FC2ブログ

半分、青い。

NHKの朝ドラ。
毎朝楽しく観てます。
なんせヒロインの楡野鈴愛(にれのすずめ)とその幼馴染の萩尾律は、共に1971年7月7日生まれ。
私は1972年3月26日生まれなので同級生なのです。
しかも、高校卒業したヒロイン達は上京するのですが、私も高校卒業と同時に上京。
なので、親近感と懐かしさで楽しく観ている訳ですよ。

懐かしく思ったこと。
①鈴愛と律は高校卒業の際に、幼馴染達と「写ルンです」で写真を撮ります。
その時に地元に残る子が、「この写真が出来る時には皆んなこの町にいないんだね」と。
デジカメプリントがその場で出来ちゃう今では考えられないのですが、当時は写真現像に時間がかかっていたんですよね。
②漫画家目指し上京した鈴愛。彼女たちアシスタントのお仕事の一つが、漫画家センセイのお部屋の掃除。
当番だった鈴愛は、その部屋に落ちていたネームを他のゴミと一緒に捨てるのですが、そのゴミ袋が黒色のゴミ袋!
東京都で半透明のゴミ袋を使うことになったのが、その3年後の1993年ですからね。

マハラジャやジュリアナには行きませんでしたが、東京での5年間は楽しかったので、ドラマでどう描かれていくのか楽しみですね。

左耳が聴こえない鈴愛は、世紀の大発明をするらしいのですが、それは何でしょう。
漫画家から、そっちの道にどうやって進んでいくのか。
9月まで朝起きる辛さが軽減されます。
鈴愛の出身地は岐阜の山奥。
ここも朝ドラ効果で賑わっているのだろうか。

律くんの大学の友達。
北海道出身の正人は、訛りを気にするあまり、一小節ずつ話すという方法を取ってました。

北海道人は訛りが無かったと思ったけどな。
方言は沢山あったけど(笑)
それとも自分が気付かないだけで、充分訛っていたのだろうか(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示