FC2ブログ

日本史サイエンス

講談社・ブルーバックスから刊行。
著者は播田安弘。
エンジニアで映画アルキメデスの対戦では製図監修を担当した方。
科学で読み直して、今だ解けない謎に迫る というもの。

昨夜は法事が終わると外出せずホテルに篭っていたので、一晩で読破しました。
全3章からなっています。
第1章 蒙古軍はなぜ一夜で撤退したか
第2章 秀吉の大返しはなぜ成功したのか
第3章 戦艦大和は無用の長物だったのか

蒙古軍の大船団に疑問を呈し、上陸も困難を極めていたのだろうと分析。
なので、一気に上陸できず数の多さを生かしきれなかっただろうと。
日本武士団も一騎討ちだけではなく、集団騎馬突撃の戦術を使用していた。
根拠となる数字を示してくれるので、充分納得できます。

秀吉の大返しでは、メッツ値を用いて行軍に必要なカロリーを計算。
その調達にスポットをあてます。 
結論としては、本能寺の変後に知ったのではなく、あらかじめ知っていたのだろうと。
秀吉黒幕説を断言していませんでしたけど。

戦艦大和については、もうホント上層部の戦略の過ちや目的意識の低さなどに言及。
なんせ国家予算の3%も投じた巨大プロジェクトにも関わらず、温存し続け、挙句最も力を発揮できない海戦に参加させる〜華々しく散るために
他の運用の仕方があっただろうと述べています。
ただ、これだけの巨大戦艦を建造できたのは、日本人にとって自信となっただろうと。

20210404153126bd3.jpeg


理科が苦手な私には、始めは読みづらかったのですけど、途中からイッキに読み進めることができましたよ。

ちなみに空港から叔父の家とホテルから空港への移動途中で、2日ともランチだけは外でとりました。
初日は六厘舎でつけ麺。
20210404153433795.jpeg

20210404153457dac.jpeg


帰りの今日は、餃子とタンメンの天で、タンメンセット。
20210404153604b0a.jpeg

野菜1.5倍で健康に気を使っています(笑)
20210404153916299.jpeg


最後は食べ物の話になりましたが、本も面白かったことをもう一度付け加えます。
どうぞご一読を。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示