FC2ブログ

時間管理で「こち亀」完走

読売新聞の記事で。
こち亀の作者秋本治の記事が。
彼は毎日午前9時から午後7時まで決まった時間に仕事をしたので、40年の週刊連載を一度も休載しないで済んだとか。
ポイントは時間管理の徹底だそうです。
2年目から実施した時間管理。
一つ一つの作業を振り返り、無駄を省いて、少しずつ仕事のスピードを速めた。
また、座ったら鉛筆を握って仕事に集中。
余裕が生まれると必要なところに時間をかけることができる。
作品を充実させるための取材や、読み切りの新作にも取り組めると。

どの仕事にも当てはまりそうですね。
我々の仕事なんかもそうで、自分が行なっている業務を一つ一つ内容点検して、時間をかけるべきものと効率重視すべきものを仕分けし、時間という資源を有効に活用することで質の良い仕事が出来るのだと思います。
なぜ忙しいのかが可視化されるでしょうし。

仕事の遅い人(とっても丁寧でミスない人は別かもしれませんが)は、この意識がなくいつまでも改善出来ず、にも関わらず仕事が多いと不満をたれるんだろうな。

知識産業でもあるので、時間を作って積極的に知識を得るためのお勉強が必要なのですから。

「秋本治の仕事術」なる本も出版されているとの情報を得たので購入してみます。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示