文春野球コラムペナントレース2017

プロ野球ペナントレースも終盤戦。
優勝の行方も見えてきましたね。

さて、もう一つのペナントレースがありまして。
これが、文春オンラインで行われている「文春野球コラムペナントレース2017」です。
どんな内容なのか?
検索するとトップ画面に説明があります。

この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。記事がおもしろいと思ったら、文末にある「HITボタン」をタップしてください。あなたの一票でペナントレースの順位が決まります。

色々なジャンルの方がコラムを書いておりまして。
パ・リーグの執筆者を紹介しますと。
北海道日本ハム えのきどいちろう(コラムニスト)
千葉ロッテ 梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ広報部チーフ)
西武 中川充四郎(ライター)
東北楽天 かみじょうたけし(芸人)
オリックス MEGASTOPPER DOMI(ロックミュージシャン)
そして我がホークス 松中みなみ(タレント)
彼女は平成の三冠王・松中信彦の親戚。

で、本日9月13日現在の順位。
1位 千葉ロッテ
2位 北海道日本ハム
3位 東北楽天
4位 オリックス
5位 西武
6位 ホークス
実際のペナントとほぼ逆の順位(T_T)
しかも、ホークスはぶっちぎりの最下位です。
HIT数は、1位の千葉ロッテの22,878に対し、ホークスは2,692。
5位の西武でさえ11,986あるのに。
まあ、松中みなみのコラムを読んでみると納得します。
若い女性タレントにありがちな内容の無さ(笑)
このコラムを読む人の大多数は、野球好きだから可愛らしさなんぞ求めてないしね。
ベタだけど、博多華丸が担当すりゃ良かったのに。

それでも残り11人のコラムは楽しく読んでます。
一番のお気に入りは、オリックス担当の6月24日付「まるでライド系アトラクション バファローズのここまでの戦いぶりを振り返る」です。
好調だった4月から、どん底に落ちた5月をUSJのアトラクションに例えて書いたコラム。
その自虐ネタが面白かった!

この文春野球コラムペナントレース2017は、日本シリーズ終了までが開催期間なので、まだまだ楽しめます。
野球ファンは必見ですぞ!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示