FC2ブログ

転職

私の事ではありません。
NHK朝ドラ・なつぞらのお話。
朝ドラ100作目の今作は今までの作品のヒロインが数多く出演している作品。

主人公・奥原なつ(広瀬すず)は、長年勤めた東洋動画を退職して、先輩アニメーター・麻子(貫地谷しほり)が経営するマコプロダクションへ入社しないかと誘われています。
ここには、なつの夫も勤めています。
このマコプロダクションでは、なつの東洋動画での先輩が数多く働いています。
なつは東洋動画への入社を後押ししてくれた先輩・仲さん(井浦新)へ恩義を感じていて決断出来ずにいたのでした。
遅い夏休みをとって娘と北海道に帰省したときに、マコプロダクションで「大草原の小さな家」を原作にしたアニメを製作したいと強く思ったのです。
東洋動画を退職を決断したなつは、一番に仲さんに伝えます。
「長い間良くしてもらったのに、裏切ることになって申し訳ない」と。
それに対して仲さんは、「なっちゃんのその選択は裏切りではないよ。アニメーターは会社に縛られるべきではない」と答えます。
なつは仲さんの弟子で、今後もその想いは変わらないと伝えます。
仲さんは、最初から最後までなつの良き理解者でしたね。
なつにチャンスを与え、仕事で悩んだ時には相談に乗り、自分とウマの合わない後輩(なつの夫)に対しても、きちんと実力を認め陰でフォローする。
私もこんな上司の下で働きたい(笑)
その前に、私もこんな上司になれるように精進しなければいけないんですけどね(^^;;

残り3週間。
最後まで楽しんで観ることにいたします。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示