クレカ騒動

ANAカードの更新期限が来たので、新しいカードが送られて来ました。
ホッとしたわけです。
何故かというと、クレカでちょっとした騒動があったもので。

3月初めのこと。
10日に引き落としになるカード明細とクレジット控えを突合したのですが、一つだけ身に覚えのないものが。
アムステルダムのホテルの宿泊代金。
海外なんぞ、10年前にパスポートの期限が切れているから行くわけない。
不正利用の被害に遭ったか。
そう思い、翌日カード会社へ連絡。
するとネット決済されていたものらしい。
事情を説明すると、この支払いは無しとする。
このカードを使えないようにし、新しいカードを送るとのこと。
新しいカードが届くまで使えないので、水光熱費などカード決済しているものの支払方法変更を迫られた訳です。
ガスと水道は振込払いとしました。
スマホとJ:COMの料金をANAカードとは別のカード払いにしました。

2週間後、新しいカードが届いたので、スマホとJ:COMの支払をこの新カードに変更しようとしましたが、J:COMだけが出来ず。
J:COMは別カード決済のまま。
で、4月。
その別カードより引き落とし通知が来ました。
ちゃんとJ:COMの料金が記載されていたのでヨシ。
引落日が28日。
当然、落ちているものと思いきや、5月に通帳記帳しても落ちた形跡がありません。
すると5月10日に振込用紙が届きました。
何でも、引き落としが出来なかったので振込してほしいと。
口座の残高は充分だったので、翌日カード会社に連絡して事情を聞きました。

オペレーター
「お客様が作られたこのカードは、一度も利用されていなかったので、登録口座を抹消しました。そのため、引き落とし手続きが出来なかったのです」

「理由はわかったので、今日振り込みます。ブラックリストにさえ載らなければいいので(笑)」
オペレーター
「申し訳ございません。弊社の期限日は10日です。10日まで支払われていないので、記録されてしまいます」

「引き落としされるという通知が来ていたのに、それが出来なかった。そして振込用紙が送られたのが期限日。期限内に振込むのは無理に決まっているよね?こっちに落度がないのだから何とかしてほしい(汗)」
オペレーターの方に権限なんてない訳ですから、責任者に聞いて貰って返答をもらいました。
今回、私が期限日までに支払うのは無理があったので記録から消してくれることに。一件落着!

それでもANAカードの更新が無事されるまで不安ではありました。

今回の教訓。
カードを作ったら、一度は使用しないと登録口座の抹消がされ、いざ使うときに引き落としが出来なくなる。
カード引き落とし明細書とクレジットカード控えの突合は大事。
身に覚えの無いものを支払うことになることもあるし、以後不正利用され続けることになるから。

ネットで買い物するのにクレジットカードは便利ですけど、このようなリスクもあると肝に命じた次第であります。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示