FC2ブログ

北の大地で、沖縄泡盛を‼︎

毎月1日は事務所缶詰で研修&会議。
にも関わらず、朝活に参加。
テーマは、「北の大地で、沖縄泡盛を‼︎」
朝に似つかわしくないテーマ(笑)
朝なので試飲もありません(T-T)

講師は、泡盛とワイン 月桃 の相川紗登士さん。

琉球あわもりの定義。
100%黒麹菌使用、主にタイ米を原料とし、全麹仕込みで、単式蒸留機で常圧蒸留。

黒麹菌を使うのは、他の麹菌に比べて雑菌による腐敗を抑える特徴がある。
泡盛は日本最古の蒸留酒。
焼酎の元祖だが、焼酎と違い熟成する。
所謂寝る子は育つ!です。
ペリー提督も飲んだ古酒。
泡盛は、低カロリー、糖質0、プリン体0という痛風持ちには優しいお酒(笑)
そしてポリフエノールは赤ワインの1.5倍。
黒麹菌が泡盛になる際、自然とポリフエノールが生成されるとのこと。
泡盛には血液をサラサラにする効果が期待できる。
凝固した血液を溶かす因子(繊維素溶解酵素)、プラスミンの量が増える。
適量を飲むと血液サラサラとなり、血栓症を防ぐことができると示唆されているらしい。
適量守るのが一番難しいという(笑)
泡盛はクセが少なく、どんな料理にも合う最高の食中酒。
食べすぎに注意しないといけないのか。これまた難しいな(笑)

講師の相川さんは、テレビ番組のレポーター経験もある方なので、説明がわかりやすく楽しい講座でございました。

今日は一日長いな〜
ミッションは、研修中に寝ない!だ(笑)
20191001073916ba1.jpeg
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示