FC2ブログ

NHK受信料訴訟

NHKが受信契約の締結を拒んだ人に、受信料の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は初判断を示しました。

①放送法第64条1項は合憲。
②NHKが未契約者に裁判を起こし、勝訴が確定した時点で受信契約は成立する。
③勝訴確定で契約が成立した場合、テレビ設置以降の受信料支払い義務が生じる。

NHKの受信料は、NHKを見る見ないに関わらず、テレビ設置で支払う義務があると司法の判断が下されました。
しかも、テレビ設置時に遡っての支払い義務です(汗)
未契約世帯は900万世帯もあるとか。
もちろん私は契約してますよ。
もっとも衛星契約したのは今年からですが(笑)
何せ、朝ドラを欠かさず見てますし、災害時はNHKにチャンネル変えますし。

前提がNHKの裁判での勝訴。
訴訟に持ち込む基準は何だろうか。
弱そうな人か?
所得水準の高そうな人か?
費用対効果を考えると、訴訟濫発とはならないでしょうね。
設置時期についても、お客様側の申告に基づくそうです。

改めてNHKのHPを見ましたが。
一般家庭ではテレビ複数台所有していても、受信料は1台分で良い。
契約の際、2台あるのに、1台しか無いと誤魔化したのは無駄な努力だったのか(^◇^;)

でも、いっそのことスクランブルかけて、未契約者は見ることが出来ないようにすれば良いのにね。
デジタル放送なんだから出来るだろう。
その方が不公平感がなくなると思うのだが。

前回の衆院選で惨敗した野党は、放送法改正を公約に掲げると大躍進できるかもよ(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示