公示地価

2018年公示地価が公表されました。
この公示地価とは、1月1日時点での1平方メートル辺りの土地の価格。
国土交通省の土地鑑定委員会が公示します。
主な場所は、住宅地や商業地で市街地が中心です。
土地売買の値段の目安に利用されます。
いわゆる時価。
公共事業の用地取得費を算定する基準にもなるのですよ。
2018年の調査地点は26,000か所でした。
住宅地の地価が上昇したのですが、これが10年ぶりの上昇なんだとか。
倶知安の住宅地3か所の上昇率が、全国トップ3なのは、外国人マネーのお陰です(笑)
買い漁られているとも言えますけど。

札幌は南区以外の区で上昇しました。
この南区の地価の下げ止まりは、何時になることやら。
先日発表された日ハムの新球場が、北広島市ではなくて真駒内になっていれば、来年から地価が上昇に転じたのかもしれないのに。
残念!
いずれにせよ、賃貸派の私には関係ないか(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示