FC2ブログ

2019年01月の記事 (1/1)

桃太郎電鉄

先週すずらんにインターン生が実習に来てました。
スタッフとも打ち解けていたようで、ゲームの話で楽しそうな雰囲気に。
その会話を聞いていたのですけど、最初に買ったゲーム機の話で年の差を実感しましたね〜

私が最初に手にしたゲーム機は、任天堂のゲーム&ウォッチかパックマン。
ファミコンが登場したのは小学6年生。
高校卒業までファミコンで遊んでましたね。
大学に進んでからスーパーファミコン。
社会人になってからは、プレステ2、ゲームボーイアドヴァンス、DS、Wii、プレステ4と購入しています。
使えるお金の違い(笑)

子供の頃は色々なジャンルのゲームで遊んでましたが、格闘ゲームなどは操作が複雑になり、全然ついていけず。
アクション性のないものを選択するようになってしまっています。
信長の野望シリーズ。
ドラクエシリーズ。
もう新作は出ないようですが、桃太郎電鉄シリーズなんかも。

この桃太郎電鉄。
プレイ年数を選択出来るのですが、99年を一度クリアするとスタッフエンドロールを観ることができます。
このエンドロールのスペシャルサンクス一覧に私の名前が出ているのです。
確か桃太郎電鉄12から16までの5作品だったかな。
先日私が担当している先の社員さんの間でも話題になったそうで。
石田さんはゲーマーか?
ゲーム開発の仕事をしていたのか?
実態はというと。
桃太郎電鉄のゲームの感想や、新しいカード・イベントのアイディア、地方の物件の感想などなどをゲーム作家さくまあきらのホームページの中の「桃鉄研究所」に投稿して、取り上げられるとポイントがもらえ、ポイント獲得数上位者がエンドロールに載るというもの。
興味と時間のある方は是非99年をクリアして、エンドロールを確認してみてください(笑)

久々にやってみようかと考えましたが、ゲームをすると人格が変わるワタクシ。
何度、コントローラーを叩き付けて壊してしまったことか(笑)
40も半ば過ぎてそんな愚行をしてしまうと流石に自己嫌悪で立ち直れなくなりそうなので諦めます。
不思議とドラクエだけは腹が立たないんだよな。
スポンサーサイト



またもや大坂なおみの快挙

昨日ブラタモリを観ようとテレビをつけたところ、全豪テニスの決勝戦を中継してました。
大坂なおみが勝てば日本人史上初の4大大会連続制覇だからな。
番組変更となっても仕方なしと思い中継を見ていました。
すぐに熱戦に引き込まれてしまいましたよ。
第1セットを7-5で取った後の第2セット。
5-3とリードし、あと一つをとれば優勝というところで、4ゲーム連続で落とし第2セットを失います。
第3セット。
相手のサービスゲームをブレイクし、6-4で第3セットをとって見事優勝!
冒頭に述べたように日本人初の快挙。
しかも、世界ランク1位になることも確定したそうです。
こちらも日本人初。

一夜明けて。
朝の情報番組中に彼女のインタビューが。
オフにプレースタイルを変えるべくトレーニングをしていたとのこと。
そのトレーニングは、ランニング中心。
しんどいけど簡単なことだそうで。
インタビュアーが、考えながらトレーニングをするのですか?と質問したところ、答えが「私がやることは全て考えてやっている」
きっと、目標を掲げ、そのための行動を決め実践し、それが目標に沿ったものかを検証して、新たにすることを考える。
見事にPDCAサイクルが回っていますね。
きっと成果を出し続けることができる人は、PDCAサイクルを回すぞ!なんて意識せずとも実行できるのでしょう。

大坂なおみ選手、優勝おめでとうございます!

パワフル肉盛り×ぜいたく魚介 〜らーめん潤

3日前のこと。
訪問先から事務所へ戻るバスの終着が札幌駅。
辿り着いた時間が15時。
ランチを食べずお仕事に勤しんでましたが、流石にお腹すいたため食事をとることに。
この時間帯なら混んでいないから、すぐに注文したのが出てくるだろうと予測。
らーめん共和国に足を運びました(笑)
今回は肉陣営のらーめん潤へ。
らーめん潤は「濃厚コク味噌特製肉そば」お値段1,200円也。
201901232002415ba.jpeg

