無事退院

白内障手術が無事終了し、本日目出度く退院できました。
どんな感じだったかというと。

6月5日
9時15分に受付で入院手続きを済ますと、看護師さんに案内され病室へ。
希望していた個室ではなく4人部屋。
お仕事のTELを受けるのに個室の方がいいと思っていたのですが、致し方なし。
窓際のベッドが3日間過ごす場所となりました。
そこで入院生活の説明などなどを看護師さんより。
手術の時間は、5番目の13時15分。
瞳孔を開く目薬を何回かに分けて点眼。
12時前に昼食を食堂で。
同じ部屋の方と一緒のテーブルで食べるので、そこで初めまして!のご挨拶。
同部屋の方は2人ですが、私より年配で網膜剥離の手術を昨日行ったそうです。
そのついでに白内障の手術もしたとか(笑)
食事を済ませ病室で休んでいると、看護師さんに呼ばれ手術室へ。
廊下でストレッチャーに乗せられます。
手術室内で目の洗浄と麻酔を点眼。これが一番辛かったかもしれない。
いよいよ手術開始。
執刀医は副院長の鷹見Dr.
樋口理事長曰く、大塚眼科で一番上手とのことなので安心、安心。
2・3度眼を押されたような感覚がありましたが、それ以外何をされているかもさっぱり分からず。
いつの間にか終わってました(笑)
執刀時間は10分ほどだったようです。
右眼に眼帯をし、車椅子で病室に帰還。
あまりの短時間の手術だったので、同部屋のお二人も驚いてましたね。
眼帯の上から眼鏡を掛けますが、視えている左眼がレンズとの間に距離ができるので、まあ見づらい(笑)
電話室まで歩くのも覚束ないので、事務所に連絡して本日の電話対応が難しいことを伝え、ゆっくり休みましたm(_ _)m
6月6日
朝の看護師さんの巡回で、眼帯が外されました。
期待していたほど視力が良くなった感じがしない(笑)
それでも。
右眼で見える世界は色が明るい!
物が3重に見えない!
これだけでも手術した甲斐あり。
まあ、手元に近づけて本を読むのが、読みづらくなりましたが。
午前中に一度診察と午後に視力検査を終えて本日の業務(笑)は終了。
6月7日
早朝の看護師さんの巡回で、点眼指導を受け、退院後の注意事項を聞いてから、Dr.の診察。
前日の視力検査の結果を見ながら、予定通りの視力結果だったようで。
近視用眼鏡は必要ですが、度数が薄くなるとのことです!
来週の術後1週間診察で、眼鏡の度数を合わせることになりました。
その処方箋持って、メガネのシオジリさんへ行くことにします。

私の担当しているお客様、それから事務所スタッフには3日間お休みいただき、ご迷惑をお掛け致しました。
お陰様で、無事終了いたしました。
明日より仕事復帰いたしますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示