FC2ブログ

50代からの人生戦略

50歳まであと2年。
40歳になった時に中年の仲間入りかと激しく落胆したのですが、50歳なんて信長の時代なら死んでいる歳(笑)
そんな時に紀伊國屋書店でこの本を発見。
著者は佐藤優で、青春新書インテリジェンスからの出版。

副題が「いまある武器をどう生かすか」とあり、さしたる武器を持ち合わせていないのですけど、自分で気づいていないだけなのかもしれないので、武器を知るために手に取った次第。

全6章から成っています。
第1章 50代からの「残り時間」
第2章 50代からの「働き方」
第3章 50代からの「職場の人間関係」
第4章 50代からの「お金」
第5章 50代からの「家族関係」
第6章 50代からの「自分磨き」

時間管理は大局的に見る必要があり、まずプライベートの時間を確保することで、自ずと仕事をする時間が決まり、仕事を終わらせるため効率を考える、隙間時間をうまく使うことにつながるのだそう。
仕事の優先順位をしっかり決められる、経験豊富な50代のなせる技らしい。
行き当たりばったりに過ごしてきていたら、経験値が低いので無理なんでしょうね(笑)

第3章で「50代は存在自体がパワハラ⁈」とのタイトルが(笑)
50代にもなると存在しているだけで部下にプレッシャーを与えるそうで。
貫禄を求めてはいけないそうです(笑)
今いるすずらんの50代はどうかな?

第2章の仕事への向き合い方を判断する4タイプなるものがあり、それによると私は典型的40代の「ワーカーホリック」らしい(笑)
このタイプが何かの拍子で「燃え尽きタイプ」に変わるそうです。

そして人間関係は選択と集中する時期で、退職後の生活を考えると仕事以外の人間関係が大事。
だからといって新たな人間関係を構築するのは難しくて面倒なので、大切なのは同窓会だそうだ。
かつて一緒に学んだ人たちとの付き合いを復活させるのは比較的容易だから。
期せずして昨年から中学時代の同級生と飲み会してます。

50代の教養磨きは高校の教科書が最適だそうです。
また山川出版社のお世話になるか(笑)

当初目的としていた自分の今持っている武器を気づかせてもらえることは叶いませんでしたが、それなりに楽しめた1冊でした。

202002031849283d7.jpeg
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示