お店からの一言。
「それぞれ特長のある3種の豚肉を食べ比べてください!」
3種の豚肉とは、醤油で炊いた赤身のスライス、脂身のブロック、肉汁たっぷりの肉ぎょうざ。
いずれも美味しゅうございました\(^o^)/
このらーめん潤は、新潟・燕三条の名店。
燕三条市は「背脂ラーメン発祥の地」と言われているとか。
トシなもんで、背脂がくどいかな?と考えてましたけど予想していたより食べやすく。
きっと大量の玉ねぎみじん切りのお陰かな。
肉陣営はレベル高いです。
これで残り肉1、魚介1の2軒。
ゴールが見えてきましたよ。
次は魚介陣営の白樺山荘にしようかな。

古物営業法改正

すずらんと提携している行政書士さんから昨年12月にお知らせ文書が届きまして。
それを自分なりにまとめてみましたので紹介いたします。

昨年4月に古物営業法が改正され、一部を除いて昨年の10月から施行されています。
改正点は4つ。
①都道府県の許可から全国共通の許可へ。
 従来は、営業所ごとの都道府県に許可をとらなければならなかったのですが、改正後は、主たる営業所のある都道府県からの許可だけで良くなりました(他の都道府県に営業所を出す場合には届け出だけで可)
 ⇒古物商と行政それぞれのコスト削減効果。
②仮店舗での営業が可能に。
 従来は、買い取った古物を受け取れるのは、営業所か顧客の家だけだったのですが、改正後は、事前に届出をしておくことで、仮店舗での受取りが可能なっています。
 ⇒ビジネスチャンスの拡大と顧客の利便性。
③簡易取り消し制度の新設。
 従来は、許可取消しのために 3カ月以上所在不明であること等を公安委員会が立証し、聴聞の手続を経る必要があったのですが、
改正後は、古物商や営業所の所在を確知できないときは、公告+30日経過で許可取消しができるようになりました。
 ⇒名義貸しなど許可を悪用している業者をなくす効果。
④欠格事由の追加。
 従来は、暴力団員や窃盗罪で罰金刑を受けた者でも古物営業許可の制限はなかったのが、改正後は、暴力団員や窃盗罪で罰金刑を受けた者を排除することが欠格事由にされました。
 ⇒犯罪に利用される確率を減らす効果。

既に古物商の許可を受けて営業しているところであっても、①の主たる営業所を定めるため、「主たる営業所等届出書」を主たる営業所を管轄する警察署に提出しなければ、現在所持する許可が失効してしまい、無許可営業となります。
この届出書の提出期限ですが、平成30年10月24日~施行日前日まで。
施行日は30年12月現在では未決定ですが、2020年4月までに施行される予定です。
届出書を提出しなければ、現在所持している許可が失効してしまうという恐ろしい法改正にもかかわらず、施行日がまだ決まっていないとは(笑)
これは営業所が一つしかないところであっても必須。
受付は始まっているようですから、忘れないよう提出したほうがよろしいかと思われます。

日本の城 其の42 高松城

池の水を抜く番組で、萩城と高松城を取り上げていました。
萩城は見ることができましたが、番組に気付くのが遅れ高松城は見られませんでした。残念。
てなわけで、今回取り上げる城は高松城です(強引なのは百も承知・笑)

別名・玉藻城と呼ばれている高松城。
築城者は生駒親正で、1588年築城開始。
生駒氏は豊臣秀吉の家臣で讃岐一国を与えられました。
瀬戸内海沿岸に海城として築かれています。
これは日本初の本格的な海城。
外濠・中濠・内濠の全てに海水が引き込まれて、城内に直接軍船が出入りできるようになっていました。
本丸中央の天守台には三層五階の天守のほか、十七の櫓と諸門を備えていたのですが、明治に入って老朽化のため破却されたそうです。
現在、天守閣復元を目指し、天守台の積み上げが完成しています。
生駒氏は生駒騒動と言われるお家騒動を起こしてしまい、出羽の国矢島一万石に転封。
代わりに下館藩主・松平頼重(徳川光圀の兄)が入封。
西国の外様大名の監査役を命じられたといわれています。
頼重が隠居する際に、隠居所として城の南西に栗林公園を造築しました。

私が訪れたのは1回。
①2004年5月
ゴールデンウイークに四国を訪れた初日の夕方に訪れたので、西日がきつかったのを覚えています。
隣接の栗林公園には2日後に訪れたのですが、こちらは小雨という対照的な天気でしたね。
まだ天守台はありませんでした。
ですから、この天守台を観に再び訪れようと思っています。
天守閣が復元されるのであれば復元後に(笑)

三たび家を失う

NHK朝ドラまんぷく。
モデルは日清食品の創業者安藤百福とその妻仁子。
百福は劇中で立花萬平(長谷川博己)、仁子は立花福子(安藤サクラ)となっています。
波瀾万丈の萬平さん。
戦時中には軍に逮捕、戦後もGHQに逮捕されます。

