FC2ブログ

銀魂2 掟は破るためにこそある

参加している研修の報告書を提出して、肩の荷が下りたので映画館へ。
観た映画は「銀魂2」です。
少年ジャンプに連載中の漫画が原作。

主演は小栗旬。
監督は福田雄一。勇者ヨシヒコの監督さん。
ネタ祭りに期待して見に行きました。

冒頭から、日本アカデミー賞をディスってました。
理由は、前作が2017年邦画実写ナンバーワンヒットにも関わらず、かすりもしなかったから!

今作品は、前半部分を原作で最も笑えるという評判の「将軍接待篇」、後半部分を原作で最も泣けるエピソードの評判の「真選組動乱篇」を中心に融合させたストーリー。

公開間もないし、コメディ映画なのでネタバレしたくないので、ストーリーには触れません。
期待通り小ネタ満載。
その度に、劇場内は笑いが起こります。
エヴァでたり、ドラゴンボールでたり、カンダムでたり。
前作に続き、ジブリのオマージュも出ますよ。
一体何かは本編みて確認してください(笑)
相棒の元?鑑識の方も、前作に続いて登場します。
こちらもどんな役で登場するかは、本編で確認してくださいね。

個人的にキャスティングではまったなと思うのは、近藤勲(中村勘九郎)とお登勢(キムラ緑子)でしたよ。
原作通りの外見なので(笑)
その他に、キャバ嬢に扮した銀さん(小栗旬)が、筋肉ムキムキなのには思わず笑っちゃいました。

福田組のムロツヨシと佐藤二朗は欠かせない存在だと思わされましたよ。
エンドロールでも、パクリパロディが登場します。
副題の「掟は破るためにこそある」は、真選組の局中法度のことを指すのですけど、実はこの映画自体なのかと思っちゃいました(笑)
DVD発売を待ってから見るのもアリですが、劇場で観客みんなで笑うことも楽しいと思いますので、是非足を運ぶことをお勧めいたします。
原作知らなくても楽しめますよ!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示