FC2ブログ

KINGDOM

今年初めて劇場で観る映画。
忙しい日々が続いていたため、休みの日に休養優先としていたためです。
観たのはKINGDOM。
今年は邦画からスタート。
何故なら、ジャンプの試写会に当たったから。
やはりジャンプはお得(笑)

貰ったパンフに書いてあったストーリーを紹介しますと。
紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年の信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高島政宏)によって召し上がられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる…。
王宮では王弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負いながらも、信のいる納屋にたどり着く。「今すぐそこに行け」血まみれの手で握りしめていた地図を信に託し、漂は息絶える。信は漂が携えていた剣とその地図とともに走り出した。
地図が示す小屋にたどり着いた信の目に飛び込んできたのは、静かにたたずむ漂の姿だった⁉︎死んだはずの漂がなぜ---

その正体は大王・嬴政(エイセイ)で、彼に瓜二つの姿だった漂は身代わりとして召し上げられたのでした。

感想。
山の民の王役の長澤まさみは格好良かった。
そして山の民は不死身!
信は脳みそ筋肉系(笑)

大王・嬴政は、力尽きそうになった部下を言葉で奮い立たせました!
これぞ王の器。
経営者の皆さんは、社員さんを言葉で奮い立たせることができてますか?
札束や、権力振りかざしてはダメですよ(笑)

このKINGDOMは、ヤングジャンプで連載中の漫画が原作。
まだ連載中なので、今日の映画も序章といったところでしょうか。
嬴政は中華統一を目指します。
なので、興行成績が良ければ続編もあることでしょう(笑)

繁忙期も来月まで。
それさえ過ぎれば、映画を沢山観ることができるでしょう。
これが試写会の当選ハガキ。
20190411220846d47.jpeg


4月19日より全国ロードショー。
興味が湧いた方は是非とも劇場に足を運んでみてください。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示