福子と結婚し福子の実家に住むのですが、疎開先から戻ってくると空襲で家は跡形もなく無くなっていました。
所得税法違反でGHQに逮捕された時には、追徴税を支払うために家と土地を手放します。
その後、池田信用組合の理事長に就任して、安定した生活を送っていたのですが。
組合員の織田島製作所が万能調理器を作るための融資を実行するために、池田銀行(池田信用組合に資金提供している)に萬平さんは自宅を担保提供。
不況下でこんな事をするのは命取り。
案の定、池田銀行から返済を迫られ、担保を差し押さえられてしまう。
これで家を失うのは3度目。

それでも、福子は文句を言わず、貴方は大器晩成だと萬平さんを励まします。
経営者にとっては素晴らしすぎる配偶者ですよ。

さて、いよいよ来週から萬平さんはインスタントラーメン作りを始めます。
試行錯誤を繰り返すこととなるのでしょうけど。
チキンラーメン、カップヌードルと世に出していくのです。

こんな事を書いているせいか、無性にカップヌードルを食べたくなってきました(笑)
よしっ、これからセブンイレブンに買いに行こうか!大好きなシーフードヌードルを。

一片の悔いもない

今月相次いでアスリートが引退を表明しました。
まず大相撲の稀勢の里。
大関時代は勝負所での弱さを発揮。
惜しくも!が続きましたけど、初優勝で横綱に昇進すると、新横綱で連覇達成。
しかし、この場所で怪我をしたのに途中休場しなかったのが響いたか。
その後は15日間出られたのは1場所だけ。
怪我に泣かされました。

次は霊長類最強の女。
吉田沙保里。
リオデジャネイロ五輪で涙の銀メダルに終わりましたが、去就を発表していませんでした。
東京オリンピックを目指すのかと思ってましたけどれどモチベーションが保てなかったようで。
銀メダルでも申し訳ないと泣き崩れていたのが印象に残っています。

ラストはプロ野球。
ホークスの摂津正。
球団からオフにコーチ就任を打診されたものの、現役続行を望んで他球団からのオファーを待っていましたが。
結局、オファーが来ないまま年越しを迎えることになり引退を決意。
ドラフト5位で入団。
セットアッパーで新人王。
3年目に先発転向。
最多勝のタイトルも獲得したり、開幕投手を務めたりと投手陣の中心を担っていましたが。
近年は精密だった制球も悪くなり、衰えが目立ってきてました。

本日のタイトルは稀勢の里の引退会見での言葉。
北斗の拳に登場するラオウを彷彿させるとネット上で騒ついてましたね。
年齢的に北斗の拳をリアルタイムで見ていないだろうに(笑)

御三方。
ご苦労様でした。
ゆっくりと休んでください。
今まで感動をくれてありがとうございました!

パワフル肉盛り×ぜいたく魚介 〜札幌みその

すずらんも繁忙期に突入。
5月まで第1土曜日を除いて土曜も出勤です。
一昨日遅くまでお仕事しました。
そのご褒美ではございませんが、昨日のランチをらーめん共和国の札幌みそので。

みそのは「豪華‼︎伊勢海老味噌ラーメン」でお値段が2,500円!也。
ご褒美メニューでしょ(笑)
20190113145842584.jpeg

見事に伊勢海老が鎮座しています(笑)

お店からの一言。
「器からはみ出した伊勢海老は食べる前にぜひ記念撮影を!」
最早、味の説明ですらないという(笑)
もちろん、食べる前に撮影しましたがね。
伊勢海老の頭にも、しっかりと身が詰まっていまして食べ応えあり。
海老の頭から溶け出た旨味も味のアクセントになっていました。
いつもなら濃すぎると感じるスープも飲みやすく。
油断すると飲み干してしまうので、全力で自重しましたよ。
このお値段と限定10食の縛りで、コンプリートする最大の障壁と思っていた「みその」をクリアしたので、残り3軒(肉2,魚介1)制覇いたします!
次は白樺山荘で魚介チームをクリアしようか。

いだてん〜東京オリムピック噺〜

NHK大河ドラマ。
先週より放送されているのが「いだてん〜東京オリムピック噺〜」です。
時代背景が大河ドラマでは珍しく明治の終わりから昭和という近現代。
しかも、主役となる人物が金栗四三。
恥ずかしながら、金栗四三のことを存じ上げておりませんでした(^^;
普通なら見ないのですが、脚本家が宮藤官九郎なので第1回目から見ています(まだ2回目ですけど)

