FC2ブログ

13歳から分かる!プロフェッショナルの条件

「ドラッカー成果を上げるレッスン」と銘打っています。
監修はニッチ先生こと藤屋伸二。
日本図書センターからの出版。
ストーリーと授業形式なので、手軽に読めます。
イラストもあるので分かりやすい。

プロフェッショナルになるための5つの能力が各章に分けられています。
①<貢献>を考える
②<強み>をいかす
③<時間>をコントロールする
④いちばん重要なことに<集中>する
⑤正しく<意思決定>し、実行する

貢献とは2種類あると書かれています。
組織が世の中にどう貢献するかと、個人が組織にどう貢献するか。  
そして、自分が組織に出来ることを考える。
組織が求めているものは、直接的な成果を出す、組織の価値を高める、人材を育てるの3つ。

大きな成果は、弱みをら克服することからは生まれない。強みを見つけいかすことではじめて成果を上げられる。
自分の強みだけではなく、人の強みをいかすことも大切。

時間は替えの利かない資源。
時間をうまく使うには、こま切れの時間を大きなかたまりにすること。
その活動がムダかムダでないかは、それが①成果を生むかどうか②ほかの人に任せられないかどうか③人の時間を浪費していないかどうか で見極める。

限りある時間の中で最大限の効果を出すためには、いちばん重要なことを「いちばん最初に」やらなくてはならない。
やることは、1つだけに絞ること。
勇気を持って判断する。

意思決定は5つのステップで行う。
ステップ1 問題を分類する
ステップ2 必要条件をはっきりさせる
ステップ3 なにをするのが正しいかを決める
ステップ4 決定したことを行動に移す
ステップ5 フィードバック分析をする 

主人公はレストランを任された青年店長で、成果を上げるため5つの能力を理解し、身につけていくストーリー。

イラストありの120頁ほどなので、読みやすく理解しやすいです。
ドラッカーを社内の共通言語にしたいと考えている経営者の方には、若手社員への教科書として丁度いいと思いますよ🎶

202105012007324a6.jpeg


是非ともご一読を!
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示