FC2ブログ

探偵はBARにいる3

先日のブログで書きましたが、「探偵はBARにいる3」を見て来ました。

東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」が原作の大泉洋主演映画。
今作品はシリーズ3作品目。
ヒロイン役は1作目から順に、小雪、尾野真千子、北川景子。
気の強そうな女優さん達ですね(笑)
公開間もないので、ストーリーについては公式HPに書いてある「あらすじ」の紹介に留めます。

あらすじ。
「恋人の麗子(前田敦子)を探してくれませんか?」高田(松田龍平)の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵(大泉洋)は、麗子の所属する事務所のオーナー・マリ(北川景子)に遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが、調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城(リリー・フランキー)はススキノ裏社会では最悪のサディストと云われる男。マリは北城の情婦だった!
巨額の薬物取引、2つの殺人事件、緊張が走る裏社会ー敵か味方か?マリに翻弄される探偵。やがてマリは探偵に最初で最後の依頼をする。同時に、探偵と高田、別れへのカウントダウンが始まるのだったー。

麗子、モンロー(鈴木砂羽)、ハル(志尊淳)が出ているので、設定は小説1作目「探偵はバーにいる」かと思いましたが、ストーリーは全然違っていました。
麗子のキャラは原作通りで、これが前田あっちゃんの演技なのか否かはわかりません(笑)

探偵と高田の掛け合いは相変わらずでヨシ。
笑いが巻き起こってましたね。
前2作見ていなくても充分楽しめます!
個人的には、喫茶モンデのウェイトレスの台詞が多かったことに驚きました。

札幌ではロングラン間違いないでしょうが、肩凝らず楽しめる映画だと思うので、まだ観ていない方は劇場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

そして、エンドロールまで見ることをお勧めいたします。

「命を燃やすものはあるか?」がキャッチコピー。
私は、これから見つけてみます!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示