流石クドカン。
テンポが良いのでストーリーが入ってきます。
ビートたけしの語りは微妙ですけど(^^;
古今亭志ん生の役なんですけど滑舌がね。

それにしても金栗四三少年。
長距離を走るのに苦しくない呼吸法を誰にも教わらずにあみだします。
自分自身で考えるということが、学びの効果を高めるのだろうな。

最初から最後まで見た大河ドラマは、三谷幸喜の「新選組」「真田丸」の2本だけ。
いだてんも最後まで見続けられるくらい面白いドラマになりますように。

軍事の日本史

以前紹介した「戦国武将の精神分析」の著者・本郷和人が朝日新書から出した本。
ストンと腑に落ちる戦いの実態!と帯に書かれていたので手に取りました。
8つの章から成っています。

第1章 戦いとは何か
〜科学的アプローチを可能とする「物差し」
第2章 長期的視野で見る武将の知略
〜「青野原の戦い」と「高天神城の戦い」
第3章 地政学的要因と戦国大名の実力
〜織田信長が恐れた「挟み撃ち」の衝撃
第4章 武に勝るものなし!
〜武官と文官の力関係
第5章 軍勢が激増した室町以降
〜一騎討ち・集団戦・総力戦・追撃戦
第6章 明治維新と太平洋戦争
〜皇国史観の誕生と歴史学
第7章 「大義名分」の破壊力
〜「錦の御旗」から「万世一系」まで
第8章 日本史の面白ポイントで「流れ」をつかめ!

戦国時代を中心に書かれていますが、太平洋戦争の軍部のダメさ加減も指摘しています。
第1章の終わりで、玉砕する軍隊、生き残る軍隊で日米の違いを説明してました。
玉砕しろとの命令を受けて、日本の軍隊は受け入れますが、アメリカの軍隊は上官の理不尽な命令を聞かなくても良いので玉砕しない。
ブラック企業に通ずるものが。

そのほか印象に残ったもの。
目的は何か?という視点で川中島の戦いを第2章で説明。
川中島の4度目の戦い。
上杉は北信濃から武田の勢力を追い出したい。
武田は北信濃を上杉から守りたい。
この目的で始まった戦い。
激戦だった4度目のこの戦さは、きつつき戦法を逆手にとって、午前中上杉が優勢、午後に武田が反撃開始し上杉勢が撤退しました。
この戦さの勝敗判定は、引き分けもしくは、重臣の多くを失った武田の負けと言われています。
しかし、筆者は目的を考えると北信濃を守りきった武田の勝利と判定します。
経営でも一緒でしょうか。
目的に沿った結果が出たのかで判定しなければいけないのでしょう。

織田信長が何故天下統一に近づけてのか。
第8章で述べてますが、ビジョンを明確に示し、家臣にも浸透させていたから。
ビジョンは何かというと天下布武。
これを掲げ、浸透させていてので、例えばA城を攻略する様命令されて、それを成し遂げた時に、近隣のB城も攻略出来そうだった時の対応。
天下布武を目指していることを知っている家臣は、わざわざ信長に攻略許可のお伺いを立てずに実行に移します。
だから、織田軍は迅速に行動できる。
これが他の戦国武将との違いだと。
我々の仕事でも一緒。
指示を待たずに現場の判断で行動して欲しいと願うのなら、末端にまでビジョンを浸透させること。
そして、そのビジョンに基づいて行動した者を認めることが大事ですね。

正月休みに読んだこの1冊でしたが、楽しめてためになったので、皆さんにもお勧めいたします。

全国ぐるっと‼︎人気の味めぐり

今年も大丸でこのイベントが。
吉例なので訪れましたよ。

購入したのは2点。
一つ目。
熊本feal's pieさんのミートパイ。
4種類ありまして選んだのは、あか牛のミートパイとクワトロフォルマッジパイ。
人気NO1とNO2だそうです。
それぞれ半分にカットして、ランチと夕飯にすることにしました。
20190105185323fd0.jpeg

右が熊本のブランド牛のあか牛で、左がクワトロフォルマッジパイです。
クワトロの方は、たっぷりチーズでセコマの赤ワインと相性ピッタリでした!
もちろん、人気NO1のあか牛も美味しかった。
お値段1個380円也。

二つ目。
佐世保ベルビーチの佐世保バーガー。
ランチのメインです。
20190105190310d3c.jpeg

マックとモスに比べるとひとまわり大きい。
函館のラッピと比べても遜色ない大きさです。
中身はパテとベーコン、トマト、玉ねぎ、レタス、目玉焼きが入っています。
質量ともに大満足。
680円也。
この二つだけのランチでしたけど、充分OK

この催しは15日まで。
横浜の焼き小籠包や、大分のから揚げも食べたいので再訪するでしょう。
11日から来る大阪のとびばこパンなるものに興味があります。

201901051911557d0.jpeg

こちらが佐世保バーガーの包みです。
一度お試しあれ!

