に主要部以外を水没させて敵の侵攻を防衛する仕組みになっていたことから、別名を「沈み城」と呼ばれていました。
幾度となく城は火災に見舞われます。
1726年の大火で天守が焼失すると、天守は再建されず藩政は二の丸で行われました。
そして前述の佐賀の乱で、建物の大半を焼失。
鯱の門(現存する唯一の遺構)と続櫓は、佐賀県の重要文化財に指定されたのち、1957年に国の重要文化財に指定されています。
現在は、天保年間完成の本丸御殿を復元した佐賀城本丸歴史館が完成され、そこに鍋島直正の居室であった「御座の間」が移築されています。
この御座の間は天保期の建物。

私が訪れたのは1回。
①2009年4月
ホークスの開幕戦観戦の勝利で、気分良く佐賀遠征したときに訪れました。
団体客が到着するまでの間ならということで、無料ガイドさんに案内してもらいながら佐賀城本丸歴史館を巡りましたね。
本当は、たくさんのお宝があったそうなのですが、藩主・鍋島公が東京へ引っ越した際に、殆ど持って行かれたそうで。
かなりの恨み節を聞かされました(笑)

ホークスファンである限り、福岡を訪れる機会は多いので、また福岡を拠点として遠征しようと思います。