FC2ブログ

決戦!桶狭間

NHK大河ドラマの麒麟がくる。
新型コロナの影響で今日で一時放映中断。
中断前ラストは桶狭間の戦い。
桶狭間の戦いは日本三大奇襲の一つ。
織田信長軍は、嵐に乗じて今川義元の大軍(25,000〜45,000)を攻め、大将・義元を討ち果たすーー。
これが一般的かと思いますが、本作では義元本隊の兵力と自軍の兵力を計算。
勝負になるところまで減らさせてから、本隊を急襲して義元の首をとりました。
奇襲というよりは、計算ずくでの真っ向勝負だった訳ですね。 
近年の史料から、この説が有力と言われています。

それにしても。
信長の分析と決断は素晴らしいものがあります。
寡勢の自軍がどう大軍の相手に挑むか。
勝負を自分の土俵に持ち込みました。
相手の最大の利点「数」を分散させることで、打ち消して自分の不利を無くす。
博打ではない、成功の可能性を見出すと迷わず決断実行に移す。
中小企業が行う戦略の参考になりますね。
意思決定が早くできるのが、中小企業の最大の利点なのですから。

中断前ラストで主人公の明智光秀は全く活躍しませんでした。
信長が美濃を制してから、表舞台に登場するので、再開後も暫くは信長中心となるのかな。

大河以外のドラマも中断が続いています。
早く、収束して再開できますように。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示