科捜研の女

仕事始めの今日は一日所内研修。
眠気との闘いでもありまして。
というのも、昨夜科捜研の女2時間SPを見たため、いつもより夜更かししたからでございます。
BONES好きの友人にはクオリティ低いと馬鹿にされますけど。

テレビ朝日開局60周年企画のこのドラマ。
主人公は沢口靖子演じる榊マリコ。科捜研勤務。
相棒は内藤剛志演じる土門刑事。
この放送前に、土門刑事最後の事件やら、沢口靖子から重大発表!など煽ってました。

どんな事件が起きたかというと。
今回の犯人は爆破事件を起こすのですが、その動機は相続未登記不動産の所有者特定業務に多大の時間と税金をかけるのに疑問を持ったからというもの。
登記費用は高いし、固定資産税の負担もしたくないから、相続での所有者は名乗り出てこない。
そのため、不動産登記簿謄本に載っている所有者の戸籍謄本から相続人を割り出し、一人一人の行方を追うという途方も無い作業をするのです。

その不動産に危険性が認められれば、めでたく市町村に接収されるそうです。
それ以外だと、所有者が建物を解体しなければならない(若しくは解体費用の負担)ので。
今や田舎の不動産は負動産化してますからね。

まず土門刑事。
警察庁の司法取引担当部署へ栄転配属予定でしたが、過去の事件の対応を蒸し返されて白紙に戻されました。
そのため、京都府警所属のままなのですが、爆破事件で身を挺してマリコを守ったため重症で入院。
刑事として復帰するには、リハビリが必要になってしまいました。
次のシリーズで戻ってくるでしょうけど。
多分、いつもの最後最後詐欺です(笑)

そして沢口靖子からの重大発表はというと。
科捜研の女は20周年を迎えるそうで、season20は4月より1年間の放送となるというものでした。
ファンには嬉しいニュースだったことでしょう。
若干、ゆずと同じ匂いがしましたが(笑)

さて本日のお仕事の方はというと。
眠気を堪えて無事1日研修を終えました。
今年も年間MVPを獲得いたしましたし、仕事始めとしては良いスタートとなりました!

箱根の連覇途切れる

第95回箱根駅伝。
昨日の往路は東洋大が制覇。
史上3校目の箱根5連覇&史上2校目の三冠達成を狙う青学大は、4・5区がブレーキとなり6位。
想定外だったようで。
今日は1日家に籠るので、箱根駅伝の復路を堪能しました。

王者青学大は意地を見せ、6・7区と区間賞を取りますが東洋大と差が縮まらず。
しかし8区でドラマが。
往路2位の東海大が東洋大を抜いてトップに立ちます!
東洋大は力尽きたのか、10区で青学大に抜かれて3位に転落。
青学大の意地も東海大には届かず。
復路を制覇し、総合でも大会新記録だったのですけれど、上には上がいましたね。
東海大は往路・復路・総合と全て大会新記録で見事初優勝を飾りました!

今回は、往路・東洋大、復路・青学大、総合・東海大と全て違う大学が制覇しました。
実力が伯仲していたということなのでしょう。
我が母校の法政大は6位でフィニッシュ。
3年連続のシード権獲得でした\(^o^)/

年末年始の休みで食べ過ぎたので、体重増加は必然の結果。
少しでも解消したいので、昨日から箱根駅伝を見ながら法政大のランナーに合わせて、室内でランニングしましたよ。
そのお陰か体重が、1月2日73.5kg→3日には72.3kgに減少していましたので、明日の朝の体重計に乗るのが楽しみです(笑)
筋肉痛になっていたりして。
明日は仕事始めなのにな(苦笑)

石田食堂 #52 ひっつみ

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の目標は「意志を貫く」です!
いつも途中で日和ってしますのが私の悪い癖。
なので、自分の意志を貫き通すことを目指します!
そのためには判断を誤らないよう、読書などから知識を身につけますよ。

元旦食べたのは、お雑煮代わりの「ひっつみ」
昨年の岩手旅行のお土産。

材料。
豚肉
えのき
人参
長ネギ
大根
ひっつみ

20181230163550350.jpeg

ひっつみは、きしめんの様な食感でツルツルしていてとても美味しいです!
やってはいけないのに、スープ飲み干しをしてしまいました(^^;;
美味しすぎるのは罪深い。

初詣は明日の予定なので、今日は届いた年賀状を見ながらまったりと過ごすことにしよう。