FC2ブログ

日本の城 其の40 萩城

NHK大河ドラマ「西郷どん」も終盤に入ってきました。
昨日の放送では、「江戸城無血開城」でしたね。
明治維新は、薩長が主体となって成し遂げられています。
今回紹介するのは長州藩藩主毛利家の居城・萩城です。

別名指月城。
毛利輝元により1604年に築城開始し1608年に完成。
指月山の山麓にある平城(本丸・二の丸・三の丸)と標高143mの山頂にある山城(詰丸)で構成されています。
藩庁の機能としては、1863年山口城に移す(幕府に無許可)まででした。
三角州に築城されているので、三方を海で囲まれた城。
防御には「形勝之地」と毛利敬親が評していました。
萩城の五層の天守は明治維新まで残りましたが、1874年に払い下げられて競売の結果、解体されてしまいました。
そのため、城址・石塁・堀・長屋などが現存するにとどまっています。
天守閣があれば、昨今の幕末ブームで、もっと観光客が訪れたのではないかと思われますが。

私が訪問したのは1回。
①1994年12月
大学4年の時、寝台列車の旅で「萩・津和野」旅行で訪れました。
松下村塾跡や反射炉の方が印象に残っています。
それもこれも、天守閣がないからです(笑)

再訪したい思いはあるのですが、何せ交通の便が悪いので、躊躇いたしますね。
よく行く福岡からのアクセスが便利になれば、喜んで再訪するのですけど。
気長に待つことにします!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示