FC2ブログ

親孝行したいときには親は無し

私は旭川市出身。
今でも両親は旭川に住んでいます。
病院通いはしているものの、二人とも元気でやっているようです。
喧嘩しながらも、二人で旅行に出かけているから大丈夫だと言い聞かせています(笑)

車を持っていない私でも1時間30分もあれば旭川にたどり着けるのですが、特別なことがない限り年2回しか帰省しませんね。

年2回というのはお盆と春。
年末年始はJRが混んでいるのと、大雪でJRが運休になることがあるため。
私の都合というよりJRのせいです(笑)

それで昨日から1泊2日で帰省してきました。
まあ、顔を見て話しして気づきましたが、二人とも衰えてましたね。
父は11月で80歳になりますし、母も71歳ですから当然といえば当然。
まあそれでも、深刻な病気を抱えていないようなので一安心。
食も細くなったようだけど、三食とっているので大丈夫だろう。
人間食べられなくなると途端に弱ってきますから。

帰省は親孝行のためと思っているので、冗長になりがちな老親の話しも辛抱強く聞いて(笑)二日間過ごしましたよ。

80歳の爺さんには年金の書類は分かり辛いようで。扶養の届けがハガキから書類に変更となって、配偶者を扶養扱いにし忘れたらしく、年金から所得税が引かれてしまったとか。
確定申告で還付されるので、事なきを得たようですけど。
それにしても、年金なんて受給するのは年寄りと決まっているのですから、彼らに分かりやすいものにしないといけない。
誰のための公共サービスなのか。
ここが、官と民の、違いなのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示