仮想通貨と確定申告

2月16日から確定申告の申告受付が開始されます。
還付申告は、既に始まっていますけど。
先日税制改正を中心に、所内研修が行われましたよ。
その研修のラストで仮想通貨について話がありました。
仮想通貨=ビットコイン と考えていたくらい疎かったのですが、今年の申告から対象になると聞いて必死に勉強いたしました(笑)

①仮想通貨購入時点では申告不要。
②仮想通貨を売却又は使用することによって生じた利益について確定申告が必要。
③利益とは
売却の時
売却価額と仮想通貨の取得した価額との差額
仮想通貨で商品購入時
使用時点での商品購入価額と仮想通貨の取得した価額との差額
仮想通貨と仮想通貨の交換時
使用時点での他の仮想通貨の時価(購入価額)と保有していた仮想通貨の取得した価額との差額
④仮想通貨の取得価額は、複数回購入した場合には移動平均法で計算。継続適用を条件に総平均法での計算も可。
⑤所得区分
原則、雑所得。
しかし、他の所得の基因となる行為に付随して生じる場合には、その所得。
また、その収入によって生計を立てていることが客観的に明らかであるなど、その仮想通貨取引が事業として行われていると認められる場合には、事業所得。

この所得区分。
結構大事です。
雑所得なら、損失を出した場合、同じ雑所得としか損益通算できません。
しかし事業所得なら、損失を出した場合に他の所得と損益通算できるからです。

では、生計を立てていることが、客観的に明らかとはどんな場合か?
他の所得がない場合には、客観的に明らかとなるのでしょうね。
その他どんな場合かは、今後事例も出てきてから、国税庁のQ&Aも発表されることでしょう。

仮想通貨取引。
実践するのが一番良いのでしょうが、ここまで価額が高騰したり、流失したりすると手を出すことなど出来ません(ToT)

納税も仮想通貨で受け付けてくれるのだろうか?
そうでなければ、仮想通貨と仮想通貨の交換で利益を得た時の納税資金は、円を用意しないといけないな。
仮想通貨で商品購入した時に利益が出ても一緒か。
購入時に仮想通貨を使っているからな。
仮想通貨取引をしている皆様。
使用時に税金のことも考えなければなりませぬぞ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示