FC2ブログ

戦国武将の精神分析

宝島新書で、脳科学者の中野信子さんと東大教授の本郷和人の対談形式。
4つのテーマで総勢15人の武将の行動心理を分析してます。

第1章 家族殺しという病
①斎藤義龍
②伊達政宗
③徳川家康
④淀君
第2章 サイコパスの疑いあり
①武田信玄
②織田信長
③松永久秀
④豊臣秀次
第3章 女性の選び方と異常性愛
①徳川家康2
②細川忠興
③島津忠恒
④大友宗麟
第4章 名将に欠乏したもの
①上杉謙信
②豊臣秀吉
③毛利元就
④石田三成

各武将にサブタイトルがついています。
一例を紹介しますと。
伊達政宗 「潜在的自己評価」の低いパフォーマー
織田信長 完全無欠のサイコパス
豊臣秀次 中二病をこじらせたパラノイア
豊臣秀吉 「問題設定能力」に欠けた天才
石田三成 空気が読めなかった秀才

中々興味深いですよね〜
どんな風に論じられているかは、本書でご確認ください(笑)
少し紹介しますと。
織田信長がサイコパスか否かは、美的センスの有無によるそうです。
安土城の天守閣をアートディレクションしたかどうかがキーだとか。
上杉謙信の関東遠征は、セレモニーすぎるので、まるでダチョウ倶楽部の世界「どうぞどうぞ」
個人的には戦国DQN四天王の伊達政宗、細川忠興、島津忠恒の3人が論じられていたので、残りの一人森長可ま論じて欲しかった(笑)

歴史好き、特に戦国時代好きの方は楽しめること間違いありません。
是非是非、お買い求めください!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示