FC2ブログ

日本の城 其の41 佐賀城

大河ドラマ「西郷どん」も大詰めに。
士族の反乱が起こっているのが先週の放送。
特に取り上げられたのが江藤新平の起こした佐賀の乱。
三権分立を進めようとしていた江藤新平が、乱後捕らえられ、充分は弁明の機会も与えられず、死刑に処せられたのは酷い仕打ちといえます。
前置きはこれくらいにして、今回取り上げるお城は佐賀城。

佐賀城は1602年に鍋島直茂が築城。
場内が見えないように、土塁にはマツやクスノキが植えられており、城が樹木の中に沈み込んで見えることや、幾重に巡らせられた外堀を攻撃にあった際に主要部以外を水没させて敵の侵攻を防衛する仕組みになっていたことから、別名を「沈み城」と呼ばれていました。
幾度となく城は火災に見舞われます。
1726年の大火で天守が焼失すると、天守は再建されず藩政は二の丸で行われました。
そして前述の佐賀の乱で、建物の大半を焼失。
鯱の門(現存する唯一の遺構)と続櫓は、佐賀県の重要文化財に指定されたのち、1957年に国の重要文化財に指定されています。
現在は、天保年間完成の本丸御殿を復元した佐賀城本丸歴史館が完成され、そこに鍋島直正の居室であった「御座の間」が移築されています。
この御座の間は天保期の建物。

私が訪れたのは1回。
①2009年4月
ホークスの開幕戦観戦の勝利で、気分良く佐賀遠征したときに訪れました。
団体客が到着するまでの間ならということで、無料ガイドさんに案内してもらいながら佐賀城本丸歴史館を巡りましたね。
本当は、たくさんのお宝があったそうなのですが、藩主・鍋島公が東京へ引っ越した際に、殆ど持って行かれたそうで。
かなりの恨み節を聞かされました(笑)

ホークスファンである限り、福岡を訪れる機会は多いので、また福岡を拠点として遠征しようと思います。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示