FC2ブログ

消費税経過措置

2019年10月に消費税が10%に引き上げられる予定です。
景気悪化を理由に再々延期もあるかもしれませんが、予定通り引き上げられるのが濃厚です。
ただ、税率が10%に引き上げられても、現行の8%税率が適用される取引があります。
この取引を「経過措置」と呼びます。
それらを纏めてみました。

①注文住宅の建築や住宅のリフォームなどの工事請負契約となるもの。
 →2019年3月31日までに契約。
この契約であれば、引き渡しが2019年10月1日以降の引き渡しであっても、8%の消費税となります。
*マンションや建売住宅の購入は、売買契約なので、2019年3月31日までに契約をしていても、引き渡し日が10月1日以降であれば、10%の税率適用となります。
ややこしいのですが、このようなマンションや建売住宅でも、内装や外装の模様替え等の工事をした上で引き渡される場合は、工事請負契約と同じとなります。

②結婚式やパック旅行。
 →2019年3月31日までに契約。
この契約であれば、挙式や旅行が10月1日以降であっても8%の税率適用となります。

③雑誌の年間定期購読
 →2019年3月31日まで契約し、9月30日までに代金を支払えば、受取が10月以降でも8%の税率適用です。

④電車の定期券や飛行機のチケット。
 →2019年9月30日までに定期券等の購入。
この場合、10月1日以降の乗車であっても8%の税率適用となります(前売り指定席券や回数券などにも適用され、追加料金を取られない)
ただし、チケットを事前購入していても10月1日以降に座席をアップグレードする場合には、追加料金に消費税10%が課税されます。

⑤映画・スポーツの前売り券、遊園地の入場料金。
 →遊園地の年間パスを2019年9月30日までに購入すれば、10月以降の利用でも8%の税率適用されます。

⑥電気、ガス、水道、電話料金。
 →10月31日までの検針分は8%の税率適用。
*インターネット回線で月々の使用量に関係なく定額料金の場合、サービスの提供が完了された時点で課税されるため、10月中の利 用分は10%の消費税課税されます。

色々とありますね。
⑥はこちらの意図と関係ないですが、③~⑤は経過措置を視野に入れたいです。
①だけは、急がなくても良い場合があります。
きっと、増税後の買い控えを避けるための対策(給付金や減税)が出てきそうですし、大きい買い物なので、借入の金利も視野に入れて考えなければいけないでしょう。

それにしても、本当に軽減税率を実施するのだろうか?
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示