出国税

日本から出国する人を対象に、2019年1月7日から「出国税」として一人1,000円を徴収することが決まりました。
昨日の参院本会議で可決されたのが、出国税の創設を盛り込んだ国際観光旅客税法。
国税で恒久的な税目が新設されたのは地価税以来だそうで、なんと27年ぶりとのこと。
出国税は、航空券や乗船券に上乗せして徴収。
24時間以内に別の国に向かう乗り継ぎ客、航空機や船舶の乗員、2歳未満の子供には課税しないそうです。
対象者は、訪日外国人旅行者だけではなく日本人も。
税収の使い道は、10日に成立した改正国際観光振興法で3つの分野に限定されました。
①快適に旅行できる環境整備
②多様な魅力の情報発信の強化
③体験型滞在の満足度向上

観光案内板や地図の多言語表示が少ない、無料で使える公衆無線LANの環境 というのが、訪日客の旅行中に困ったこととのこと。
この出国税を使って、困ったことを解消し、訪日客数を2020年までに4,000万人までに引き上げることを目指すらしいです。
2017年の訪日客数が2,869万人ですから、中々の増加数を目標に掲げていますね。

目的の①だけに使うのなら意義ありそうですが、②や③に使うと無意味なものに税金投入されそうな予感がします。

役人に財源を与えるとロクな使い方しませんからね。
人口減の日本なのですから、訪日客相手の商売で経済を拡張しなければ、未来が暗いものになりますから、有意義に使ってもらいたいものです。

国内旅行大好きっ子な私には、この出国税なるものは縁の無いものなんですけどね(笑)
外国人が沢山訪れてくれば、英会話の必要性が増しそう。
英会話を習うのは面倒なので、高精度な翻訳アプリが無料で手に入れられないかな。
うん、虫が良すぎるな(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示