FC2ブログ

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

1467(人の世虚し)応仁の乱。
今年は、応仁の乱勃発から550年。
記念からなのか、応仁の乱関連の書籍が、書店で平積みされていました。
本日のブログタイトルは呉座勇一著の本のタイトルで、中公新書から発売されています。
帯に書いてあった「英雄なき時代のリアル」という言葉と、ポップにあった「応仁の乱をきちんと理解していますか?」に惹かれて購入いたしました。

応仁の乱といえば、室町幕府の八代将軍足利義政などの後継者争いで、東軍・細川勝元、西軍・山名宗全が大将となり11年間続いた。
知られているのはこんなところでしょうか。

本書で知ったこと。
①発端は畠山家の政長・義就の家督争い。
②足利義視(義政の弟)、義尚(義政の子)の後継争いではない。
将軍家は東軍。当初東軍側で参戦していた義視は、幕府内での自分の居場所がなくなったと感じ、西軍の誘いに乗って、西幕府の将軍に就任。
③応仁の乱6年目に、細川と山名は単独和睦。
もともと細川勝元と山名宗全は姻戚関係。

細川と山名は和睦交渉をした時にまとまりかけるのですが、東軍・赤松、西軍・畠山義就、大内の反対で破談。
自軍の大名を説得するのを放棄して単独和睦。
大将のくせに見事な投げ出しっぷりです(笑)

ビションなきトップの足利義政。
自分勝手な幹部である管領以下守護大名。
彼らが始めた大乱だったので、グダグタな状態で10年以上終わらせることができなかったのでしょうね。
結果、将軍家の権威は失墜。
三管領のうち、畠山・斯波の両家は没落。
全国各地で下剋上が起きることに。

これはどんな組織にも当てはまりますね。
トップとその補佐となるべき幹部がダメだとその組織は崩壊していく。

結論。
全体のことを考えられない人、地位に固執しすぎる人を重要な役職につけてはいけない!
後々癌になってしまうから。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示